77件中 31 - 40件表示
  • 赤松健

    赤松健から見た戦闘

    例えばチーフアシスタントの「MAGI(まぎぃ)」は作画作業の一部を分担していることで知られ、特にアクション描写やドローイング、各種デザインなどを担当していることが本人のコメントなどから窺える。このように、アシスタントの才能や個性を引き出して作品に反映させる共同作業を好んでおり、他にも背景美術に秀でた「MAX」や、語学や古典関係の知識を担当する「みのる」、3Dモデリング担当の「山下」などが在籍している。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見たアシスタント (漫画)

    多くの週刊作家と同様に、個人作業ではなくアシスタントと共に作品を提供しており、その点はスタジオ形式を採っている他の漫画家と変わらないが、大学時代に所属していたアニメーション研究会での経験を活かして、アニメ制作スタジオに近い形式を構築している。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見たデザイン

    元アシスタントの漫画家には綾永らんがいる。現在はまぎぃの妻でもあり、独立後もスタジオを訪ねて、デザイン協力をしたりヘルパー参加することがある。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見たデジタル

    『魔法先生ネギま!』の途中からはデジタル+アナログの手法へと推移している。校舎・広場といった背景や小道具、さらには群衆などの一部に至るまでをCGソフトの『LightWave 3D』で製図した後にプリントアウトし、手作業でディテールやトーンを追加する。そのような過程を経て作成された素材が、やはり「貼り込み」技法によって原稿用紙に合成される点は従来と変わらない。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見たかってに改蔵

    赤松健の作品は久米田康治の漫画『かってに改蔵』でネタにされることが多く、本人はネット上でそれを喜んでいた節があった(久米田の次回作『さよなら絶望先生』では同じマガジンに移籍してきたにも拘らず、あまりネタにされず残念がってもいた。なお「オトナアニメ」の久米田のインタビューによると『絶望先生』で他の作家をネタにする事は『マガジン』編集部から禁止されているらしい)。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見た法人

    なお、2003年以降、スタジオは法人化されている。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見たデュープリズム

    実弟である赤松智は、旧スクウェア(現スクウェア・エニックス)の社員で、『デュープリズム』や『FFX』や『FFX-2』や『キングダム ハーツ』、PS2の『半熟英雄』などの音楽プログラムをしていた。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見た週刊少年マガジン新人漫画賞

    高校ではマイコン部(部長)に所属。マイコン部在籍時の1985年には、PC-8801向けにアクションRPG『パラディン』を制作(発売元はボーステック)。その後、大学ではアニメーション研究会、漫画研究会、映画研究会に所属。1993年、『ひと夏のKIDSゲーム』で第50回週刊少年マガジン新人漫画賞入選。審査員特別賞を受賞し、漫画家生活に入る。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見たエアギア

    『魔法先生ネギま!』の頃まで『Level-X』(レベルテン)という同人サークルを主宰していたが、プロとしての仕事が忙しくなったのでやめた。大学入学まで、同人誌即売会参加経験は無かった。逆に他の作家が自分の作品の同人誌を執筆する事はたとえ成人向け表現を含むものであっても歓迎するスタンス。また、同人誌上ではあるが『ドージンワーク』のヒロユキと対談したこともある。また、大暮維人とも仲が良く、『マガジン』で対談したり、大暮作の『エアギア』では『ネギま!』のエピソードがまるまるコピーで使用され、キャラの心を変えるというコラボともとれるものを描いた。また、サンデー・マガジン50周年期間ではサンデーで「ハヤテのごとく!」を連載している畑健二郎とも対談し、コラボイラストを共に描いた(これがきっかけで友好関係になり、2011年8月に公開された両者の劇場版アニメが史上初の同時上映を果たすことになる)。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見たパラディン

    高校ではマイコン部(部長)に所属。マイコン部在籍時の1985年には、PC-8801向けにアクションRPG『パラディン』を制作(発売元はボーステック)。その後、大学ではアニメーション研究会、漫画研究会、映画研究会に所属。1993年、『ひと夏のKIDSゲーム』で第50回週刊少年マガジン新人漫画賞入選。審査員特別賞を受賞し、漫画家生活に入る。赤松健 フレッシュアイペディアより)

77件中 31 - 40件表示