前へ 1 2 3 4 5 6
57件中 1 - 10件表示
  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た赤田将吾赤田将吾

    2月5日にキャンプ地の宮古島市のホテルで、小瀬浩之が転落死する事態が起きた。直後に阿部真宏とのトレードで埼玉西武から赤田将吾を獲得している。3月20日から3月26日まで、1989年以来のパ・リーグ開幕4連勝を果たす。4月2日から4月7日まで5連敗・合計37失点と大量失点されたこともあり、4月8日に1軍バッテリーコーチの三輪隆が2軍バッテリーコーチに降格、2軍バッテリーコーチの吉原孝介を1軍バッテリーコーチに昇格する人事を発表した。交流戦に入ると、16勝8敗の好成績を残し、6月13日の対横浜ベイスターズ戦を7-2で勝利し、交流戦6年目で初優勝した。交流戦後の後半戦に入ると一時は3位に浮上したものの主力選手の不振等で連敗を繰り返し、その後もCS出場圏内にとどまっていたが9月26日、日本ハムが勝ち、勝率差で日本ハムに及ばなくなったため、2年連続のBクラスが、9月28日には4年ぶりの5位が決定した。T-岡田が本塁打王、金子千尋が最多勝を獲得している。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のオリックス・バファローズ

    2013年のオリックス・バファローズから見た赤田将吾赤田将吾

    前年最下位に終わったバファローズは積極的にチームの再建を図り、20人以上の選手が入れ替わった。投手陣では、トレードやFA補償により、東野峻、馬原孝浩、八木智哉を獲得した一方で、木佐貫洋、寺原隼人(FA移籍)が退団した。野手陣は、トレードにより糸井嘉男を獲得し、FAで平野恵一がチームに復帰した。その一方、トレードで赤田将吾と大引啓次、FAで日高剛が退団し、さらに、2001年に近鉄バファローズで3点差からパ・リーグ優勝を決める逆転サヨナラ満塁本塁打を放った北川博敏が現役引退した。2013年のオリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の北海道日本ハムファイターズ

    2013年の北海道日本ハムファイターズから見た赤田将吾赤田将吾

    田中賢介がFAでメジャー移籍した一方で、野手と投手の二刀流挑戦で話題を呼んだ大谷翔平がドラフトで入団し、1月に糸井嘉男、八木智哉とオリックスの木佐貫洋、大引啓次、赤田将吾の2対3のトレードが成立したことから、前年のリーグ優勝から大きくメンバーが入れ替わった。シーズンが始まると5割弱の勝率が長く続き、7月に一時勝率5割を越えるも7月中に借金生活に戻り、その後は勝率5割に復帰することなく、借金14のリーグ最下位に終わった。成績は64勝78敗2分で勝率・451はチーム8年ぶりの負け越し、チーム防御率は2006年以降1位、2位だったが同年はリーグ5位、失策はリーグワーストの88を記録した。2013年の北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 深江真登

    深江真登から見た赤田将吾赤田将吾

    、春季キャンプからドラフト1位の駿太とともに一軍キャンプに帯同。俊足を武器に実力をアピールし、共にルーキー開幕一軍を勝ち取った。この年は一軍で29試合に出場し、8月からはスタメン出場する機会も得た。8月9日の対楽天戦では、10回裏1死に竹原直隆の代走として出場してプロ初盗塁を決め、鈴木郁洋の遊撃ゴロの間に三進するという果敢な走塁を見せ、赤田将吾のサヨナラ安打でサヨナラのホームを踏んだ。また、8月14日の対西武戦でも10回裏2死にアーロム・バルディリスの代走として出場し、李承燁のサヨナラ本塁打でサヨナラのホームを踏んでいる。9月15日の対楽天戦でも、延長10回裏に安打を放って出塁すると、赤田将吾の適時打でサヨナラの走者となっている。深江真登 フレッシュアイペディアより)

  • 木佐貫洋

    木佐貫洋から見た赤田将吾赤田将吾

    ''1月25日、糸井嘉男・八木智哉との交換トレードで赤田将吾・大引啓次と共に北海道日本ハムファイターズへ移籍。同年5月20日の巨人戦では7回を1失点で勝利投手となり、史上12人目の全球団(近鉄を除く12球団)からの勝利を達成した。なお、この試合では高校時代に投げ合った巨人先発の杉内に投げ勝ち、1998年夏の全国高等学校野球選手権鹿児島大会の決勝で投げ負けて以来、約15年ぶりの投げ合いを制している。同年シーズン終了まで先発ローテーションの一角を担い、2桁勝利には届かなかったものの、最終的にはブライアン・ウルフと並んでチームトップタイとなる9勝をマークした。木佐貫洋 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亮

    鈴木亮から見た赤田将吾赤田将吾

    愛工大名電では1学年上に石堂克利がおり、2年次には控え投手としてベンチ入りし夏の甲子園に出場。1回戦で赤田将吾を擁する日南学園に敗れている。3年次にはエースとなり、夏の愛知県大会ではノーシードから勝ち進み、決勝戦で朝倉健太や岡本浩二を擁する東邦高校と対戦。岡本と投げ合って完封負けを喫するも、決勝での3失点完投を含め7試合で60イニングを投げ抜いた。高校卒業後は愛知工業大学に進学し連盟脱退騒動で連盟下部に在籍していたチームの7年ぶりの一部復帰に貢献。復帰初戦となった4年春の対愛知学院大学戦では筒井和也と投げ合い、1失点完投で敗れている。鈴木亮 フレッシュアイペディアより)

  • 超特大ゴーヤ

    超特大ゴーヤから見た赤田将吾赤田将吾

    2010年シーズンからはオリックス・バファローズにマスコットとして異例の移籍を果たす。理由は3月9日、スカイマークスタジアム(現:ほっともっとフィールド神戸)へ楽天の応援に出向いていたところ、なぜかそこで象に轢かれていたところをオリックスの坂口智隆・赤田将吾両選手に助け出され、恩返しとして勝手にオリックスに寝返った。ちなみに象に轢かれたが、それがきっかけで「象が好きになった」とゴーヤに100の質問で明かしている。超特大ゴーヤ フレッシュアイペディアより)

  • 宮本大輔

    宮本大輔から見た赤田将吾赤田将吾

    初奪三振:2002年4月1日、対西武ライオンズ1回戦(大阪ドーム)、8回表に赤田将吾から宮本大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 日南学園中学校・高等学校

    日南学園中学校・高等学校から見た赤田将吾赤田将吾

    赤田将吾(元プロ野球選手)日南学園中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 荒金久雄

    荒金久雄から見た赤田将吾赤田将吾

    オフには背番号を50から同年に引退した塩崎真が付けていた31に変更された。2011年は、開幕こそ二軍スタートだったが、6月11日に一軍登録。同日の巨人戦でスタメン出場を果たすと、内海哲也から本塁打を放った。その後も左投手が先発する試合でスタメン出場するケースが多かったが、7月3日の古巣・ソフトバンク戦では、9回裏に同点に追いついた直後に李承燁の代打で出場し、森福允彦から自身7年ぶりにサヨナラ打を放ち、このカードの同一3連勝を劇的な形で締めた。また、このサヨナラ打で、前日の鈴木郁洋・同月5日の赤田将吾と共に、球団史上初の3試合連続サヨナラ勝ちに貢献した。しかし、その後は打撃がふるわず、打率.205、2本塁打8打点に終わった。荒金久雄 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
57件中 1 - 10件表示

「赤田将吾」のニューストピックワード

  • WBSチーム、力を合わせて留守番頑張ります!

  • Concert Tour 2019−2020 ThanKs 2 YOU

  • ThanKs 2 YOU