199件中 21 - 30件表示
  • 第2回大阪マラソン〜OSAKA MARATHON 2012〜

    第2回大阪マラソン〜OSAKA MARATHON 2012〜から見た赤星憲広赤星憲広

    フルマラソンコースの途中に当たる中之島の特設スタジオから、辛坊治郎(ytvの元アナウンサー・元報道局解説委員長)・森たけし(同局アナウンサー、第1回大会・市民ランナーの部で完走)・虎谷温子(同局アナウンサー)の司会で進行。メッセンジャーあいはら・斉藤雪乃(いずれも第1回大会・市民ランナーの部で完走)・赤星憲広(チャレンジランに参加)をゲストに迎えながら、同局の番組(『朝生ワイド す・またん!』『情報ライブ ミヤネ屋』『かんさい情報ネット ten!』『もってる!? モテるくん』)から参加した吉田奈央(同局アナウンサー)・蓬莱大介(気象予報士)・石田靖・中間淳太・スマイルに密着した中継やミニドキュメントを放送した。第2回大阪マラソン〜OSAKA MARATHON 2012〜 フレッシュアイペディアより)

  • 稲嶺茂夫

    稲嶺茂夫から見た赤星憲広赤星憲広

    初奪三振:同上、1回表に赤星憲広から稲嶺茂夫 フレッシュアイペディアより)

  • MBS開局60周年アワー 音楽の時間ですょ 目指せ1179曲てアンタ!?

    MBS開局60周年アワー 音楽の時間ですょ 目指せ1179曲てアンタ!?から見た赤星憲広赤星憲広

    「2011年の阪神タイガース」(14:30?16:00):野村啓司#、平田勝男○、赤星憲広、遠藤章造(ココリコ)MBS開局60周年アワー 音楽の時間ですょ 目指せ1179曲てアンタ!? フレッシュアイペディアより)

  • 手塚一志

    手塚一志から見た赤星憲広赤星憲広

    2002年から2年間、阪神タイガースの田淵幸一バッティングコーチの下で打撃指導を行った。その際、下半身からのらせん連鎖運動をバットコントロールに活かすうねり打法を導入。当時まだブレイク前だった今岡誠、濱中治、赤星憲広らの打力向上に貢献しつながる打線を実現。2003年の阪神優勝の陰の立役者として一躍注目を集めた。手塚一志 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2010年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た赤星憲広赤星憲広

    実況:清水次郎、解説:赤星憲広2010年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2013年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た赤星憲広赤星憲広

    実況:小澤昭博、解説:川藤幸三、赤星憲広、ゲスト解説:山本昌(中日ドラゴンズ)、リポーター:尾山憲一(阪神サイド)、宮脇靖知(HTV、広島サイド)、(ヒーローインタビュー)立田恭三、本野大輔(各地の途中経過情報)2013年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川昌幸

    長谷川昌幸から見た赤星憲広赤星憲広

    連続無本塁打記録をもつ赤星憲広に本塁打を打たれた数少ない投手である。長谷川昌幸 フレッシュアイペディアより)

  • 松田匡司

    松田匡司から見た赤星憲広赤星憲広

    自慢の強肩で1年目から23試合に出場した。また足が速く当時の野村克也監督に高波文一や赤星憲広ら7人で「F1セブン」と名付けられた。松田匡司 フレッシュアイペディアより)

  • 東京車掌区

    東京車掌区から見た赤星憲広赤星憲広

    元プロ野球選手の赤星憲広(阪神タイガース)は、JR社員の時代に当区に所属していた。ただし、実際に乗務経験はない。東京車掌区 フレッシュアイペディアより)

  • 福下恵美

    福下恵美から見た赤星憲広赤星憲広

    趣味は歌、人間観察、音楽、映画鑑賞。出身は東京だが、こてこての阪神の大ファン。好きな選手は赤星憲広元外野手。福下恵美 フレッシュアイペディアより)

199件中 21 - 30件表示

「赤星憲広」のニューストピックワード