199件中 41 - 50件表示
  • 2006年の阪神タイガース

    2006年の阪神タイガースから見た赤星憲広赤星憲広

    赤星憲広(外野手、4年連続5度目)2006年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • NPBエンタープライズ

    NPBエンタープライズから見た赤星憲広赤星憲広

    トップチームはチーム編成などが単発性であり、継続的な強化は課題材料となっていたが、今回の運営会社の設立は各カテゴリーの侍ジャパンの事業を一体化させて、主に強化試合などを中心とした試合の企画・運営、放映権やグッズの販売が中心軸となる。運営に際しては、日本野球機構から3000万円、プロ野球12球団からは500万円を出資し、社長は読売新聞東京本社スポーツ事業部長の山田隆(2代目)、取締役にNPBコミッショナーの熊崎勝彦、アンバサダーに元阪神タイガース選手・シドニーオリンピック日本代表の赤星憲広が就任する。初代社長の今村司は日本テレビに帰任し、2017年5月1日付で事業局長代理に就任した。NPBエンタープライズ フレッシュアイペディアより)

  • 多岐篤司

    多岐篤司から見た赤星憲広赤星憲広

    現在は妻の家業である尼崎市公設地方卸売市場「浜光水産」の社長。また、阪神の後輩の赤星憲広が主宰する少年野球クラブ「RED STAR Baseball Club」の投手コーチも務めている。多岐篤司 フレッシュアイペディアより)

  • 木村勉 (野球)

    木村勉 (野球)から見た赤星憲広赤星憲広

    一方で前述の通り長打力は無く、通算本塁打数9本は打数4000以上の選手の中では2009年に赤星憲広(3本)に更新されるまで51年間歴代最少数だった。木村勉 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 上坂太一郎

    上坂太一郎から見た赤星憲広赤星憲広

    2年目のにはF1セブンの一員として89試合に出場。怪我で戦列離脱した時期もあったがセカンドのレギュラーを張り、濱中治・赤星憲広と3人で平成の新少年隊と呼ばれた。同年6月29日の対ヤクルト戦で、石井弘寿からこの日が66歳の誕生日だった野村監督を祝うプロ初のサヨナラ本塁打を放った。また、同年7月17日の対巨人戦では條辺剛から自身2度目のサヨナラヒットを放ち、球団史上初となる対巨人戦3試合連続サヨナラ勝ちの立役者となった。左投手を得意としており、この年の本塁打6本のうち5本が左投手から放ったものである。オフに結婚式を挙げたが、同日同じホテルで阪神首脳と監督就任の交渉をしていた星野仙一が式に乱入して、急遽スピーチを行った。しかし、その内容は「レギュラーの確約はない」というものだった。後日阪神監督となった星野は上坂をカミタロウと呼んでいた。上坂太一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 岩田徹

    岩田徹から見た赤星憲広赤星憲広

    その後は、赤星憲広が設立した少年野球チーム「レッドスターベースボールクラブ」の監督も務めていたが、2月に退団し、小学生・中学生を対象とした野球道場を開くなど、青少年育成の為、幅広く尽力している。また、履正社医療スポーツ専門学校にて講師を努める傍ら、からは社会人野球に参戦している同校の硬式野球部でコーチを務めている。岩田徹 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山直久

    杉山直久から見た赤星憲広赤星憲広

    引退後は自身が契約していたスポーツマネジメント会社オフィスSICに就職。阪神時代にチームメイトだった赤星憲広のマネジメントも同社で手掛けていることから、入社後には赤星のマネジャーを務めている。1月7日には、赤星が主宰する中学野球チーム「レッドスターベースボールクラブ」のピッチングコーチにも就任した。杉山直久 フレッシュアイペディアより)

  • JR東日本硬式野球部

    JR東日本硬式野球部から見た赤星憲広赤星憲広

    赤星憲広:外野手(2000年阪神タイガースドラフト4位)JR東日本硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 梅津智弘

    梅津智弘から見た赤星憲広赤星憲広

    初奪三振:同上、6回表無死に赤星憲広を見逃し三振梅津智弘 フレッシュアイペディアより)

  • 中津 真莉

    中津真莉から見た赤星憲広赤星憲広

    また、赤星憲広のウェブサイトにて、赤星のオフィシャルグッズ「RSナンバージャージ」のモデルとして写真が掲載されている。中津真莉 フレッシュアイペディアより)

199件中 41 - 50件表示

「赤星憲広」のニューストピックワード