188件中 31 - 40件表示
  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た米野智人

    250盗塁:2005年10月1日、対ヤクルトスワローズ21回戦(明治神宮野球場)、8回表に二盗(投手:花田真人、捕手:米野智人) ※史上38人目赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た尾花高夫

    一塁到達まで3.74秒、バント時には3.50秒を記録する元来の足の速さに加え、「球界で最も速いレベル」と言われた盗塁時のスピードが持ち味。巨人で投手コーチを務めていた尾花高夫には「誰が1番を打っても、存在感としては赤星の3分の1にも満たないんじゃないか」と言われた。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た清水崇行

    2010年より、『スポーツニッポン』紙の評論家に就任するとともに、同じく前年限りで現役引退した立浪和義・清水崇行と共に日本テレビプロ野球中継解説者となった。事実上2008年まで日本テレビ系列で解説を務めた掛布雅之の後任である。なお、系列の讀賣テレビ放送、ならびにゲスト解説出演の扱いで朝日放送(2011年からラジオのみ専属解説)、毎日放送、関西テレビ放送の中継にも出演。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た長谷川昌幸

    初本塁打:2001年8月4日、対広島東洋カープ17回戦(広島市民球場)、5回表に長谷川昌幸から左越ソロ赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た新庄剛志新庄 剛志

    入団会見で赤星は、それまで中堅手のレギュラーだった新庄剛志のFA移籍が決まった直後であったことを踏まえ、「新庄さんの穴を少しでも埋められるように頑張ります」と言うつもりであった。しかし実際には「新庄さんの穴はボクが埋めます」と宣言。1位で入団した藤田太陽以上に話題を集めることになった。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た読売ジャイアンツ

    刈谷南中学校時代は軟式野球部に所属。1・2年生時は内野手だった。赤星によると、ポジションが同じで赤星よりも足が速い上級生(後に読売ジャイアンツのトレーナーとなる鬼頭健介)に出会ったことで、初めて「この人を越えたい」という気持ちを抱き、それをきっかけに努力することの楽しさに目覚めた。努力することに楽しさを見出したことで、野球に取り込むことも楽しくて仕方がないと感じるようになった。赤星曰く、野球に取り組んでいる際の性格が「熱く」なったのも中学時代で、「小学校時代に眠っていた部分が目を覚ました」と振り返っている。赤星は「野球というスポーツがなかったら、きっと僕はこんなひとつのことに熱くなれる人間になっていない」、「僕は野球に凄く感謝している」と述べている。3年生の時は投手を務めた。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た朝日放送

    2010年より、『スポーツニッポン』紙の評論家に就任するとともに、同じく前年限りで現役引退した立浪和義・清水崇行と共に日本テレビプロ野球中継解説者となった。事実上2008年まで日本テレビ系列で解説を務めた掛布雅之の後任である。なお、系列の讀賣テレビ放送、ならびにゲスト解説出演の扱いで朝日放送(2011年からラジオのみ専属解説)、毎日放送、関西テレビ放送の中継にも出演。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た毎日放送

    2010年より、『スポーツニッポン』紙の評論家に就任するとともに、同じく前年限りで現役引退した立浪和義・清水崇行と共に日本テレビプロ野球中継解説者となった。事実上2008年まで日本テレビ系列で解説を務めた掛布雅之の後任である。なお、系列の讀賣テレビ放送、ならびにゲスト解説出演の扱いで朝日放送(2011年からラジオのみ専属解説)、毎日放送、関西テレビ放送の中継にも出演。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見たフジテレビジョン

    Mr.サンデー(フジテレビ・関西テレビ、コメンテーターとして不定期出演)赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た東日本旅客鉄道

    赤星は大学での4年間の経験を経て肉体的・精神的に成長したと感じ、東都大学リーグ優勝に貢献したという自負もあったことから、大学卒業時にはプロ野球を強く意識していた。しかし高校卒業時と同様、体が小さいという理由で声はかからなかった。当時の赤星にとってこれは「もうプロはあきらめなさいと言われたのも同然」で、プロ野球選手になることを諦め、JR東日本に入社、社会人野球で野球を続けた。赤星には11の社会人チームから声がかかり、その中にはJR東日本より強いチームもあったが、社会人野球の存続が危ぶまれる中、チームの強さよりも就職先としての安定感を優先させ、JR東日本を選択した。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

188件中 31 - 40件表示

「赤星憲広」のニューストピックワード