85件中 61 - 70件表示
  • 麻帆良学園都市

    麻帆良学園都市から見た赤松健赤松健

    麻帆良学園都市(まほらがくえんとし)は、赤松健原作の漫画・アニメ作品『魔法先生ネギま!』に登場する、架空の学園都市。麻帆良学園都市 フレッシュアイペディアより)

  • 児童ポルノ

    児童ポルノから見た赤松健赤松健

    その他著名人では、宮崎哲弥、勝谷誠彦、藤井誠二、伊集院光、森永卓郎、江川達也、マツコ・デラックス、井上伸一郎、赤松健などが、出演するテレビ番組・ラジオ番組・ブログなどで表現の規制に反対もしくは慎重の態度を示している。児童ポルノ フレッシュアイペディアより)

  • 二次創作物

    二次創作物から見た赤松健赤松健

    2013年、二次創作同人誌作成や同人誌即売会での無断配布を有償・無償問わず原作者が許可する意思を示すための同人マークという新たなライセンスがコモンズスフィアによって公開された。これは環太平洋戦略的経済連携協定 (TPP) 交渉で著作権侵害が非親告罪化される可能性が言及され、実際に非親告罪化された場合に第三者による告発などで権利者が黙認したいケースでも訴訟に発展するなどの事態を防ぐことを目的に漫画家の赤松健が発案したライセンスであり、赤松自身の漫画作品で『週刊少年マガジン』2013年39号(同年8月28日発売)より連載開始のUQ HOLDER!で採用されている。二次創作物 フレッシュアイペディアより)

  • ボーステック

    ボーステックから見た赤松健赤松健

    後に漫画家となる赤松健が高校生時代に作成した。ボーステック フレッシュアイペディアより)

  • コミックボンボン

    コミックボンボンから見た赤松健赤松健

    2006年11月号 - 2007年11月号:『ネギま!?neo』 原作:赤松健、作画:藤真拓哉※休刊後、『マガジンSPECIAL』に移籍。コミックボンボン フレッシュアイペディアより)

  • Jコミ

    Jコミから見た赤松健赤松健

    株式会社Jコミ(ジェイコミ)は、絶版となった漫画、ライトノベル、TRPGルールブックなどを電子書籍として配信するウェブサイト「マンガ図書館Z」を運営する企業である。代表取締役社長は漫画家の赤松健Jコミ フレッシュアイペディアより)

  • 出口竜正

    出口竜正から見た赤松健赤松健

    2010年、赤松健と共に株式会社Jコミを立ち上げる。出口竜正 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬尾公治

    瀬尾公治から見た赤松健赤松健

    『君のいる町』公式ガイドブックの対談にて赤松健は、打ち上げの二次会で月山可也と飲んでいるところを見て「美少年が2人」と思い、長年、アシスタントの半分が女性であることについて「非常に繊細な感性の持ち主。女性のアシスタントを抵抗なく使えるのは、女性の心に相当敏感じゃないと無理。現に私には絶対できませんから」と話している。瀬尾公治 フレッシュアイペディアより)

  • 別冊少年マガジン

    別冊少年マガジンから見た赤松健赤松健

    この他、純粋な『別冊少年マガジン』からの映像化ではないが、2011年に「XXXHOLiC・籠」(CLAMP)がOVA化、2014年に「スイートプールサイド」(押見修造)が実写映画化、2015年に「それでも僕は君が好き」(原作:徐誉庭、漫画:絵本奈央)がテレビドラマ化、2017年に「アホガール」(ヒロユキ)、「徒然チルドレン」(若林稔弥)がテレビアニメ化、「UQ HOLDER!」(赤松健)がOAD化及びテレビアニメ化されている。別冊少年マガジン フレッシュアイペディアより)

  • 小坂理絵

    小坂理絵から見た赤松健赤松健

    Jコミを立ち上げた赤松健は、小坂が大学生の頃に在籍していた漫画研究部の後輩にあたり、在学当時は小坂がペン入れのアドバイス等を行ったという。小坂理絵 フレッシュアイペディアより)

85件中 61 - 70件表示