49件中 31 - 40件表示
  • 赤星貴文

    赤星貴文から見たPK戦

    高校時代は清水ユースへと進まず、静岡の名門藤枝東高校に進学。先輩の成岡翔(現福岡)から受け継いだ名門の10番を背負い、1年時からスタメンに定着した。在学当時、総体に2年連続出場、全日本ユース、高校選手権に2年連続と、当時の静岡勢としては最も多くの全国大会を経験したにもかかわらず、全国大会での目立ったタイトルはなく、三年時に静岡県選抜として優勝した埼玉国体が唯一のタイトルである。中でも、王国復活を掲げて臨んだ最後の高校選手権では、順調に3回戦へと駒を進めたが、強豪国見高校の前にPK戦の末敗れ涙を飲んだ。このPK戦で、藤枝東の第一キッカーを務めた赤星も失敗しており、試合後は大粒の涙を流して悔しがった。赤星貴文 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星貴文

    赤星貴文から見たJドリーム

    週刊少年マガジンで連載されていた漫画作品『Jドリーム』の主人公「赤星鷹」に名前が似ており、しかも赤星鷹は浦和所属という設定だったため、赤星が浦和入団を決めた際は「『Jドリーム』が現実に」とサポーターの間で話題になった。赤星貴文 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星貴文

    赤星貴文から見たラトビア

    2010年3月23日、チームの経営難に伴って契約解除となり、その後日本のJFL所属クラブ、ツエーゲン金沢と契約を結ぶ。海外移籍に関して移籍金がかからない条項を盛り込むなど、強い海外志向があり、7月に入ってラトビア・ヴィルスリーガのSKリエパーヤ・メタルルグスへの移籍が発表された。赤星貴文 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星貴文

    赤星貴文から見たサッカー

    赤星 貴文(あかほし たかふみ、1986年(昭和61年)5月27日 - )は、静岡県富士市出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。ポーランド・1リーガ・MKSポゴニ・シュチェチン所属。赤星貴文 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星貴文

    赤星貴文から見たゲーマー

    同期入団の細貝萌のブログにて赤星がかなりのゲーマーであることが判明した。ウイニングイレブンが得意である。赤星貴文 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星貴文

    赤星貴文から見たVfLヴォルフスブルク

    2008年10月、長谷部誠(現VfLヴォルフスブルク)・小野伸二(現清水)の海外移籍でボランチを欠いていた浦和の事情もあり、2009年シーズンからの浦和への復帰が決定。同年12月に正式発表される。しかしその2009年シーズンは、チームが3バックから4バックに移行したことにより、前年までDFにコンバートされていた阿部勇樹や細貝萌(現バイエル・レバークーゼン)がボランチに復帰し、ポジション争いが激化。また、2列目でも原口元気、山田直輝といった赤星より更に若い世代の選手たちが台頭。出場機会に恵まれず、6月までの出場はナビスコカップの3試合のみ(全て途中出場、計36分)だった。赤星貴文 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星貴文

    赤星貴文から見たシロンスク・ヴロツワフ

    2009シーズン終了後、レンタル先の山形、所属元の浦和双方から契約満了の発表を受け、チームを退団。現役続行を希望し、合同トライアウトへの参加、またエクストラクラサ(ポーランド1部)のシロンスク・ヴロツワフへ練習参加するなど移籍先を模索していた。赤星貴文 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星貴文

    赤星貴文から見た日本プロサッカーリーグ

    全国大会での主な成績は少ないものの、2004年の高校選手権静岡県大会でMVPに輝くほどの逸材であり、赤星の視野の広さや判断力などは「近年の藤枝が生んだ最高傑作」とまで言われた。当時から既に高校生離れした実力を持ち、高校3年時にはジュニアユース時代に所属していた清水を始め、Jリーグの各球団が争奪戦を繰り広げた。赤星はその中から浦和レッズを選択。2005年に正式入団。赤星貴文 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星貴文

    赤星貴文から見た2009年のJリーグカップ

    2008年10月、長谷部誠(現VfLヴォルフスブルク)・小野伸二(現清水)の海外移籍でボランチを欠いていた浦和の事情もあり、2009年シーズンからの浦和への復帰が決定。同年12月に正式発表される。しかしその2009年シーズンは、チームが3バックから4バックに移行したことにより、前年までDFにコンバートされていた阿部勇樹や細貝萌(現バイエル・レバークーゼン)がボランチに復帰し、ポジション争いが激化。また、2列目でも原口元気、山田直輝といった赤星より更に若い世代の選手たちが台頭。出場機会に恵まれず、6月までの出場はナビスコカップの3試合のみ(全て途中出場、計36分)だった。赤星貴文 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星貴文

    赤星貴文から見た2009年のJリーグ

    2008年10月、長谷部誠(現VfLヴォルフスブルク)・小野伸二(現清水)の海外移籍でボランチを欠いていた浦和の事情もあり、2009年シーズンからの浦和への復帰が決定。同年12月に正式発表される。しかしその2009年シーズンは、チームが3バックから4バックに移行したことにより、前年までDFにコンバートされていた阿部勇樹や細貝萌(現バイエル・レバークーゼン)がボランチに復帰し、ポジション争いが激化。また、2列目でも原口元気、山田直輝といった赤星より更に若い世代の選手たちが台頭。出場機会に恵まれず、6月までの出場はナビスコカップの3試合のみ(全て途中出場、計36分)だった。赤星貴文 フレッシュアイペディアより)

49件中 31 - 40件表示