47件中 21 - 30件表示
  • 2010年の野球

    2010年の野球から見た赤田将吾赤田将吾

    18日 -【NPB】西武・赤田将吾外野手とオリックス・阿部真宏内野手の交換トレードが成立。。2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • これぞ!Bs魂 〜気になるオリックス・バファローズ〜

    これぞ!Bs魂 〜気になるオリックス・バファローズ〜から見た赤田将吾赤田将吾

    2011年1月3日(月曜日)の14:00 - 15:00には、坂口(愛称「ぐっち」)と横山(愛称「ゴンゾウ」)をメインパーソナリティに迎えて、当番組の年始番外編『ぐっち・ゴンゾウの「きばっていこうぜ!!」』を放送。同年2月21日と12月5日のレギュラー放送でも、坂口・横山に大引(愛称「ビッキー」、いずれも1984年生まれ)を加えた特別編「ぐっち・ゴンゾウ・ビッキーのキバッていこうぜ!!」を1時間スペシャルで流した。2012年にも、バファローズ春季キャンプ期間中の2月13日に、当番組のレギュラー放送枠で第4弾を放送している。ただし、大引が木佐貫・赤田将吾(外野手)とともに2013年1月から北海道日本ハムファイターズへ移籍したため、今後の放送は未定。これぞ!Bs魂 〜気になるオリックス・バファローズ〜 フレッシュアイペディアより)

  • キャットルーキー

    キャットルーキーから見た赤田将吾赤田将吾

    第3部登場。三ヶ月のウィザード・ドライブ攻略の布石の為だけに2軍から招聘された。小日向曰く「顔が怖い、体がでかい、名前が怪しい」。試合中はただニヤニヤしながらベンチに座っているだけだった。左打ち。モデルは赤田将吾。背番号30。キャットルーキー フレッシュアイペディアより)

  • 川岸強

    川岸強から見た赤田将吾赤田将吾

    1球敗戦投手:2010年7月30日、対オリックス・バファローズ16回戦(クリネックススタジアム宮城)、6回表に赤田将吾に右翼線適時二塁打 ※史上22人目(23回目)川岸強 フレッシュアイペディアより)

  • 久保田運動具店

    久保田運動具店から見た赤田将吾赤田将吾

    また2006年に発売になったグラブの皮を使用したバッグは、松坂大輔や松井稼頭央、赤田将吾の使用で埼玉西武ライオンズを中心にプロ野球、野球ファンに広まった。久保田運動具店 フレッシュアイペディアより)

  • 山本歩

    山本歩から見た赤田将吾赤田将吾

    速球は微妙に変化する独特の軌道で、ジャイロボールではないかとも言われている。チームメイトの赤田将吾は「あれはストレートじゃないよ。全部手元で変化してる」と語っている。準硬式のボールではそういうことが無かったため、プロ入り後は硬式球で直球を投げても変化してしまうことに本人は悩んでいたが、当時の伊東勤監督に「その動く球がお前の持ち味だ」とアドバイスされて開き直ったという。山本歩 フレッシュアイペディアより)

  • 八木智哉

    八木智哉から見た赤田将吾赤田将吾

    1月25日に木佐貫洋、大引啓次、赤田将吾との交換トレードで糸井嘉男とともにオリックス・バファローズに移籍した。八木智哉 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田太陽

    藤田太陽から見た赤田将吾赤田将吾

    7月11日、内野手陣を強化したい阪神と中継ぎ投手を求める西武の思惑が一致したことにより、水田圭介との交換トレードで西武へ移籍した。この1か月ほど前にも、同じく西武の赤田将吾(現・オリックス・バファローズ)とのトレードが合意に達した、と一部のスポーツ紙で報道されていた。背番号は水田が着けていた「45」を引き継いだ。藤田太陽 フレッシュアイペディアより)

  • 糸井嘉男

    糸井嘉男から見た赤田将吾赤田将吾

    1月25日に木佐貫洋、大引啓次、赤田将吾との交換トレードで八木智哉とともにオリックス・バファローズに移籍した。糸井嘉男 フレッシュアイペディアより)

  • 大引啓次

    大引啓次から見た赤田将吾赤田将吾

    も前年同様に二番・遊撃手として開幕戦に出場。開幕直後は高打率を残すも、緩やかに調子を落としていくが、坂口智隆や後藤の打撃不振もあって、5月5日の日本ハム戦ではプロ入り後初の一番打者、5月19日の対東京ヤクルトスワローズ戦では初の三番打者を務めた。8月に入ると更に調子を落とし、8月29日に腰痛のため登録抹消。シーズン終盤に一軍に復帰したが、結局は規定打席に14不足した。一方で、自己最多の6本塁打を放っており、本拠地である京セラドーム大阪では前年までの5年間で2本塁打しか放っていなかったが、この年だけで4本塁打を記録している。また、7月27日の日本ハム戦では自身初の右方向への本塁打を、7月8日のロッテ戦と10月1日の楽天戦では決勝本塁打を記録している。オフには引退した鈴木郁洋に代わって選手会長に就任したが、1月25日に八木智哉・糸井嘉男との交換トレードで、木佐貫洋・赤田将吾とともに日本ハムに移籍した。背番号は糸井の7を受け継いだ。なお日本ハムおよびその前身球団の背番号7を内野手登録の選手が使用するのは西園寺昭夫(1957年 - 1966年)以来で、47年ぶりである。大引啓次 フレッシュアイペディアより)

47件中 21 - 30件表示

「赤田将吾」のニューストピックワード