156件中 61 - 70件表示
  • 関本賢太郎

    関本賢太郎から見た赤星憲広赤星憲広

    のドラフト会議で阪神から2位指名を受け入団。入団当時の背番号は64だったが、に44に変更。阪神史上最強の助っ人と評されたランディ・バースに憧れ希望したという。同年はプロ初本塁打も記録。当時の田淵幸一チーフ打撃コーチは関本の打撃フォームを自ら(タブチ)と中村紀洋(ノリ)と濱中治(ハマ)を組み合わせ、「ブチノリハマ打法」と命名した。にしぶとい打撃を見せて主に2番で起用され、1番赤星憲広とのコンビは高い評価を得た。規定打席には届かなかったものの打率.316, 出塁率.404を記録。右の代打としても活躍した。関本賢太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 1976年のスポーツ

    1976年のスポーツから見た赤星憲広赤星憲広

    4月10日 - 赤星憲広(愛知県、野球)1976年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 藤原満

    藤原満から見た赤星憲広赤星憲広

    のドラフト4位で南海ホークスに入団。プロ入り後の守備位置は遊撃手で、後に三塁手にコンバートされた。大学時代は3番打者で典型的な中長距離打者であったが、当時の野村克也選手兼任監督は、タイ・カッブが使用していた重量がありグリップの太い「つちのこバット」(すりこぎバット)をオーダーするよう高畠導宏打撃コーチに指示し、高畠コーチの指導の下、ボールをぶつけてゴロやライナーを打ち、足を生かす打者へ転向。なお、この「つちのこバット」は、藤原が先駆けとなり、福本豊・松本匡史・高橋慶彦や大石大二郎ら俊足選手が使用するようになった。その後も野村が監督を務めたチームでは同様に俊足打者に対して野村自ら指令を出し、ヤクルトスワローズの飯田哲也、阪神タイガースの赤星憲広・田中秀太、東北楽天ゴールデンイーグルスの鉄平・森谷昭仁が使用した。藤原満 フレッシュアイペディアより)

  • 浅井良

    浅井良から見た赤星憲広赤星憲広

    から正式に外野手登録となったが、緊急時の第3捕手としても期待され、シーズン初出場となった4月6日の対読売ジャイアンツ戦では捕手として途中出場した。相手先発投手がサウスポーの時に時折右翼手として、赤星憲広が首痛や不眠の影響でスタメン落ちした際には中堅手としてスタメン出場した。6月7日の対福岡ソフトバンクホークス戦ではチームが長年苦手としている杉内俊哉から同点適時打を放ち、初のお立ち台に上がった。浅井良 フレッシュアイペディアより)

  • 葛城育郎

    葛城育郎から見た赤星憲広赤星憲広

    しかしは若手の喜田剛、桜井広大らを押しのけて開幕一軍を勝ち取り、左の代打として出場した。その後、5月に赤星憲広が椎間板ヘルニアで、8月に林威助が右肩痛で離脱した際にはスタメンでも起用され、林の離脱時には高橋光信と共に穴を埋めた。打率は高くないものの勝負強く、9月にチームが10連勝した時には5番を打つこともあり、最も出場数の多かった9月には3割を超える月間打率を記録した。外野守備も以前は送球に難があり、落下点に入りながら落球というプレーもあったが向上している所を見せた。葛城育郎 フレッシュアイペディアより)

  • アーロム・バルディリス

    アーロム・バルディリスから見た赤星憲広赤星憲広

    は二軍スタートとなり、不振のケビン・メンチと入れ替わりで4月22日に出場選手登録されたが、12打数無安打で4月29日に二軍落ちした。7月5日に赤星憲広の登録抹消により入れ替わりで再び一軍に昇格。1番・右翼手でシーズン初スタメン出場し、球団として2年ぶりとなる先頭打者本塁打を放って勝利に貢献した。結局この年は一軍で29打数3安打、打率.103と目立った活躍は挙げられなかったものの、ウエスタン・リーグでは打率.358で首位打者を獲得、また安打数も93でリーグトップであったが、打撃面と一軍での成績に不安定さがあったことから11月6日に戦力外通告を受けた。複数球団から入団のオファーを受けたが、「日本で初めてプレーした岡田監督のもとでプレーしたい」という理由でオリックスに入団した。アーロム・バルディリス フレッシュアイペディアより)

  • MBS開局60周年アワー 音楽の時間ですょ 目指せ1179曲てアンタ!?

    MBS開局60周年アワー 音楽の時間ですょ 目指せ1179曲てアンタ!?から見た赤星憲広赤星憲広

    「2011年の阪神タイガース」(14:30?16:00):野村啓司#、平田勝男○、赤星憲広、遠藤章造(ココリコ)MBS開局60周年アワー 音楽の時間ですょ 目指せ1179曲てアンタ!? フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本シリーズ

    2012年の日本シリーズから見た赤星憲広赤星憲広

    実況:河村亮、解説:堀内恒夫、篠塚和典ゲスト解説:小久保裕紀(前福岡ソフトバンクホークス、クライマックス・パ終了時に引退)副音声:亀梨和也(KAT-TUN、『Going!Sports&News』ベースボール・スペシャルサポーター)、ゲスト解説:浅尾拓也(中日ドラゴンズ)、赤星憲広、副音声実況:平川健太郎リポーター:町田浩徳(巨人サイド及び祝勝会)、田中毅(祝勝会)、岡崎和久(STV、日本ハムサイド)監督・MVPインタビュー:新谷保志2012年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 坪井智哉

    坪井智哉から見た赤星憲広赤星憲広

    、開幕から新人の赤星憲広(2009年現役引退、現・野球解説者)の抜擢・大活躍もあったが、前年に手術した左肘の悪化・本人の極度のスランプ・度重なる怪我により出場機会が激減した。この年から坪井は怪我に悩まされるシーズンが続くようになる。スランプの時期には打撃フォームを改造し極端なオープンスタンスや振り子打法をやめノーマルなスタイルに変化するなど試行錯誤していたが結果を残せなかった。また、プロ入りして初めて規定打席に届かなかったシーズンだった。坪井智哉 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の野球

    2009年の野球から見た赤星憲広赤星憲広

    阪神・赤星憲広外野手が持病の首痛が悪化したことなどを理由に挙げ、突然の現役引退を表明。2009年の野球 フレッシュアイペディアより)

156件中 61 - 70件表示

「赤星憲広」のニューストピックワード