188件中 91 - 100件表示
  • 赤星憲広

    赤星憲広から見たナゴヤドーム

    300盗塁:2007年7月25日、対中日ドラゴンズ12回戦(ナゴヤドーム)、1回表に二盗(投手:山本昌、捕手:谷繁元信) ※史上26人目赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見たサントリーフーズ

    サントリー 黒烏龍茶(2011年、関西ローカルのみの放送)赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見たNHK大阪放送局

    かんさい特集「NHKプロ野球 阪神対東京ヤクルト」(NHK大阪、2010年9月10日19:30-20:45=地デジは18時-21:30、ゲスト解説)赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た西日本高速道路

    西日本高速道路(NEXCO西日本)平成22年度中国道集中工事(2010年)赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見たスポーツニッポン

    2010年より、『スポーツニッポン』紙の評論家に就任するとともに、同じく前年限りで現役引退した立浪和義・清水崇行と共に日本テレビプロ野球中継解説者となった。事実上2008年まで日本テレビ系列で解説を務めた掛布雅之の後任である。なお、系列の讀賣テレビ放送、ならびにゲスト解説出演の扱いで朝日放送(2011年からラジオのみ専属解説)、毎日放送、関西テレビ放送の中継にも出演。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見たABCテレビ

    虎バン(ABCテレビ、2010年4月 - 、スペシャルコメンテーターとして不定期出演)赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た中堅手

    1年生の秋に三塁手のレギュラーを獲得し、2年生の春に外野手(主に右翼手)に転向。1学年上の外野手飯塚智広を目標とした。飯塚の卒業後、1番中堅手として活躍。4年生の秋には明治神宮野球大会で優勝を経験した。大学時代の通算成績は、東都大学1部リーグ通算78試合出場、219打数61安打、打率.279、3本塁打(リーグタイ記録の3試合連続本塁打)、27打点。ベストナイン3回、通算45盗塁(野村謙二郎の52、鈴木香の51に次ぐリーグ歴代3位の記録。1年生だった2部時代を含めれば通算51)というものであった。赤星は大学時代を振り返り、「プロのレベルまで上りつめられたのは、技術的にも、精神的にも、亜細亜に行ったおかげだろう」、「いろいろなものを犠牲にしてまでも野球に打ち込んで、あの4年の間、地獄のような生活をしてきたからこそ、こうやって今がんばっていられるのは間違いない」と述べる一方、「あそこに入って野球を始めた日から終わる日まで、一回もよかったと思ったことはない」「もう1回、あの4年間をやるかと言われたら、絶対に無理」「何億とお金を積まれても無理」「もう思い出したくもない」、練習が厳しいことを「もし知っていたら進学先に選んだかどうかははなはだ怪しい」と回顧している。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た盗塁

    入部当初、赤星は右打者であったが、監督の馬場茂から「左で打つならすぐにベンチに入れてやる」と左打者への転向を勧められ、それに従った。転向後、内野安打が増えて出塁の機会が多くなり、足を活かす野球を考えるきっかけになった。1年生の秋にレギュラーとなり、1番打者として活躍。チームの得点パターンは赤星が出塁して二盗・三盗を決め、その後スクイズプレイを決めるというものであった。の第65回選抜高等学校野球大会に二塁手として、翌の第66回選抜高等学校野球大会に遊撃手として出場した。選抜高等学校野球大会で赤星は2年連続で同じようなタイムリーエラーを犯し、チームはいずれの大会でも初戦敗退を喫している。このうち2回目のエラーについて赤星は、「またエラーをするんじゃないか」という思いに囚われていたところにボールが飛んできたことで起こったもので、技術の問題ではなくすべて気持ちの問題であったと振り返っている。2010年に藤川球児との対談で、高校時代の甲子園には非常に嫌な思い出しかないとコメントし、この対談時に初めて当時の映像を観覧した。赤星は、プレーをするにあたっては前向きな気持ちで臨むことが重要で、気持ちが前向きであれば結果的にエラーをしてしまったとしても後悔は残らず、失敗から学ぶことで次に繋がると述べている。なお、赤星は亜細亜大学2年時の明治神宮野球大会(三塁手として出場)でもタイムリーエラーを犯し、チームは0対1で敗退している。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た車椅子

    12月2日、赤星は球団側に引退を申し入れた。赤星によると、前述のように「あと1年ぐらい様子を見てくれてもいいんじゃないか」という思いが球団に対してあり、自由契約となる選択肢も頭にあったが、最終的には阪神で野球人生を終えるという気持ちを全うさせることを選んだという。同月9日に西宮市内で記者会見を開き、引退を発表。会見において赤星は「ケガさえなければ来年もレギュラーでやっていく自信はあった。まだまだ若い選手に負けない気持ちもある。まだまだできるという気持ちもあった」「完全燃焼した気持ちはない」と述べた。赤星は負傷を招いたプレーについて、「今でも夢に出てくる」としつつ、「飛び込んだことに後悔はありません。野球選手の本能としてやったことなので。それよりも、もう少し寄っておけば捕れたのに…と考えてしまう」と振り返った。赤星は「あの最後のプレーで、自分が本当に野球人だと思えた」とも述べている。赤星は9年間のプロ生活について、「野球のために人生を全部使ってきたし、いろいろなことを犠牲にしてきた。人生のすべて」と振り返っている。生涯通算.295の打率については、「予定外でした。プロでこんなに打てるとは思ってなかった」「自分の中では誇れる数字」と述べている。会見には絶対に泣かないという決意で望み、3度涙をこらえたという。会見終了後、阪神甲子園球場のセンター付近で車椅子の贈呈式を行った。赤星自身の意向により、引退試合は行われなかった。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た脊柱管

    それでも赤星は出場を続けたが、5月4日の対広島戦でダイビングキャッチを試みた際に首を強打し、椎間板ヘルニアが悪化。「頸椎椎間板中心性ヘルニアによる脊髄損傷」の診断を受け、医師の勧めにより3週間欠場した。診察において赤星は医師から「次に同じことが起こった場合、今よりもひどい状態になる可能性が高い」「あなた、人に車椅子を贈っている(を参照)けれど、このままだと自分が車椅子で生活しなければならないようになる」と宣告を受けた。さらに先天的に脊柱管が狭い(頸部脊柱管狭窄症)ため、脊髄が衝撃によるダメージを受けやすい状態にあるとも指摘された。赤星は医師からダイビングキャッチやヘッドスライディングなど頸部に負担がかかる行為をしないよう忠告され、球団との間で以後「頸椎椎間板中心性ヘルニアによる脊髄損傷」に起因する事故が起こった場合は自己責任である旨を約束することになった。赤星は後に、球団側がこの時、再び赤星が同様の負傷をした場合には引退を勧告すると決めていたと知らされることになる。当時赤星は「今年で野球が終わってもいい」という心境で復帰したものの、「どうせ大げさに言っているのだろう」とも考えていた。しかし実際には首の状態は成績に大きな影響を与えた。リードを大きくとった状態で牽制球を投げられ、首を後ろに大きく反らせる形で帰塁すると痺れを感じることがあったが、それを避けるためにリードを小さくすると盗塁ができなくなった。8月22日以降の32試合の盗塁数はゼロである。赤星は「こんなに長い間走っていないのは、後にも先にもこの時だけだ。それほど体の状態はよくなかったということだろう」と振り返っている。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

188件中 91 - 100件表示

「赤星憲広」のニューストピックワード