156件中 21 - 30件表示
  • 内田俊雄

    内田俊雄から見た赤星憲広赤星憲広

    1977年、亜細亜大野球部コーチに就任後、翌1978年監督に就任。以降2006年までの26年間の長きに渡り同大学野球部を指導。在任中、東都大学野球リーグで優勝13回、全日本大学野球選手権大会で3度、明治神宮野球大会で2度優勝に導いた。この間、宮本賢治、高津臣吾、小池秀郎、川尻哲郎、井端弘和、赤星憲広、木佐貫洋、永川勝浩、松田宣浩ら、多くのプロ野球界で活躍する選手を輩出、また東都大学野球連盟のレベルアップに多大な貢献をした。総監督だった2005年には部員の不祥事が発覚。大きな批判も浴び半年間の対外試合禁止処分とを受け、それに伴い二部落ちとなったが、すぐに一部昇格を果たした。内田俊雄 フレッシュアイペディアより)

  • 日下隆

    日下隆から見た赤星憲広赤星憲広

    1953年にキャリア唯一の本塁打を打ってから引退まで2088打席連続無本塁打を記録した。これは2008年9月22日に阪神の赤星憲広によって塗り替えられるまで日本記録であった。日下隆 フレッシュアイペディアより)

  • 松田匡司

    松田匡司から見た赤星憲広赤星憲広

    自慢の強肩で1年目から23試合に出場した。また足が速く当時の野村克也監督に高波文一や赤星憲広ら7人で「F1セブン」と名付けられた。松田匡司 フレッシュアイペディアより)

  • アテネオリンピック野球日本代表

    アテネオリンピック野球日本代表から見た赤星憲広赤星憲広

    赤星憲広(※怪我により出場辞退)アテネオリンピック野球日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 萱島大介

    萱島大介から見た赤星憲広赤星憲広

    国東高校、福岡大学を経て社会人野球のローソンに進むが、シーズンオフにローソン野球部が休部になり、同年10月に阪神タイガースの入団テストを受験。50 m走5秒7、ベース一周 (109.728 m) では当時5年連続盗塁王だった赤星憲広の記録13秒6を上回る13秒29と俊足をアピールし、この年のドラフト11巡目で阪神に指名され入団した。このドラフトではローソンの同僚新井智が9巡目、伊代野貴照が10巡目でそれぞれ指名され阪神に入団している。萱島大介 フレッシュアイペディアより)

  • 山本浩司 (野球)

    山本浩司 (野球)から見た赤星憲広赤星憲広

    元阪神の赤星憲広は大府高、亜細亜大、JR東日本の先輩にあたる。山本浩司 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2010年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た赤星憲広赤星憲広

    実況:清水次郎、解説:赤星憲広、ゲスト:未定、リポーター:未定2010年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • バックスクリーン3連発

    バックスクリーン3連発から見た赤星憲広赤星憲広

    「平成の3連発」の翌日(5月10日)の横浜戦。3回表阪神タイガースは、藤本敦士が初球を一塁線セーフティーバント、下柳剛も初球を送りバント、今岡誠もまた初球に二塁セーフティーバントを決め、今度は3者連続犠打を成功させた。更に続く赤星憲広も初球をセンター前にヒットし、イニングが始まってわずか4球で1点を奪った。後続の金本知憲、濱中治も追加点を挙げて逆転し、そのまま勝利した。監督・星野は、本塁打3連発と同じくらい(こういう攻撃が)相手投手に与えるダメージは大きいと述べている。バックスクリーン3連発 フレッシュアイペディアより)

  • 鮎川義文

    鮎川義文から見た赤星憲広赤星憲広

    阪神時代の応援歌は一時期、同郷の赤星憲広に用いられた事がある。鮎川義文 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴田泰

    鶴田泰から見た赤星憲広赤星憲広

    ルーキーイヤーである1993年は右の軟投派の先発投手として7勝を挙げたが、その後は右ひじ故障により、2001年に紀藤真琴とのトレードで広島東洋カープに移籍。この年からサイドスローに転向する為にテニスで特訓したが、結果を残す事は出来なかった。2003年9月15日の阪神甲子園球場の試合では満塁策を取りに行くも、赤星憲広にサヨナラ打を浴び阪神の優勝を招くことになってしまった。鶴田泰 フレッシュアイペディアより)

156件中 21 - 30件表示

「赤星憲広」のニューストピックワード