97件中 41 - 50件表示
  • ヒロユキ

    ヒロユキから見た赤松健赤松健

    漫画家の恵広史は実の姉。尊敬する漫画家は赤松健で、同人誌『ネギま!ファンブック計画』にて対談したこともある。ヒロユキ フレッシュアイペディアより)

  • RAN (漫画家)

    RAN (漫画家)から見た赤松健赤松健

    陸上防衛隊まおちゃん(『マガジンSPECIAL』2003年4月号 - 2004年10月号、原作:赤松健) - デビュー作。RAN (漫画家) フレッシュアイペディアより)

  • ネギほ(幼)文

    ネギほ(幼)文から見た赤松健赤松健

    『ネギほ(幼)文』(ねぎほ)は赤松健原作、YUI作画による漫画作品。『別冊少年マガジン』(講談社)2010年10月号から2011年11月号まで連載。出張読み切りとして『週刊少年マガジン』2011年22・23合併号に特別編が掲載された。ネギほ(幼)文 フレッシュアイペディアより)

  • 魔法先生ネギま!

    魔法先生ネギま!から見た赤松健赤松健

    『魔法先生ネギま!』(まほうせんせいネギま!)は赤松健の漫画作品。略称は「ネギま」。『週刊少年マガジン』2003年13号(同年2月26日発売)から2012年15号(同年3月14日発売)まで連載された。全355話。物語は魔法使いの少年、ネギが30人(実際は31人)の女子中学生のクラスの担任となるところから始まる。序盤は「子供先生」のネギが個性的な女子生徒達に振り回される「ドタバタラブコメ」風の展開を見せていたが、話が進むにつれて本来のテーマである「父親越え」が表面化し、それに係わる者達との「バトル」路線と、従来の「ラブコメ」路線とが交互に描かれるようになる。生徒たちの中にも魔法の存在を知ることになる者や、実は前から知っていたという者が現われ、ネギは彼女たちに支えられながら、魔法使いの世界で英雄だった父の足跡を追って成長していく。魔法先生ネギま! フレッシュアイペディアより)

  • 久米田康治

    久米田康治から見た赤松健赤松健

    『週刊少年サンデー』時代から赤松健とのやり取りがあった。『改蔵』や『絶望先生』で赤松の『ラブひな』や『魔法先生ネギま!』をネタにし、後日、赤松が公式サイトの日記で「久米田の野郎」と発言した。後に赤松はこの発言を、敵意ではなくジョークであり、「もっと弄ってくれ」の意であると弁解している。『改蔵』が第25回講談社漫画賞少年部門にノミネートされたものの、受賞したのは『ラブひな』であったことも『改蔵』でネタにされた(その後、『絶望先生』が第31回の同賞を受賞した)。2007年現在は赤松と共に週刊少年マガジンで連載を持つが、実は面識はないという(毎年恒例となっているエイプリルフールのネタで、講談社内で会っているという日記を書いた程)。また赤松が公式サイト2007年10月9日の日記において「何か久米田の野郎が、やっぱりウチのビルの近辺に生息しているらしく、雑誌『オトナアニメ』のインタビュー記事で、『赤松スタジオは高層マンションの最上階辺りで、いつも灯りがついているから分かる』みたいなことを言っておりました。(笑)」と語っていることから、赤松スタジオの入居しているビルの近くに住んでいることと見られる。また、赤松自身も久米田の作品をネタにしたことがあり、『ネギま!』20巻に「失望先公(18禁)」という同人誌が登場する。久米田康治 フレッシュアイペディアより)

  • 柚木涼太

    柚木涼太から見た赤松健赤松健

    『月刊少年ガンガン』2007年12月号で「ぎゃくてん☆メイデン」によりGIガンガン杯特別奨励賞を受賞するが、結果発表の際に掲載されたカットが赤松健「魔法先生ネギま!」に酷似しているとの批判がブログに殺到し炎上する騒動となった。その際、編集者より萌え漫画の分野で人気の高い赤松健の画風をマスターしてから自分の絵柄を確立するようアドバイスを受けて試行錯誤していた中で描いた作品であったと釈明すると共に、謝罪の意を表明。これらの受賞作はいずれも雑誌掲載には至らなかったが、同年12月22日発売の『ガンガンパワード』No.10に掲載された「4ページで4コママンガをやってみないか?」エントリー作品「でぃあ♥妹!」で商業デビュー。柚木涼太 フレッシュアイペディアより)

  • マガジンSPECIAL

    マガジンSPECIALから見た赤松健赤松健

    A・Iが止まらない!(赤松健) 1994年月号 - 1997年9月号、← 本誌より移籍マガジンSPECIAL フレッシュアイペディアより)

  • アシスタント (漫画)

    アシスタント (漫画)から見た赤松健赤松健

    特にJ.A.C.(Japan Assistants Club)の利用率が高い。他には赤松健が立ち上げたマッチングサイト「GANMO(がんも)」などがある。アシスタント (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 出口竜正

    出口竜正から見た赤松健赤松健

    2010年、赤松健と共に株式会社Jコミを立ち上げる。出口竜正 フレッシュアイペディアより)

  • 八神健

    八神健から見た赤松健赤松健

    赤松健と親交があり、自身のHPに掲示板を設置する際に協力してもらっている。八神健 フレッシュアイペディアより)

97件中 41 - 50件表示