199件中 81 - 90件表示
  • 2013年の日本シリーズ

    2013年の日本シリーズから見た赤星憲広赤星憲広

    実況:平川健太郎、解説:江川卓、赤星憲広、ゲスト解説:能見篤史(阪神タイガース)リポーター:田辺研一郎(日本テレビ)、伊藤拓(ミヤギテレビ)、監督・ヒーローインタビュー:町田浩徳(日本テレビ)2013年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 伊東信久

    伊東信久から見た赤星憲広赤星憲広

    芸能人やスポーツ選手にも知己があり、野球選手では広沢克実や赤星憲広、芸能界では川崎麻世、竹内力らと交友がある。2010年には赤星が主催するチャリティーゴルフコンペにも参加しており、また、広沢は2012年の第46回衆議院議員総選挙において、選挙戦中に選挙事務所を訪問し、伊東を激励した。伊東信久 フレッシュアイペディアより)

  • ササキ様に願いを

    ササキ様に願いをから見た赤星憲広赤星憲広

    2004年度の陣容は大島を筆頭に万永・田中一徳(共に横浜)・仁志(巨人)・石川雅規・真中満(共にヤクルト)・赤星憲広(阪神)・平野恵一(オリックス)ら。ササキ様に願いを フレッシュアイペディアより)

  • 木佐貫洋

    木佐貫洋から見た赤星憲広赤星憲広

    苦手なバッターは「赤星さんや井端さんのようなしつこいバッター」だが、質問に答えてから「ウチの大学の教えを実行しているひと(亜細亜大学の先輩)」と気が付いた。木佐貫洋 フレッシュアイペディアより)

  • バックスクリーン3連発

    バックスクリーン3連発から見た赤星憲広赤星憲広

    「平成の3連発」の翌日(5月10日)の横浜戦。3回表阪神タイガースは、藤本敦士が初球を一塁線セーフティーバント、下柳剛も初球を送りバント、今岡誠もまた初球に二塁セーフティーバントを決め、更に続く赤星憲広も初球をセンター前にヒットし、イニングが始まってわずか4球で1点を奪った。後続の金本知憲、濱中治も追加点を挙げて逆転し、そのまま勝利した。監督・星野は、本塁打3連発と同じくらい(こういう攻撃が)相手投手に与えるダメージは大きいと述べている。バックスクリーン3連発 フレッシュアイペディアより)

  • ミスタータイガース

    ミスタータイガースから見た赤星憲広赤星憲広

    ミスタータイガースと呼ばれることが多いのは、以上の三名ないし四名であるが、ファンによってはその他の選手をミスタータイガースと呼ぶこともある。まず、ミスタータイガースという言葉が存在しなかった藤村以前の選手としては、戦前のタイガースにおいて投打の中心選手であった景浦將を遡って「零代ミスタータイガース」と呼ぶことがある。また、吉田義男、江夏豊、ランディ・バースといった人気選手は、同時代に一般的に認知されたミスタータイガースが存在するものの、さらにミスタータイガースと呼ばれることがある。掛布以降は、真弓明信、岡田彰布、和田豊、亀山努、新庄剛志、桧山進次郎、今岡誠、藤川球児、赤星憲広、金本知憲、鳥谷敬といった選手が人気を得て、ミスタータイガース(あるいはミスタータイガース候補)と呼ばれたことがあるが、多数のファンが一致してミスタータイガースと呼ぶ選手は現れていないため、掛布引退以降はミスタータイガース不在であるとするのが多数派である。この他にも、実績の少ない若手選手に期待を込めてミスタータイガースの称号を与えるファンもいる。ミスタータイガース フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た赤星憲広赤星憲広

    1月6日、ナゴヤドームで「立浪選手に感謝する会」が開催された。2月27日にロッテとのオープン戦で引退記念試合を行った。中日の選手でオープン戦で引退試合が行われるのは2002年の今中慎二以来であり、立浪の次は2014年の山崎武司であった(なお、この時点では後に山崎や山本昌の引退試合で行われたような「一日限定で支配下選手として登録(一日契約)」という手法は採用されなかった)。2010年1月26日、同じく前年限りで現役引退した赤星憲広・清水崇行と共に日本テレビ(日テレ)のプロ野球中継解説者となることが発表された(主に中日戦。ただし、中京テレビ(名古屋にある日テレ系局)はナゴヤドームの中日主催試合の放映権が無い。日テレ製作の巨人戦でも中日に絡まない数試合にも出演する)。ゲスト解説者としてCBCテレビ、CBCラジオ、フジテレビ、東海テレビ、テレビ愛知の中継にも不定期出演する。また、片岡篤史の後任として北海道文化放送の「スポーツワイド Fの炎」のレギュラー解説者にも起用された。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 刈谷市のスポーツ

    刈谷市のスポーツから見た赤星憲広赤星憲広

    1979年(昭和54年)の全日本軟式野球大会(天皇杯)では小林記録紙(現小林クリエイト)軟式野球部が優勝した。小林記録紙は天皇杯で優勝2回・準優勝2回、秩父宮妃賜杯軟式野球大会で優勝3回を誇る。2000年代のプロ野球で活躍した赤星憲広は刈谷市出身であり、阪神タイガース在籍中に新人王、ベストナイン2回、ゴールデングラブ賞6回、盗塁王5回などのタイトルを獲得した。刈谷市のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • らくらぶR

    らくらぶRから見た赤星憲広赤星憲広

    阪神タイガースを応援する特番企画で、上新電機の一社提供で放送。第1弾では、ソフトバンクファンである森脇と亀山つとむ応援団が京セラドーム大阪で試合見学ツアー。上新電機イメージキャラクターの今岡誠、赤星憲広、矢野燿大も出演した。第2弾では松村邦洋も加わり、片岡篤史(現・関西テレビ解説者)、杉山直久、橋本健太郎らとの温泉バスツアーを開催した。第3弾の内容は、森脇が1日だけ上新電機の店員を体験するというものだった。らくらぶR フレッシュアイペディアより)

  • 田川賢吾

    田川賢吾から見た赤星憲広赤星憲広

    大阪府茨木市出身。小学3年生の時から野球を始めると、中学生時代には元阪神タイガースの赤星憲広が設立したレッドスターベースボールクラブに所属していた。田川賢吾 フレッシュアイペディアより)

199件中 81 - 90件表示

「赤星憲広」のニューストピックワード