199件中 111 - 120件表示
  • 加藤博一

    加藤博一から見た赤星憲広赤星憲広

    1979年からは「つちのこバット」を使用するようになり、阪神と因縁のある江川卓に強い男として売り出した。プロ入り後の初本塁打も甲子園初登板の江川から打ったものであり、1980年も含めて江川から3本の本塁打を放っている。この年より監督に就任したブレイザー監督にそのガッツを買われた。1980年には一気にレギュラーに定着。打率.314で打率ベストテンの5位に入ると共に、高橋慶彦(広島)と盗塁王争いを演じ、阪神から1956年(吉田義男)以来の盗塁王誕生かと思われたが、高橋の38盗塁に及ばず34盗塁でタイトルを逃した(阪神の盗塁王はその後世紀を超えて赤星憲広が出現するまで誕生しなかった。また、当時の甲子園の土は盗塁に不利と言われていた)。1981年オフのファン感謝デーでは福間納や似鳥功(打撃投手)と共にイモ欽トリオの形態模写を披露し、阪神ファンの人気を不動のものとする。加藤博一 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原満

    藤原満から見た赤星憲広赤星憲広

    大学時代は三番打者で典型的な中長距離打者であったが、当時の野村克也選手兼任監督は、タイ・カッブが使用していた重量がありグリップの太い「つちのこバット」(すりこぎバット)をオーダーするよう高畠康真打撃コーチに指示し、高畠コーチの指導の下、ボールをぶつけてゴロやライナーを打ち、足を生かす打者へ転向。なお、この「つちのこバット」は藤原が先駆けとなり、福本豊・若松勉・松本匡史・高橋慶彦・大石大二郎ら俊足選手が使用するようになった。その後も野村が監督を務めたチームでは同様に俊足打者に対して野村自ら指令を出し、ヤクルトスワローズの飯田哲也、阪神タイガースの赤星憲広・田中秀太、東北楽天ゴールデンイーグルスの鉄平・森谷昭仁が使用した。藤原満 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田彰布

    岡田彰布から見た赤星憲広赤星憲広

    9月7日ナゴヤドーム、中日との2ゲーム差での首位決戦において、9回裏本塁セーフの判定に激昂し、選手全員を一時引き揚げさせ抗議。その後試合は再開するも、赤星憲広の落球で一打サヨナラ負けのピンチになる。ここで監督就任後初めてマウンドへ向かい、クローザー・久保田智之にかけた言葉は「もう打たれろ!打たれてもお前は悪ないからな。オレが責任持つからもうムチャクチャほったれ(投げたれ)!」というものだった。久保田は後続を連続三振で抑え、11回表の中村豊の本塁打が決勝点となり死闘を制した。岡田彰布 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本プロ野球

    2003年の日本プロ野球から見た赤星憲広赤星憲広

    9月3日 - 阪神の赤星憲広が広島市民球場での対広島21回戦の三回表に二盗を決めて、球団記録を更新するシーズン52盗塁。2003年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 黒木知宏

    黒木知宏から見た赤星憲広赤星憲広

    土曜日に赤星憲広と隔週交代で出演。2012年3月24日の放送では、声帯ポリープの手術を受けた上田晋也(くりぃむしちゅー)の代理で、初めてMCを兼務した。黒木知宏 フレッシュアイペディアより)

  • 松永浩美

    松永浩美から見た赤星憲広赤星憲広

    前年まで二桁盗塁をコンスタントにキープしていた松永は、当時阪神の正遊撃手だった久慈照嘉と相談して「もっと一塁ベースからのランニングエリアを硬くしてほしい」とグラウンドキーパーに要望を出したら「要望で軟らかくしている」と言われたので、誰の要望なのか聞き返したところ平田勝男の要望で軟らかくしたと言われ、「試合に出ない人の要望を聞いてどうするの。柔らかすぎて滑るんだよ」と言ったら、その柔らかさについてグラウンドキーパーが「幼稚園の砂場くらいか?」と質問し、松永は「いや、そんなには…」と答えた(その後甲子園は、赤星憲広の入団によって硬めの仕様となっている)。この一連のやりとりが松永のFA宣言当時、一部マスコミによって「松永が『甲子園の土は幼稚園の砂場』と発言した」と歪曲報道され、火に油を注ぐことになってしまった。松永浩美 フレッシュアイペディアより)

  • 金森栄治

    金森栄治から見た赤星憲広赤星憲広

    指導は基本的にボールを手元まで引き付けて、脇を締めて腰回転を使って打つというものであり、それを赤星憲広や藤本敦士のような非力な打者にまで当てはめているとして藤田平は批判する。伊勢孝夫は「このスイングはアベレージヒッターには適しているが、長距離タイプには向かないように思う」と評している。和田一浩は「今でも北陸遠征に行った時は、食事を一緒にします。弟子はどこまでいっても弟子ですので」と語る。金森栄治 フレッシュアイペディアより)

  • 上新電機

    上新電機から見た赤星憲広赤星憲広

    2003年より阪神タイガースのスポンサーとなり、阪神主催試合での各選手の被るヘルメットに「Joshin」のロゴが入るようになった。翌年からは同じく阪神主催試合での各選手のユニフォームの右袖にも入れられるようになり、関西以外で展開している地域での上新電機の知名度が格段に向上した。なお、ヘルメットのロゴシールと袖のロゴワッペンは店舗で購入することが出来る。今岡誠、赤星憲広、矢野燿大各選手(2008年はこの3名に加え、藤川球児が参加。2009年は、藤川が続投し、今岡・矢野に代わって新井貴浩、鳥谷敬の3選手となった)が同社のCMに出演している他、店舗内で「阪神タイガースの歌」が流れていることや、従業員が阪神のユニフォームを模した縦じまのはっぴを着用していること、各種阪神タイガースデザインの商品(ノートパソコンなど)やグッズの販売を行っていること、一部購入者特典として、グッズや阪神戦チケットのプレゼントを行っていることなども、その象徴である。なお、2003年および2005年に同球団がリーグ優勝した際には優勝セールを全店舗で開催している。阪神主催試合では社長が始球式を行うことがある。上新電機 フレッシュアイペディアより)

  • 伊志嶺翔大

    伊志嶺翔大から見た赤星憲広赤星憲広

    ''、開幕一軍入りし、4月14日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦にて初出場。8回には初打席に立ち、プロ初安打となる三塁打を放つ鮮烈なデビューを果たす。5月頃には左翼手または右翼手としてスタメンに定着するようになり、6月・7月には月間打率が3割を超えるなど好調な打撃を披露した。8月半ばに扁桃炎によって一時離脱して以降調子を落としたが、最終的にはその年の新人としては唯一、規定打席に到達した。また、新人としてはの赤星憲広(阪神タイガース)以来10年ぶり、パ・リーグおよび球団の新人としてはの小坂誠以来14年ぶりとなる30盗塁も達成した。伊志嶺翔大 フレッシュアイペディアより)

  • Monday! SPORTS - JAM

    Monday! SPORTS - JAMから見た赤星憲広赤星憲広

    2013年10月14日の当番組では、桧山進次郎(タイガース外野手・2014年シーズンから朝日放送野球解説者)が前日のクライマックス・セファーストステージ第2戦・対広島東洋カープ戦(甲子園球場)で現役最後の打席を代打2ランで締めくくったことを受けて、小縣裕介(朝日放送アナウンサー)の進行で桧山の引退記念企画「タテジマ一筋22年 お疲れ様&ありがとう桧山進次郎選手」を19時台に急遽放送。当日出演のレギュラー陣(前川・福原・山下)に加えて、桧山と元・チームメートの矢野燿大(放送時点では朝日放送野球解説者)をスペシャルゲストに迎えたうえで、タイガースでの22年にわたる桧山の軌跡をスタジオトーク、実況・記者会見の音源、ABCラジオの野球解説者でもある元・チームメートの赤星憲広からのメッセージなどで振り返った。このため、レギュラーコーナーのうち、「スポーツまるかじり」を休止。「これぞ!Bs魂」については、本編を休止したうえで、同月から付いたばかりのコーナースポンサーが同企画を提供するという措置を取った。ちなみに、当日は中央競馬の秋競馬期間中でもあったため、20時台の後半には小牧太をゲストに迎えて「ジョッキー・ルーム」を放送している。Monday! SPORTS - JAM フレッシュアイペディアより)

199件中 111 - 120件表示

「赤星憲広」のニューストピックワード