77件中 51 - 60件表示
  • 赤松健

    赤松健から見たLightWave 3D

    『魔法先生ネギま!』の途中からはデジタル+アナログの手法へと推移している。校舎・広場といった背景や小道具、さらには群衆などの一部に至るまでをCGソフトの『LightWave 3D』で製図した後にプリントアウトし、手作業でディテールやトーンを追加する。そのような過程を経て作成された素材が、やはり「貼り込み」技法によって原稿用紙に合成される点は従来と変わらない。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見たドージンワーク

    『魔法先生ネギま!』の頃まで『Level-X』(レベルテン)という同人サークルを主宰していたが、プロとしての仕事が忙しくなったのでやめた。大学入学まで、同人誌即売会参加経験は無かった。逆に他の作家が自分の作品の同人誌を執筆する事はたとえ成人向け表現を含むものであっても歓迎するスタンス。また、同人誌上ではあるが『ドージンワーク』のヒロユキと対談したこともある。また、大暮維人とも仲が良く、『マガジン』で対談したり、大暮作の『エアギア』では『ネギま!』のエピソードがまるまるコピーで使用され、キャラの心を変えるというコラボともとれるものを描いた。また、サンデー・マガジン50周年期間ではサンデーで「ハヤテのごとく!」を連載している畑健二郎とも対談し、コラボイラストを共に描いた(これがきっかけで友好関係になり、2011年8月に公開された両者の劇場版アニメが史上初の同時上映を果たすことになる)。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見たPC-8800シリーズ

    高校ではマイコン部(部長)に所属。マイコン部在籍時の1985年には、PC-8801向けにアクションRPG『パラディン』を制作(発売元はボーステック)。その後、大学ではアニメーション研究会、漫画研究会、映画研究会に所属。1993年、『ひと夏のKIDSゲーム』で第50回週刊少年マガジン新人漫画賞入選。審査員特別賞を受賞し、漫画家生活に入る。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見た3次元コンピュータグラフィックス

    『魔法先生ネギま!』の途中からはデジタル+アナログの手法へと推移している。校舎・広場といった背景や小道具、さらには群衆などの一部に至るまでをCGソフトの『LightWave 3D』で製図した後にプリントアウトし、手作業でディテールやトーンを追加する。そのような過程を経て作成された素材が、やはり「貼り込み」技法によって原稿用紙に合成される点は従来と変わらない。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見た実業家

    赤松 健(あかまつ けん、1968年7月5日 - )は、日本の漫画家・実業家。東京都東久留米市出身。男性。血液型はB型。主に『週刊少年マガジン』(講談社)にて作品を発表している。株式会社Jコミの代表取締役社長、日本漫画家協会理事を務める。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見た日本

    赤松 健(あかまつ けん、1968年7月5日 - )は、日本の漫画家・実業家。東京都東久留米市出身。男性。血液型はB型。主に『週刊少年マガジン』(講談社)にて作品を発表している。株式会社Jコミの代表取締役社長、日本漫画家協会理事を務める。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見た週刊少年サンデー

    『A・Iが止まらない!』・『ラブひな』(第25回講談社漫画賞受賞)で人気を確立。美少女ラブ・コメディーものに本領を示し、その成果は『魔法先生ネギま!』に結晶。アニメやCD化などのメディアミックスがされている。また、ユニクロから『週刊少年マガジン』と『週刊少年サンデー』創刊50周年を記念した「サンデー・マガジン コラボグラフィックTシャツ」の一枚として『ラブひな』と『魔法先生ネギま!』のコラボTシャツが2種類発売された。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見たおたく

    2007年8月8日放送の『世界バリバリ★バリュー』(毎日放送)で、売れている漫画家の一人として紹介された際に「私が、オタクですから」と自らがオタクである事を公表した。また、「僕がオタクだからオタクの好みが分かる」とも発言している。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見たApple II

    アップルコンピュータ(現:アップル)の「Apple II」を所持している。その実機は、本人のツイッターでしばし見る事が出来る。所有機のバージョンは、最終版のsystem6.0.1だと言う。「Apple II」は1977年に発売と古く、また同社のパソコン第二号機である事と2012年現在、現役稼働してる事からネット上で話題になっている。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見た同人誌即売会

    二次創作や権利関係を円滑にするための模索・講義も行っており、その一つとして2013年に二次創作同人誌作成や同人誌即売会での無断配布を有償・無償問わず原作者が許可する意思を示すための同人マークという新たなライセンスがコモンズスフィアによって公開されたが、これは環太平洋戦略的経済連携協定 (TPP) 交渉で非親告罪化される可能性が言及され、実際に非親告罪化された場合に第三者による告発などで権利者が黙認したいケースでも訴訟に発展するなどの事態を防ぐことを目的に赤松が発案したもので、自身の作品で『週刊少年マガジン』2013年39号(同年8月28日発売)より連載開始の『UQ HOLDER!』で採用している。赤松健 フレッシュアイペディアより)

77件中 51 - 60件表示