1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
77件中 71 - 77件表示
  • 赤松健

    赤松健から見た半熟英雄

    実弟である赤松智は、旧スクウェア(現スクウェア・エニックス)の社員で、『デュープリズム』や『FFX』や『FFX-2』や『キングダム ハーツ』、PS2の『半熟英雄』などの音楽プログラムをしていた。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見たアナログ

    作画に対するこだわりとしては、「貼り込み」と呼ばれる制作手法を『A・Iが止まらない!』より使用している。「貼り込み」とは、背景、人物などのオブジェクト、描き文字などを別々の用紙に作画し、切り抜いたそれらをコマ単位で原稿用紙に貼り重ねて仕上げるという、極めて手作業感の高いアナログ的な手法である。それによって、多重的で緻密な画面の構成や、共同作業による制作の効率化、バンクシステムの導入などが意図されている。このため、その完成原稿は他の漫画家のものと比較して「分厚くて重い」とのことである。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見たマガジンSPECIAL

    A・Iが止まらない!(1994年 - 1997年、週刊少年マガジン→マガジンSPECIAL赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見た熊本県

    1968年7月5日、愛知県名古屋市生まれ。引越し等により熊本県や神奈川県にも在住歴があり、東京都東久留米市で育つ。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見た愛知県

    1968年7月5日、愛知県名古屋市生まれ。引越し等により熊本県や神奈川県にも在住歴があり、東京都東久留米市で育つ。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見た神奈川県

    1968年7月5日、愛知県名古屋市生まれ。引越し等により熊本県や神奈川県にも在住歴があり、東京都東久留米市で育つ。赤松健 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松健

    赤松健から見た同人マーク

    二次創作や権利関係を円滑にするための模索・講義も行っており、その一つとして2013年に二次創作同人誌作成や同人誌即売会での無断配布を有償・無償問わず原作者が許可する意思を示すための同人マークという新たなライセンスがコモンズスフィアによって公開されたが、これは環太平洋戦略的経済連携協定 (TPP) 交渉で非親告罪化される可能性が言及され、実際に非親告罪化された場合に第三者による告発などで権利者が黙認したいケースでも訴訟に発展するなどの事態を防ぐことを目的に赤松が発案したもので、自身の作品で『週刊少年マガジン』2013年39号(同年8月28日発売)より連載開始の『UQ HOLDER!』で採用している。赤松健 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
77件中 71 - 77件表示