77件中 41 - 50件表示
  • 赤松健

    赤松健から見たネギほ(幼)文

    ネギほ\(幼\)文(2010年 - 2011年、別冊少年マガジン、原作)赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見た二次創作物

    二次創作や権利関係を円滑にするための模索・講義も行っており、その一つとして2013年に二次創作同人誌作成や同人誌即売会での無断配布を有償・無償問わず原作者が許可する意思を示すための同人マークという新たなライセンスがコモンズスフィアによって公開されたが、これは環太平洋戦略的経済連携協定 (TPP) 交渉で非親告罪化される可能性が言及され、実際に非親告罪化された場合に第三者による告発などで権利者が黙認したいケースでも訴訟に発展するなどの事態を防ぐことを目的に赤松が発案したもので、自身の作品で『週刊少年マガジン』2013年39号(同年8月28日発売)より連載開始の『UQ HOLDER!』で採用している。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見たハヤテのごとく!

    『魔法先生ネギま!』の頃まで『Level-X』(レベルテン)という同人サークルを主宰していたが、プロとしての仕事が忙しくなったのでやめた。大学入学まで、同人誌即売会参加経験は無かった。逆に他の作家が自分の作品の同人誌を執筆する事はたとえ成人向け表現を含むものであっても歓迎するスタンス。また、同人誌上ではあるが『ドージンワーク』のヒロユキと対談したこともある。また、大暮維人とも仲が良く、『マガジン』で対談したり、大暮作の『エアギア』では『ネギま!』のエピソードがまるまるコピーで使用され、キャラの心を変えるというコラボともとれるものを描いた。また、サンデー・マガジン50周年期間ではサンデーで「ハヤテのごとく!」を連載している畑健二郎とも対談し、コラボイラストを共に描いた(これがきっかけで友好関係になり、2011年8月に公開された両者の劇場版アニメが史上初の同時上映を果たすことになる)。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見たアニメーション

    高校ではマイコン部(部長)に所属。マイコン部在籍時の1985年には、PC-8801向けにアクションRPG『パラディン』を制作(発売元はボーステック)。その後、大学ではアニメーション研究会、漫画研究会、映画研究会に所属。1993年、『ひと夏のKIDSゲーム』で第50回週刊少年マガジン新人漫画賞入選。審査員特別賞を受賞し、漫画家生活に入る。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見た陸上防衛隊まおちゃん

    陸上防衛隊まおちゃん(2002年、原作)赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見たメディアミックス

    『A・Iが止まらない!』・『ラブひな』(第25回講談社漫画賞受賞)で人気を確立。美少女ラブ・コメディーものに本領を示し、その成果は『魔法先生ネギま!』に結晶。アニメやCD化などのメディアミックスがされている。また、ユニクロから『週刊少年マガジン』と『週刊少年サンデー』創刊50周年を記念した「サンデー・マガジン コラボグラフィックTシャツ」の一枚として『ラブひな』と『魔法先生ネギま!』のコラボTシャツが2種類発売された。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見たコンピュータグラフィックス

    例えばチーフアシスタントの「MAGI(まぎぃ)」は作画作業の一部を分担していることで知られ、特にアクション描写やドローイング、各種デザインなどを担当していることが本人のコメントなどから窺える。このように、アシスタントの才能や個性を引き出して作品に反映させる共同作業を好んでおり、他にも背景美術に秀でた「MAX」や、語学や古典関係の知識を担当する「みのる」、3Dモデリング担当の「山下」などが在籍している。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見たスキャンレーション

    2010年、絶版漫画の電子書籍を無料、DRMフリーの広告モデルで配信する企業Jコミを設立、代表取締役社長に就任した。絶版になった漫画は中古で売買されているが、漫画家の利益にならない。また、ファイル共有ソフトやスキャンレーションなどによる違法流通も止められない状況になっていた。このような状況でも漫画家が利益が得られるよう、「絶版マンガの図書館」を作る意向である。設立の際、週刊少年マガジン(講談社)との専属契約を解除した。また、実験として『ラブひな』全14巻を無料公開し、1週間で170万ダウンロードされたという。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見たバンクシステム

    作画に対するこだわりとしては、「貼り込み」と呼ばれる制作手法を『A・Iが止まらない!』より使用している。「貼り込み」とは、背景、人物などのオブジェクト、描き文字などを別々の用紙に作画し、切り抜いたそれらをコマ単位で原稿用紙に貼り重ねて仕上げるという、極めて手作業感の高いアナログ的な手法である。それによって、多重的で緻密な画面の構成や、共同作業による制作の効率化、バンクシステムの導入などが意図されている。このため、その完成原稿は他の漫画家のものと比較して「分厚くて重い」とのことである。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見た漫画家

    赤松 健(あかまつ けん、1968年7月5日 - )は、日本の漫画家・実業家。東京都東久留米市出身。男性。血液型はB型。主に『週刊少年マガジン』(講談社)にて作品を発表している。株式会社Jコミの代表取締役社長、日本漫画家協会理事を務める。赤松健 フレッシュアイペディアより)

77件中 41 - 50件表示