80件中 51 - 60件表示
  • 赤松健

    赤松健から見たApple II

    アップルコンピュータ(現:アップル)の「Apple II」を所持している。その実機は、本人のツイッターでしばし見る事が出来る。所有機のバージョンは、最終版のsystem6.0.1だと言う。「Apple II」は1977年に発売と古く、また同社のパソコン第二号機である事と2012年現在、現役稼働してる事からネット上で話題になっている。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見たさよなら絶望先生

    赤松健の作品は久米田康治の漫画『かってに改蔵』でネタにされることが多く、本人はネット上でそれを喜んでいた節があった(久米田の次回作『さよなら絶望先生』では同じマガジンに移籍してきたにも拘らず、あまりネタにされず残念がってもいた。なお「オトナアニメ」の久米田のインタビューによると『絶望先生』で他の作家をネタにする事は『マガジン』編集部から禁止されているらしい)。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見たLightWave

    『魔法先生ネギま!』の途中からはデジタル+アナログの手法へと推移している。校舎・広場といった背景や小道具、さらには群衆などの一部に至るまでを3Dモデリングソフトの『LightWave』で製図した後にプリントアウトし、手作業でディテールやトーンを追加する。そのような過程を経て作成された素材が、やはり「貼り込み」技法によって原稿用紙に合成される点は従来と変わらない。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見たアクションロールプレイングゲーム

    高校ではマイコン部(部長)に所属。マイコン部在籍時の1985年には、PC-8801向けにアクションRPG『パラディン』を制作(発売元はボーステック)。その後、大学ではアニメーション研究会、漫画研究会、映画研究会に所属。1993年、『ひと夏のKIDSゲーム』で第50回週刊少年マガジン新人漫画賞入選。審査員特別賞を受賞し、漫画家生活に入る。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見た海城中学校・高等学校

    海城高等学校、中央大学文学部文学科国文学専攻卒業。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見たいつだってMyサンタ!

    いつだってMyサンタ!(1998年『週刊少年マガジン』4・5合併号掲載・読み切り、Jコミ掲載)赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見た半熟英雄

    実弟である赤松智は、旧スクウェア(現スクウェア・エニックス)の社員で、『デュープリズム』や『FFX』や『FFX-2』や『キングダム ハーツ』、PS2の『半熟英雄』などの音楽プログラムをしていた。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見たアナログ

    作画に対するこだわりとしては、「貼り込み」と呼ばれる制作手法を『A・Iが止まらない!』より使用している。「貼り込み」とは、背景、人物などのオブジェクト、描き文字などを別々の用紙に作画し、切り抜いたそれらをコマ単位で原稿用紙に貼り重ねて仕上げるという、極めて手作業感の高いアナログ的な手法である。それによって、多重的で緻密な画面の構成や、共同作業による制作の効率化、バンクシステムの導入などが意図されている。このため、その完成原稿は他の漫画家のものと比較して「分厚くて重い」とのことである。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見たアニメ会

    結婚5周年記念に開いたイベント「ナナヒカリツワー」の打ち合わせで彼女に会ったアニメ会のサンキュータツオは、イベントの行われた週のネットラジオ『二次元へいきまっしょい』で「結婚して下さいって言いそうなりましもの」と言った。尚、彼は都合上(代表の国井咲也によると「失礼な発言をするから」と言う理由もあった)イベントの司会として参加は出来ず、国井を含む3人のアニメ会のメンバーが司会を務めた。また、そのイベントでは音大出身である事もあって、歌を披露したそうである。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見たABO式血液型

    赤松 健(あかまつ けん、1968年7月5日 - )は、日本の漫画家・実業家。東京都東久留米市出身。男性。血液型はB型。主に『週刊少年マガジン』(講談社)にて作品を発表している。株式会社Jコミの代表取締役社長を務める。赤松健 フレッシュアイペディアより)

80件中 51 - 60件表示