199件中 11 - 20件表示
  • 交野市

    交野市から見た赤星憲広赤星憲広

    2012年 第1回Ring of red 交野市チャリティーマラソン2012の開催。実行委員長は元阪神タイガースの赤星憲広交野市 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のラジオ (日本)

    2011年のラジオ (日本)から見た赤星憲広赤星憲広

    5月19日 - ABCフレッシュアップベースボール 赤星と次郎のオーライオーライ(ABCラジオ、17:55。出演:赤星憲広、清水次郎)2011年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 阪神甲子園球場

    阪神甲子園球場から見た赤星憲広赤星憲広

    アルプススタンドと外野スタンドの“隙間”は風の抜け道となっており、浜風が舞っている日でも右翼ポール際への打球はよく伸びる。赤星憲広(左打者)が2005年に放った唯一の本塁打(現役中に放った3本のうち、これが最後のものとなった)は、その右翼ポール際に放ったもの。阪神甲子園球場 フレッシュアイペディアより)

  • サッポロビール

    サッポロビールから見た赤星憲広赤星憲広

    日本のビールメーカーでは数少ない「熱処理」によるピルスナー系ラガービール(したがっていわゆる「生ビール」ではない)。赤色の星がシンボル。赤色の星の由来は開拓使旗(北辰旗)である。中瓶、大瓶のみが存在し飲食店中心の販売(実質的には業務用扱い)であるが、販売店によっては個人向けに販売をすることもある。2008年9月、約30年ぶりに缶入り(350mlと500ml)が期間限定で復活販売され、好評につきその後しばしば缶入り製品の限定生産販売が行われている。業売店・飲食店・愛飲家からの通称は、そのラベルにちなみ「赤星」。近年では公式サイトにおいても、その通称を認めており、「赤星」繋がりで関西地区でのイメージキャラクターに赤星憲広(元阪神タイガース選手・野球評論家)を起用している。サッポロビール フレッシュアイペディアより)

  • スーパーベースボール (テレビ朝日系列)

    スーパーベースボール (テレビ朝日系列)から見た赤星憲広赤星憲広

    『プロ野球完全燃焼主義』と題して野球漫画『アストロ球団』(作・遠崎史朗、中島徳博)のアニメーションがオープニング映像に使われた(テレビドラマ版『アストロ球団』用のもの)。またテレビ朝日制作の中継では、ライブ映像とリプレイ映像の切り替えの際にも使われた。アニメーションでは一部の球団を除く(この年に大阪近鉄バファローズとオリックス・ブルーウェーブが球団統合によりオリックス・バファローズとなり、新たに東北楽天ゴールデンイーグルスが誕生したことが関係していると考えられる)看板選手(1名か2名)が登場している(ソフトバンクの選手も登場していたが、時期的な関係からかダイエー時代のユニフォームのままであった。なお、朝日放送ローカルの阪神戦では全国中継のアニメーションで登場する赤星憲広元外野手が盗塁するシーンを除き、全て阪神の看板選手に差し替えられた)。スーパーベースボール (テレビ朝日系列) フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た赤星憲広赤星憲広

    も前年同様に代走起用がほとんどだったが、シーズン後半にタフィ・ローズが戦線離脱するとスタメンを獲得。9月に故障で離脱したものの、27試合出場でチームトップの11盗塁。このペースは146試合換算で約59盗塁という数字となり、単純な計算では盗塁王の赤星憲広の60とほぼ同じ数字となる。打撃面も99打数ながら打率3割を記録した。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神タイガース

    阪神タイガースから見た赤星憲広赤星憲広

    球団初の3年連続の最下位。4月に9連勝して首位に立ち、5月には大阪近鉄バファローズからトレードで吉田剛、西川慎一を、6月には日本ハムから金銭トレードでマイカ・フランクリンをそれぞれ獲得。オフには新庄がFAでMLBのニューヨーク・メッツへ、大豊が契約交渉の決裂で中日に移籍。佐々木誠、フランクリンらが退団。チーム本塁打1位から3位(1位新庄28本・2位大豊24本・3位タラスコ19本)が全員退団する事態となった。湯舟敏郎・山崎一玄・北川博敏と近鉄酒井弘樹・面出哲志・平下晃司にて3対3トレードのトレードが行われた。新人として赤星憲広、沖原佳典、藤本敦士が加入。その他エドワード・ペレス、イバン・クルーズを獲得。阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た赤星憲広赤星憲広

    翌は、金本、伊良部、下柳、矢野、桧山進次郎、片岡、井川慶、アリアス、ジェロッド・リガン、ジェフ・ウィリアムスら主力選手の活躍に加え、今岡誠、赤星憲広、藤本敦士、吉野誠ら若手が急成長し首位を独走、7月8日にはセ・リーグ史上最速となる優勝マジック49を点灯させた。結局、この年、圧倒的な強さでチーム18年ぶり、監督としては自身3度目のリーグ優勝を果たすが、ダイエーとの日本シリーズでは3勝4敗で敗れる。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星と次郎のオーライオーライ

    赤星と次郎のオーライオーライから見た赤星憲広赤星憲広

    赤星と次郎のオーライオーライ(レッドと・ジローのオーライオーライ)とは、2010年から2015年までABCラジオで放送されたトーク番組。阪神タイガースの外野手から野球解説者に転じた赤星憲広が初めてレギュラーでパーソナリティを務めたラジオ番組で、タイトルの次郎はパートナーの清水次郎(出演時点では朝日放送のスポーツアナウンサー)に由来していた。赤星と次郎のオーライオーライ フレッシュアイペディアより)

  • レッド

    レッドから見た赤星憲広赤星憲広

    赤星憲広(ニックネーム) - 阪神タイガースの元プロ野球選手レッド フレッシュアイペディアより)

199件中 11 - 20件表示

「赤星憲広」のニューストピックワード