49件中 11 - 20件表示
  • 赤星貴文

    赤星貴文から見たモンテディオ山形

    同年7月、複数のクラブからオファーが届く中「チームの軸にしたい」と獲得に名乗りをあげたモンテディオ山形へのレンタル移籍が決定。赤星貴文 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星貴文

    赤星貴文から見たサンフレッチェ広島

    プロ初出場 2005年7月18日対サンフレッチェ広島赤星貴文 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星貴文

    赤星貴文から見た成岡翔

    高校時代は清水ユースへと進まず、静岡の名門藤枝東高校に進学。先輩の成岡翔(現福岡)から受け継いだ名門の10番を背負い、1年時からスタメンに定着した。在学当時、総体に2年連続出場、全日本ユース、高校選手権に2年連続と、当時の静岡勢としては最も多くの全国大会を経験したにもかかわらず、全国大会での目立ったタイトルはなく、三年時に静岡県選抜として優勝した埼玉国体が唯一のタイトルである。中でも、王国復活を掲げて臨んだ最後の高校選手権では、順調に3回戦へと駒を進めたが、強豪国見高校の前にPK戦の末敗れ涙を飲んだ。このPK戦で、藤枝東の第一キッカーを務めた赤星も失敗しており、試合後は大粒の涙を流して悔しがった。赤星貴文 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星貴文

    赤星貴文から見たバイエル・レバークーゼン

    2008年10月、長谷部誠(現VfLヴォルフスブルク)・小野伸二(現清水)の海外移籍でボランチを欠いていた浦和の事情もあり、2009年シーズンからの浦和への復帰が決定。同年12月に正式発表される。しかしその2009年シーズンは、チームが3バックから4バックに移行したことにより、前年までDFにコンバートされていた阿部勇樹や細貝萌(現バイエル・レバークーゼン)がボランチに復帰し、ポジション争いが激化。また、2列目でも原口元気、山田直輝といった赤星より更に若い世代の選手たちが台頭。出場機会に恵まれず、6月までの出場はナビスコカップの3試合のみ(全て途中出場、計36分)だった。赤星貴文 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星貴文

    赤星貴文から見たアビスパ福岡

    高校時代は清水ユースへと進まず、静岡の名門藤枝東高校に進学。先輩の成岡翔(現福岡)から受け継いだ名門の10番を背負い、1年時からスタメンに定着した。在学当時、総体に2年連続出場、全日本ユース、高校選手権に2年連続と、当時の静岡勢としては最も多くの全国大会を経験したにもかかわらず、全国大会での目立ったタイトルはなく、三年時に静岡県選抜として優勝した埼玉国体が唯一のタイトルである。中でも、王国復活を掲げて臨んだ最後の高校選手権では、順調に3回戦へと駒を進めたが、強豪国見高校の前にPK戦の末敗れ涙を飲んだ。このPK戦で、藤枝東の第一キッカーを務めた赤星も失敗しており、試合後は大粒の涙を流して悔しがった。赤星貴文 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星貴文

    赤星貴文から見た全国高等学校サッカー選手権大会

    高校時代は清水ユースへと進まず、静岡の名門藤枝東高校に進学。先輩の成岡翔(現福岡)から受け継いだ名門の10番を背負い、1年時からスタメンに定着した。在学当時、総体に2年連続出場、全日本ユース、高校選手権に2年連続と、当時の静岡勢としては最も多くの全国大会を経験したにもかかわらず、全国大会での目立ったタイトルはなく、三年時に静岡県選抜として優勝した埼玉国体が唯一のタイトルである。中でも、王国復活を掲げて臨んだ最後の高校選手権では、順調に3回戦へと駒を進めたが、強豪国見高校の前にPK戦の末敗れ涙を飲んだ。このPK戦で、藤枝東の第一キッカーを務めた赤星も失敗しており、試合後は大粒の涙を流して悔しがった。赤星貴文 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星貴文

    赤星貴文から見た日本フットボールリーグ

    2010年3月23日、チームの経営難に伴って契約解除となり、その後日本のJFL所属クラブ、ツエーゲン金沢と契約を結ぶ。海外移籍に関して移籍金がかからない条項を盛り込むなど、強い海外志向があり、7月に入ってラトビア・ヴィルスリーガのSKリエパーヤ・メタルルグスへの移籍が発表された。赤星貴文 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星貴文

    赤星貴文から見た長崎県立国見高等学校

    高校時代は清水ユースへと進まず、静岡の名門藤枝東高校に進学。先輩の成岡翔(現福岡)から受け継いだ名門の10番を背負い、1年時からスタメンに定着した。在学当時、総体に2年連続出場、全日本ユース、高校選手権に2年連続と、当時の静岡勢としては最も多くの全国大会を経験したにもかかわらず、全国大会での目立ったタイトルはなく、三年時に静岡県選抜として優勝した埼玉国体が唯一のタイトルである。中でも、王国復活を掲げて臨んだ最後の高校選手権では、順調に3回戦へと駒を進めたが、強豪国見高校の前にPK戦の末敗れ涙を飲んだ。このPK戦で、藤枝東の第一キッカーを務めた赤星も失敗しており、試合後は大粒の涙を流して悔しがった。赤星貴文 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星貴文

    赤星貴文から見たJサテライトリーグ

    2007年、サテライトの最終戦を累積警告で出場停止になり、2005年、GKなのに累積警告で出場停止になっている都築龍太に「ありえねー」といじられた。赤星貴文 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星貴文

    赤星貴文から見た水戸ホーリーホック

    浦和では1年目から公式戦デビューを果たしたが、選手層の厚い浦和の中で徐々に出場機会が減り、2007年シーズンはカップ戦も含め公式戦に出場することは無かった。2008年、出場機会を求め水戸ホーリーホックにレンタル移籍。水戸ではボランチとしてスタメンを奪取。2列目でも起用され、41試合出場、8得点と結果を残した。赤星貴文 フレッシュアイペディアより)

49件中 11 - 20件表示