188件中 11 - 20件表示
  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た星野仙一

    、阪神の監督は野村から星野仙一に交替した。4月18日の対中日ドラゴンズ戦において自打球が右足に当たり、「足の速さをできるだけ活かそう」という思いからレガースをつけていなかったために右脛骨を骨折。3か月以上欠場し前半戦をほぼ棒に振り、復帰後はスランプに陥りながらも78試合に出場し26盗塁を記録。2年連続で盗塁王を獲得した。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た黒木知宏

    土曜日に黒木知宏と隔週交代で出演。2012年3月17日の放送では、声帯ポリープの手術を受けた上田晋也(くりぃむしちゅー)の代理で、初めてMCを兼務した。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た矢野燿大

    上新電機(2003年 - 2008年、今岡誠・矢野燿大、2008年より藤川球児と共演)赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た金本知憲金本 知憲

    金本知憲がFAで広島から移籍。キャンプ中、星野は事あるごとに金本・桧山進次郎・濱中治の名を挙げ、「赤星は代走要員」とコメント。キャンプにおいて赤星は必死に存在をアピールした。実際には星野の構想の中で赤星の中堅手レギュラーは確定しており、「赤星はガンガン言って、向かってこさせて伸びるタイプだから、あえてそういう発言をした」ものであった。シーズン中は2番打者として活躍。2番赤星が出塁し、3番の金本が打席に立つ状況が、互いの苗字から一文字をとって「金星ライン(ビーナスライン)」と呼ばれていた。9月15日に行なわれた対広島戦で、鶴田泰からサヨナラ安打を放ってマジック1とし、同日夜に阪神の18年ぶりの優勝が決定した。赤星はこのサヨナラヒットを、9年間の選手生活の中で最も印象に残る場面のひとつとして挙げている。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た上田晋也上田 晋也

    土曜日に黒木知宏と隔週交代で出演。2012年3月17日の放送では、声帯ポリープの手術を受けた上田晋也(くりぃむしちゅー)の代理で、初めてMCを兼務した。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た和田豊

    2011年オフには、和田豊の監督就任に伴いコーチ就任の依頼を受けるも、体調面を理由に辞退した。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た阿部慎之助

    200盗塁:2005年4月21日、対読売ジャイアンツ6回戦(東京ドーム)、6回表に二盗(投手:三木均、捕手:阿部慎之助) ※史上65人目赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見たイチロー

    6月15日の埼玉西武ライオンズとの交流戦において盗塁を試みた際に相手選手と衝突、左肋骨3本を折る重傷を負う。しかし翌日の試合を欠場したものの長期欠場はしなかった。赤星曰くベンチに座っているのも辛いほどの痛みに苦しんだが、気合で克服した。7月にはオールスターに2度目の出場を果たした。10月1日の東京ヤクルトスワローズ戦では通算250盗塁も達成するとともに福本豊以来2人目となる3年連続60盗塁を達成。リーグ史上初の5年連続盗塁王も獲得した。さらに当時のシーズン最多打席(689打席)、イチローを抜く年間単打165のプロ野球新記録も樹立したが、同年阪神の全試合終了後に首位打者の青木宣親が169まで記録を更新した。この年のシーズンで阪神はリーグ優勝を果たしたが、千葉ロッテマリーンズと対戦した日本シリーズでは4連敗を喫した。赤星は「今度こそ日本一になるぞ」という思いで臨んだにもかかわらず「完全な力負け」で4連敗を喫したことについて、「野球人生最大の屈辱」と振り返っている。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た青木宣親

    6月15日の埼玉西武ライオンズとの交流戦において盗塁を試みた際に相手選手と衝突、左肋骨3本を折る重傷を負う。しかし翌日の試合を欠場したものの長期欠場はしなかった。赤星曰くベンチに座っているのも辛いほどの痛みに苦しんだが、気合で克服した。7月にはオールスターに2度目の出場を果たした。10月1日の東京ヤクルトスワローズ戦では通算250盗塁も達成するとともに福本豊以来2人目となる3年連続60盗塁を達成。リーグ史上初の5年連続盗塁王も獲得した。さらに当時のシーズン最多打席(689打席)、イチローを抜く年間単打165のプロ野球新記録も樹立したが、同年阪神の全試合終了後に首位打者の青木宣親が169まで記録を更新した。この年のシーズンで阪神はリーグ優勝を果たしたが、千葉ロッテマリーンズと対戦した日本シリーズでは4連敗を喫した。赤星は「今度こそ日本一になるぞ」という思いで臨んだにもかかわらず「完全な力負け」で4連敗を喫したことについて、「野球人生最大の屈辱」と振り返っている。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た山本昌

    300盗塁:2007年7月25日、対中日ドラゴンズ12回戦(ナゴヤドーム)、1回表に二盗(投手:山本昌、捕手:谷繁元信) ※史上26人目赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

188件中 11 - 20件表示

「赤星憲広」のニューストピックワード