188件中 21 - 30件表示
  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た石井琢朗

    は開幕から1番打者として活躍。試合途中から出場するなど球団側が首の状態に配慮した起用をしたことから、全試合出場を果たしながらもシーズンを通して体調は良かった。9月22日に2,089打席無本塁打のプロ野球新記録を樹立。走塁面では10月12日に吉田義男の持つ球団記録に並ぶ通算350盗塁を記録した(日本プロ野球歴代15位、当時の現役選手では石井琢朗に次ぐ2位)。シーズンを通した盗塁数は41で福地寿樹に1つ届かずリーグ2位であった。打撃面では自己最高となる打率.317, リーグ最多の94得点を記録した。ちなみに本塁打は出ず、3年連続で規定打席に到達かつ本塁打0(東出輝裕とともにプロ野球新記録)を記録した。規定打席に達しての本塁打0を4度(2004・2006・2007・2008年)記録したのは久慈照嘉に続いて史上2人目であった。チームは7月下旬に優勝マジック46が点灯したものの8月以降低迷し、優勝を逃した。赤星はこの年のシーズンについて、「優勝と盗塁王を逃したショックは言葉では言い表せないほど大きかった」一方、2005年以来こだわってきた得点でリーグ最多を記録したことには「満足のいくシーズンだった」と振り返っている。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た吉田義男

    赤星は1年目のシーズンを開幕一軍で迎えた。3月31日の対読売ジャイアンツ戦でセーフティーバントによるプロ初安打を記録。この安打について赤星は、相手投手が左投げで「簡単に凡退すれば、次に左ピッチャーと対戦する時に代打を送られる可能性が高くなる」場面であったことから、「たまたま一発で決まってラッキーな面もあった」と振り返っている。4月3日の対広島東洋カープ戦でプロ初盗塁を決めた。赤星はこの盗塁について、プロ生活における通算381個の盗塁の中で最も印象に残っていると振り返っている。5月にはレギュラーの座を獲得し、2番打者に定着して活躍。新人歴代4位となる39盗塁を記録し、阪神の選手としてはの吉田義男以来45年ぶり、阪神入団1年目の選手としてはの呉昌征以来となる盗塁王に輝き新人王も受賞。盗塁王と新人王のダブル受賞は史上初のことであった。さらにゴールデングラブ賞も受賞した。野村は赤星について、「よく練習していて、使おうという気にさせる選手だった」と評している。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た花田真人

    250盗塁:2005年10月1日、対ヤクルトスワローズ21回戦(明治神宮野球場)、8回表に二盗(投手:花田真人、捕手:米野智人) ※史上38人目赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た岡田彰布

    、阪神の監督は星野から岡田彰布に交替した。4月15日の対広島戦で顔面に死球を受けた影響でボールに対する恐怖心が芽生え、それを克服しようと「絶対に逃げてはいけない。ピッチャーに対して踏み込んでいこう」と考えたのが裏目に出て打撃フォームに狂いが生じ、シーズン前半は打撃不振に陥った。打撃不振の影響は走塁面にも及び、出塁機会が少ないことから焦りが生じ、「いいスタートを切らなければと…考えすぎて逆にいいスタートが切れなくなったり、早くスタートを切ろうと思いすぎて、けん制でアウトになったりと、悪循環に陥ってしまった時期があった」。赤星曰く打撃不振から抜け出すきっかけとなったのは7月17日の対広島戦で、第1打席で内角球をヒットにしたことで恐怖感を断ち切ることができたという。それによって走塁面の不振も克服し、シーズン後半の50試合で41、シーズン通算では自己最多記録となる64の盗塁を記録した。日米野球でも7つの盗塁を決め、デイヴィッド・オルティズは赤星を「スーツケースに入れて連れて帰りたい」と称賛した。さらに2年連続で3割を超える打率を記録した。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た東出輝裕

    は開幕から1番打者として活躍。試合途中から出場するなど球団側が首の状態に配慮した起用をしたことから、全試合出場を果たしながらもシーズンを通して体調は良かった。9月22日に2,089打席無本塁打のプロ野球新記録を樹立。走塁面では10月12日に吉田義男の持つ球団記録に並ぶ通算350盗塁を記録した(日本プロ野球歴代15位、当時の現役選手では石井琢朗に次ぐ2位)。シーズンを通した盗塁数は41で福地寿樹に1つ届かずリーグ2位であった。打撃面では自己最高となる打率.317, リーグ最多の94得点を記録した。ちなみに本塁打は出ず、3年連続で規定打席に到達かつ本塁打0(東出輝裕とともにプロ野球新記録)を記録した。規定打席に達しての本塁打0を4度(2004・2006・2007・2008年)記録したのは久慈照嘉に続いて史上2人目であった。チームは7月下旬に優勝マジック46が点灯したものの8月以降低迷し、優勝を逃した。赤星はこの年のシーズンについて、「優勝と盗塁王を逃したショックは言葉では言い表せないほど大きかった」一方、2005年以来こだわってきた得点でリーグ最多を記録したことには「満足のいくシーズンだった」と振り返っている。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た野村克也

    JR東日本入社後まもなくシドニーオリンピックの強化指定選手に選ばれ、千葉ロッテマリーンズのキャンプに参加。この時赤星は「守備と走塁は何とかなりそうだ」という感触を得た。翌年には阪神タイガースのキャンプに参加。監督の野村克也から高い評価を得た。赤星曰く、強化指定選手に選ばれたことで「もしかして、まだプロ入りの可能性があるのかもしれない」と思うようになったという。、シドニーオリンピック野球日本代表に選出。在職中にJR東日本の車掌の資格を取得したが、一度も乗務することなくドラフト会議で指名を受けることになる。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た吉見一起

    350盗塁:2008年10月12日、対中日ドラゴンズ24回戦(スカイマークスタジアム)、7回裏に二盗(投手:吉見一起、捕手:谷繁元信) ※史上16人目赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た掛布雅之

    2010年より、『スポーツニッポン』紙の評論家に就任するとともに、同じく前年限りで現役引退した立浪和義・清水崇行と共に日本テレビプロ野球中継解説者となった。事実上2008年まで日本テレビ系列で解説を務めた掛布雅之の後任である。なお、系列の讀賣テレビ放送、ならびにゲスト解説出演の扱いで朝日放送(2011年からラジオのみ専属解説)、毎日放送、関西テレビ放送の中継にも出演。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た三木均

    200盗塁:2005年4月21日、対読売ジャイアンツ6回戦(東京ドーム)、6回表に二盗(投手:三木均、捕手:阿部慎之助) ※史上65人目赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見たくりぃむしちゅーくりぃむしちゅー

    土曜日に黒木知宏と隔週交代で出演。2012年3月17日の放送では、声帯ポリープの手術を受けた上田晋也(くりぃむしちゅー)の代理で、初めてMCを兼務した。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

188件中 21 - 30件表示

「赤星憲広」のニューストピックワード