188件中 41 - 50件表示
  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た上新電機

    上新電機(2003年 - 2008年、今岡誠・矢野燿大、2008年より藤川球児と共演)赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見たゼット (企業)

    ゼット製の野球用具を愛用していた。きっかけはシドニーオリンピック出場時にオフィシャルメーカーからは冷遇されたのに対し、ゼットに丁重な扱いを受けたことにあった。プロ野球選手となり、2003年からスパイクシューズを自由に選べるようになった時、「自分のために親身になって開発・改良を積み重ねようとしてくれた姿勢が嬉しい」という理由から、競合メーカーと比べて「明らかに性能が劣っていたと思われる」ゼット製のものを選び、ともに改良に取り組んだ。赤星は「素足に近い感覚がいい」「足の裏と地面の距離を近くして、できるだけ土を感じられるように」という理由から「足にかかる負担が大きくなるのは覚悟のうえ」で、かかと部分の緩衝材を取り除くなど「スパイクの裏側、特にかかと部分はかなり薄く」なるデザインを要求した。赤星は「もし、他社のスパイクを選んでいたら400盗塁に届いたかもしれないというのが本音だ」としつつ、「(ゼットとの)信頼関係は、盗塁20個、30個以上の価値がある」と述べている。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見たテレビ朝日

    モーニングバード(テレビ朝日、2012年12月からコメンテーターとして不定期出演)赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た鶴田泰

    に金本知憲がFAで広島から移籍。キャンプ中、星野は事あるごとに金本・桧山進次郎・濱中治の名を挙げ、「赤星は代走要員」とコメント。キャンプにおいて赤星は必死に存在をアピールした。実際には星野の構想の中で赤星の中堅手レギュラーは確定しており、「赤星はガンガン言って、向かってこさせて伸びるタイプだから、あえてそういう発言をした」ものであった。シーズン中は2番打者として活躍。2番赤星が出塁し、3番の金本が打席に立つ状況が、互いの苗字から一文字をとって「金星ライン(ビーナスライン)」と呼ばれていた。9月15日に行なわれた対広島戦で、鶴田泰からサヨナラ安打を放ってマジック1とし、同日夜に阪神の18年ぶりの優勝が決定した。赤星はこのサヨナラヒットを、9年間の選手生活の中で最も印象に残る場面のひとつとして挙げている。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た濱中治

    、監督の野村は当時チーム内にいた俊足選手7人を「F1セブン」と命名し、赤星をその「1号車」に指名した。以下は藤本敦士(2号車)、沖原佳典(3号車)、上坂太一郎(4号車)、平下晃司(5号車)、松田匡司(6号車)、高波文一(7号車)であった。野村はまた、赤星が入団前に腰部のヘルニアを患った影響から調整が遅れていたにもかかわらず、一軍のキャンプに参加させた。前述のように赤星は非力で、2001年春のキャンプにおいても打球が内野の頭を越えないレベルであった(後に濱中治は「あの赤星さんがプロで活躍できるなんて、失礼ながら全く思いませんでした」と語っている)。野村は赤星に「出塁率を上げろ。三遊間に転がせ。内角も逃げるな」「打球が飛ぶというのは天性のもので、努力してもなかなか身につくものではないが、確率を上げることは練習で何とかなる」とアドバイスし、「自分の教えたようにやれば使える」と励ました。打撃練習においては藤本敦士とともに、「ゴム製のバンドを両ひじに巻いてゴロだけを打つ」ことを課せられた。赤星曰くこの練習により、右脇が開いてアッパースイング気味になる問題点が解消されていった。試合中、ベンチの中では野村の近くに座り、野村の発する言葉から「プロ野球のイロハを勉強させてもらった」という。赤星は「早い段階で、やみくもに努力するだけでは結果が出ない、考えてこそ結果に結びつくということを学べたのは大きかった」と振り返っている。走塁面の技術に関しては相当自信があり、クイックをきっちりやる投手が当時は少なかったことから「正直、プロでもこんなもんかと思った」とも。。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た中日ドラゴンズ

    、阪神の監督は野村から星野仙一に交替した。4月18日の対中日ドラゴンズ戦において自打球が右足に当たり、「足の速さをできるだけ活かそう」という思いからレガースをつけていなかったために右脛骨を骨折。3か月以上欠場し前半戦をほぼ棒に振り、復帰後はスランプに陥りながらも78試合に出場し26盗塁を記録。2年連続で盗塁王を獲得した。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た椎間板ヘルニア

    福岡ダイエーホークスと対戦した日本シリーズ第1戦でフリオ・ズレータが打ったサヨナラ安打にダイビングキャッチを試み、左ひじを負傷(左ひじ内側側副靱帯損傷。全治1か月)。この時赤星はアテネオリンピックアジア予選の日本代表メンバーに選出されていたが、ケガを理由に出場を辞退した。なお赤星は、ダイビングキャッチを試みた際に「首を支点に頭から一回転」したことが後に頸部の椎間板ヘルニアを発症する原因になった可能性があると述べている。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た広島東洋カープ

    赤星は1年目のシーズンを開幕一軍で迎えた。3月31日の対読売ジャイアンツ戦でセーフティーバントによるプロ初安打を記録。この安打について赤星は、相手投手が左投げで「簡単に凡退すれば、次に左ピッチャーと対戦する時に代打を送られる可能性が高くなる」場面であったことから、「たまたま一発で決まってラッキーな面もあった」と振り返っている。4月3日の対広島東洋カープ戦でプロ初盗塁を決めた。赤星はこの盗塁について、プロ生活における通算381個の盗塁の中で最も印象に残っていると振り返っている。5月にはレギュラーの座を獲得し、2番打者に定着して活躍。新人歴代4位となる39盗塁を記録し、阪神の選手としてはの吉田義男以来45年ぶり、阪神入団1年目の選手としてはの呉昌征以来となる盗塁王に輝き新人王も受賞。盗塁王と新人王のダブル受賞は史上初のことであった。さらにゴールデングラブ賞も受賞した。野村は赤星について、「よく練習していて、使おうという気にさせる選手だった」と評している。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た福岡ソフトバンクホークス

    福岡ダイエーホークスと対戦した日本シリーズ第1戦でフリオ・ズレータが打ったサヨナラ安打にダイビングキャッチを試み、左ひじを負傷(左ひじ内側側副靱帯損傷。全治1か月)。この時赤星はアテネオリンピックアジア予選の日本代表メンバーに選出されていたが、ケガを理由に出場を辞退した。なお赤星は、ダイビングキャッチを試みた際に「首を支点に頭から一回転」したことが後に頸部の椎間板ヘルニアを発症する原因になった可能性があると述べている。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見たゴールデングラブ賞

    赤星は1年目のシーズンを開幕一軍で迎えた。3月31日の対読売ジャイアンツ戦でセーフティーバントによるプロ初安打を記録。この安打について赤星は、相手投手が左投げで「簡単に凡退すれば、次に左ピッチャーと対戦する時に代打を送られる可能性が高くなる」場面であったことから、「たまたま一発で決まってラッキーな面もあった」と振り返っている。4月3日の対広島東洋カープ戦でプロ初盗塁を決めた。赤星はこの盗塁について、プロ生活における通算381個の盗塁の中で最も印象に残っていると振り返っている。5月にはレギュラーの座を獲得し、2番打者に定着して活躍。新人歴代4位となる39盗塁を記録し、阪神の選手としてはの吉田義男以来45年ぶり、阪神入団1年目の選手としてはの呉昌征以来となる盗塁王に輝き新人王も受賞。盗塁王と新人王のダブル受賞は史上初のことであった。さらにゴールデングラブ賞も受賞した。野村は赤星について、「よく練習していて、使おうという気にさせる選手だった」と評している。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

188件中 41 - 50件表示

「赤星憲広」のニューストピックワード