156件中 71 - 80件表示
  • 野原祐也

    野原祐也から見た赤星憲広赤星憲広

    は育成選手としてスタートしたが、ウエスタン・リーグ59試合で打率.309, 2本塁打、19打点と好調で、7月26日に支配下登録された。これに伴い背番号は94となった。阪神タイガースにおいての育成選手からの支配下登録はアーロム・バルディリスに次いで2例目、日本人選手としては初であった。8月にウエスタン・リーグにおいて打率.341, 1本塁打の成績を残し8月度「ミズノ月間MVP」を受賞した。9月9日に初めて一軍昇格。9月12日の横浜ベイスターズ戦で山口俊から代打でプロ初安打を記録し、翌日の9月13日の試合では、怪我の赤星憲広にかわり、1番センターでスタメン出場した。野原祐也 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東信久

    伊東信久から見た赤星憲広赤星憲広

    阪神の元選手の広沢克実は、伊東が初出馬した第46回衆院選の選挙戦の最中に、選挙事務所を訪れ「個人的にお世話になってる先生を激励に来ました」と述べた。なお、二人は、伊東がまだ医師であった時代の2009年から2011年まで、MBSラジオ「広澤克実とDr.イトーのレーザー交遊録!」で共演していた。また、広沢以外にも、阪神の選手では赤星憲広らとも交流があり、2010年には第1回赤星憲広チャリティーゴルフコンペにも参加したこともある。この他にも、川崎麻世、竹内力ら芸能界やスポーツ界に幅広い人脈があるという。伊東信久 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田義男

    吉田義男から見た赤星憲広赤星憲広

    打撃も粘り強く、三振が非常に少なく、確実に進塁打を打つ能力に長けていたため、相手投手に嫌がられ、特に金田正一は、吉田とだけは対戦したくないと常々口にしていたほどである。4度のリーグ最多犠打、通算264犠打を記録している。このうち通算犠打は引退当時はプロ野球記録であった。また、に51盗塁、に50盗塁で2度の盗塁王に輝いた。阪神では20世紀最後の盗塁王である。1954年のシーズンは20歳で開幕を迎えており、この年齢での盗塁王獲得は日本プロ野球最年少の記録となっている。通算350盗塁は、2009年に赤星憲広が更新するまで40年にわたって阪神の球団記録だった。吉田義男 フレッシュアイペディアより)

  • 上坂太一郎

    上坂太一郎から見た赤星憲広赤星憲広

    2年目のにはF1セブンの一員として89試合に出場。怪我で戦列離脱した時期もあったがセカンドのレギュラーを張り、濱中治・赤星憲広と3人で平成の新少年隊と呼ばれた。同年6月29日の対ヤクルト戦で、石井弘寿からこの日が66歳の誕生日だった野村監督を祝うプロ初のサヨナラ本塁打を放った。また、同年7月17日の対巨人戦では條辺剛から自身2度目のサヨナラヒットを放ち、球団史上初となる対巨人戦3試合連続サヨナラ勝ちの立役者となった。左投手を得意としており、この年の本塁打6本のうち5本が左投手から放ったものである。オフに結婚式を挙げたが、同日同じホテルで阪神首脳と監督就任の交渉をしていた星野仙一が式に乱入して、急遽スピーチを行った。しかし、その内容は「レギュラーの確約はない」というものだった。後日阪神監督となった星野は上坂をカミタロウと呼んでいた。上坂太一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 中津 真莉子

    中津真莉子から見た赤星憲広赤星憲広

    また、赤星憲広のウェブサイトにて、赤星のオフィシャルグッズ「RSナンバージャージ」のモデルとして写真が掲載されている。中津真莉子 フレッシュアイペディアより)

  • ムーラン・ルージュ (映画)

    ムーラン・ルージュ (映画)から見た赤星憲広赤星憲広

    ロマンティックで緩急に富んだ音楽はフィギュアスケートなどで使用されることが多く、高橋大輔、キム・ヨナが公式大会のショートプログラムやエキシビジョン、アイスショーなどで使用したことがある。またファットボーイ・スリムの『Because We Can』は『M-1グランプリ』の出囃子や、阪神タイガースの赤星憲広選手の入場テーマで使用されている。ムーラン・ルージュ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本シリーズ

    2008年の日本シリーズから見た赤星憲広赤星憲広

    実況:平川健太郎 解説:堀内恒夫、掛布雅之 ゲスト解説:赤星憲広(阪神)2008年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 片岡篤史

    片岡篤史から見た赤星憲広赤星憲広

    はセ・リーグのバッテリーの配球に苦しみ不振に陥ったが、翌には規定打席には到達しなかったものの勝負強い打撃で復活し、阪神のリーグ優勝に貢献した。チームが優勝を決めた9月15日の対広島東洋カープ戦では、途中出場の8回裏に同点ソロ本塁打を放ち、9回裏にも1死一塁からライトへのヒットで一・三塁として赤星憲広によるサヨナラ勝ちを引き出した。片岡篤史 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本プロ野球

    2006年の日本プロ野球から見た赤星憲広赤星憲広

    セ・リーグは全日程を終了。優勝は中日、以下阪神、ヤクルト、巨人、広島、横浜の順位。個人成績では、タイロン・ウッズ内野手(横浜)が本塁打王と打点王の2冠を獲得。川上憲伸投手(中日)が最多勝利と最多奪三振の2冠を獲得。また、青木宣親外野手(ヤクルト)が赤星憲広外野手(阪神)を抑えて盗塁王を獲得し、赤星の連続盗塁王は5年でストップ。2006年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た赤星憲広赤星憲広

    、背番号を31に変更(31にした理由は掛布雅之に憧れていたため)。三塁手の座を立浪と争っていたが、オープン戦で死球を受け右手小指を骨折。交流戦半ばに復帰し、故障の荒木雅博に代わり二塁を守る。6月25日、プロ入り初の満塁本塁打、サヨナラ安打を放ち活躍。荒木の復帰後、立浪から三塁手の座を奪う。一時打率3割、得点圏打率4割の活躍を見せて、初めて規定打席に到達。9月16日、山本昌がノーヒットノーランを達成した対阪神戦で、赤星憲広の三ゴロを失策。許した走者はこの1人だけだったために、完全試合を逃すプレーとなったが、試合後のインタビューで山本は「あのプレーがあったからこそ(ノーヒットノーランの)記録が達成できた」と発言した。打者は俊足の赤星であったため、仮に上手く捌けていたら内野安打となり、ノーヒットノーランも達成できなかっただろうと山本昌自身が考えたためである。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

156件中 71 - 80件表示

「赤星憲広」のニューストピックワード