199件中 71 - 80件表示
  • GOGO競馬サンデー!

    GOGO競馬サンデー!から見た赤星憲広赤星憲広

    2015年秋季と2016年春季は競馬通の野球評論家・赤星憲広(元・阪神タイガース外野手、MBSとはプロ野球関連での契約はなし)とMBSスポーツアナウンサーが「ホスト」となり、アスリートならではの視点で番組を進行する。2016年秋季は赤星に替わり元・プロテニスプレーヤーの沢松奈生子が担当。GOGO競馬サンデー! フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺正人

    渡辺正人から見た赤星憲広赤星憲広

    は西岡と今江がレギュラーに定着したことでわずか20試合の出場に留まったが、日本シリーズ(対阪神タイガース)で小坂、堀の故障により出番がめぐり、第1戦で9番・二塁手で先発出場。同点に追いつかれた5回表2死2塁の場面、赤星憲広のバウンドの難しいセカンドゴロを前へ突っ込んで刺すファインプレーを見せると、裏の先頭打者として井川慶からチェンジアップを打って左前安打で出塁。ロッテはこの回3点を奪い勝ち越しに成功し、勝利した。その後は選手層が厚いこともあり、1打席しか出番がなかったが、江夏豊に「ちょっとでもボールを握り直したら、赤星の足を考えれば間違いなくセーフだったろうし、最高の技術と勇気が必要なプレーだった」「渡辺の二つのプレーはこのシリーズで最も光っていた」と絶賛された。また、アジアシリーズの決勝戦(対三星ライオンズ)では、負傷の今江に代わり途中出場。3-1の4回裏、2死1塁から本塁打を打つなど、大舞台に強いところを見せた。渡辺正人 フレッシュアイペディアより)

  • ダイナマイト打線

    ダイナマイト打線から見た赤星憲広赤星憲広

    第一次ダイナマイト打線時代の復刻ユニフォームを着た試合で3試合連続2ケタ得点や球団記録の22得点を記録、4、5点リードされていながら終盤3イニングのみで10点前後を奪って逆に大勝することも少なくなく、選手の個人成績でも往来のダイナマイト打線を彷彿させる成績を残し、中日、巨人と激しい優勝争いを演じたことで各メディアでもこの名が広く使われるようになった。最終的に中日とわずか1ゲーム差の2位に終わったが、チーム打率.290でチーム記録を更新し、3割打者は5人に上り、90打点以上を5人が記録した。新外国人マートンが主に1番打者を務め、鳥谷と打順を入れ替えることもあった。守備位置は前年限りで引退した赤星憲広に代わりセンターを任され、金本が先発を外れた時はレフトを守ることも多かった。シーズン序盤は4番に金本、8番に桜井という形だったが、金本の右肩故障による不調で4月17日の横浜戦(横浜スタジアム)を最後に世界記録である連続フルイニング出場の記録が1492試合で途絶えた後は新井が主に4番を務めた。また、不調の桜井に代えて林や浅井、葛城育郎、新人の藤川(現登録名「俊介」)を起用したり、関本や坂克彦を二塁手で起用し、平野が右翼、中堅へ廻るなど外野手は完全には固定されていなかった。AKB砲も参照。ダイナマイト打線 フレッシュアイペディアより)

  • 浅井康太

    浅井康太から見た赤星憲広赤星憲広

    2015年から、「KEEP LEFT」(左重心)のTシャツを販売し、販売利益を社会福祉などへ貢献しようという活動をしている。同年、元・阪神タイガース赤星憲広の車椅子寄贈活動「Ring of Red」にも協力。浅井康太 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田講平

    柴田講平から見た赤星憲広赤星憲広

    には、自身と同じく俊足の外野手だった赤星憲広にちなんで、「赤星二世」「ポスト赤星」と呼ばれた。しかし、オープン戦で結果を残せなかったため、公式戦は二軍スタート。ウエスタン・リーグ公式戦では、大学日本代表時代に次ぐ上本との1・2番コンビで、76試合に出場。打率.320, 2本塁打、25打点、9盗塁、OPS .809という好成績を残すとともに、フレッシュオールスターゲームに同リーグ選抜の一員として出場した。9月26日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)で、代走として一軍デビュー。この試合で一軍初打席も経験すると、30日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)で、中犠飛によって一軍初打点を記録した。シーズン終了後には、シアトル・マリナーズから移籍した城島健司が背番号2の着用を希望したことから、このシーズン限りで引退した秀太から背番号「00」を引き継いだ。柴田講平 フレッシュアイペディアより)

  • 盗塁

    盗塁から見た赤星憲広赤星憲広

    盗塁を成功させるために必要な技術は短距離走の速さだけではない。江藤省三は盗塁を成功させるにはスタート (Start)、スピード (Speed)、スライディング (Sliding) の「3つのS」が大切で、なかでもスタートが最も重要と述べている。NPBにおいて数々の盗塁記録を持つ福本豊はこの「3つのS」についてスタートは徹底した投手の癖の研究、スピードは天性の俊足と若い時のランニングフォーム矯正によって研磨され、スライディングはスピードを殺さず、足への負担を軽くするためにつま先からやわらかくベースに触れるスライディングを独自に編み出している。日本プロ野球で5度盗塁王となった赤星憲広も盗塁において最も重要なのは「アウトを恐れずにスタートを切る勇気」であり、「僕にとって盗塁の数は勇気の証」と述べており、またメジャーリーグベースボール (MLB) で6度盗塁王となったモーリー・ウィリスも「失敗を恐れてはいけない、数千数万の大観衆、あるいはテレビ視聴者が見ている前で喜んで盗塁死するくらいの図太さ・図々しさが必要なんだ」と述べ、精神面の重要性を強調している。また、配球を読む技術も大切で投球が変化球や半速球ならそれほど走力のないランナーでも二盗なら成功しやすい。また低めに落ちる変化球は捕手が投球をこぼすケースも多く、ワンバウンドの際はさらにその確率が上がる。仮に捕球に成功してもこの様なケースでは体勢を崩しているケースがほとんど、即座に二塁へ強い送球を送ることが困難になる。盗塁 フレッシュアイペディアより)

  • 内村賢介

    内村賢介から見た赤星憲広赤星憲広

    、開幕から二軍で結果を残し、7月23日に支配下選手として登録され、背番号は育成時代の「121」から「98」に変更となった。監督の野村克也は俊足を生かすためスイッチヒッターへ再転向させ、さらに赤星憲広にも使わせた重い「つちのこバット」で内野安打を稼ぐ打法を指示した。8月3日に一軍戦初出場。一軍に登録されてからはレギュラーの高須洋介の怪我による離脱もあって「2番・二塁手」として積極的に起用された。47試合に出場し、打率.289、9盗塁を記録。内村賢介 フレッシュアイペディアより)

  • 振り逃げ

    振り逃げから見た赤星憲広赤星憲広

    2007年8月2日に甲子園球場で行われた阪神タイガース対東京ヤクルトスワローズの試合、5-6で1点リードされた9回表のヤクルトの攻撃、二死三塁、2ストライク1ボールの場面。阪神の藤川球児がヤクルトの田中浩康に投じた4球目を田中はハーフスイング、球審の土山剛弘は空振りのスリーストライクを宣告した。しかし、この球がベース付近でワンバウンドする暴投だったため振り逃げの権利が発生、捕手が後逸しボールがバックネットに達する間に三塁走者の福川将和が生還、同点になったかに思われたが、進塁義務のある打者走者の田中が進塁を失念し本塁近辺に棒立ちだった。チームメイトの指摘により、一塁に向かった田中だが、時すでに遅く、ボールは捕手矢野輝弘から一塁のアンディ・シーツに転送されフォースアウト。第3アウトがフォースアウトとなったため同点のホームインは認められず、試合終了となった(もし1死ならば得点が認められ、2死無走者、同点で試合再開となるところであった)。また終了直後、阪神外野手の金本知憲と赤星憲広がグラブで口を覆いながら爆笑する姿が見られた。振り逃げ フレッシュアイペディアより)

  • 横沢七郎

    横沢七郎から見た赤星憲広赤星憲広

    慶應商工、慶應義塾大学を卒業。マキノキネマ、コロムビア野球部を経て1936年から東京セネタースで四郎とともに活躍。戦時色の濃くなる中1940年にチーム名も「翼軍」に改名。その年で一時引退。戦後は新たに創設されたセネタースに入団し、翌1947年に引退した。通算1770打席で本塁打を一本も打っていない。これはデビューからの連続無本塁打記録としては日本プロ野球史上最長だったが(最長連続無本塁打の日本記録は赤星憲広の2528打席)、2014年7月31日に岡田幸文に記録を更新された。横沢七郎 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本シリーズ

    2003年の日本シリーズから見た赤星憲広赤星憲広

    9回表ダイエーは篠原貴行が登板。今岡に安打を浴び、赤星憲広の送りバントで得点圏に進めるが無得点に終わる。その裏8回から登板している安藤優也から、松中が四球で出塁する。王監督は松中の足の怪我を考慮し、代走大越基を塁に送った。その後、フリオ・ズレータが左中間へサヨナラ打を放ち、ダイエーが先勝した。9回2死から登板した篠原が対戦打者わずか1人、投球数3球で勝利投手となった。2003年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

199件中 71 - 80件表示

「赤星憲広」のニューストピックワード