57件中 21 - 30件表示
  • 八木智哉

    八木智哉から見た赤田将吾赤田将吾

    ''、1月25日に木佐貫洋、大引啓次、赤田将吾との交換トレードで糸井嘉男とともにオリックス・バファローズへ移籍。6月27日に移籍後初先発を果たすも、2回を投げ5失点と結果を残せず、翌日登録抹消された。9月に入って2度先発するも、いずれも結果を残せなかった。結局、この3試合の登板に終わり、プロ入り初のシーズン未勝利に終わった。八木智哉 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の日本プロ野球

    2014年の日本プロ野球から見た赤田将吾赤田将吾

    10月22日 - 日本ハムは赤田将吾の退団と、二軍投手コーチの加藤武治と来季の契約を結ばないことを発表2014年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高波文一

    高波文一から見た赤田将吾赤田将吾

    は若手の佐藤友亮、赤田将吾らが台頭したこともあり、わずか8試合の出場に終わった。チームはリーグ2位だったが、この年から導入されたプレーオフで日本ハム、リーグ1位のダイエーを破り、2年ぶりのリーグ優勝を達成し、日本シリーズでは中日を破り、12年ぶりの日本一に輝いた。高波文一 フレッシュアイペディアより)

  • 岡島秀樹

    岡島秀樹から見た赤田将吾赤田将吾

    CSファイナルステージでは10月16日に7回3点ビハインドから登板し1回無失点に抑えた。10月18日は6回2点リードから登板、二者を簡単に抑えるが、続く赤田将吾の当たり損ないの打球がサードへ転がり内野安打となると、大野奨太に四球を与えて降板となり、代わった森福允彦が後続を抑えてホールドを得た。日本シリーズでは10月25日に7回4点ビハインドで登板し、打者3人に対し無失点だった。岡島秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • 小関竜也

    小関竜也から見た赤田将吾赤田将吾

    赤田将吾や佐藤友亮が台頭したこともあり、レギュラーとして出場できず、90試合の出場に終わった。ただしリーグ優勝を決めたプレーオフ第二ステージの第五戦では、十回表の先頭打者で決勝点の口火を切る二塁打を放った。小関竜也 フレッシュアイペディアより)

  • キャットルーキー

    キャットルーキーから見た赤田将吾赤田将吾

    第3部登場。三ヶ月のウィザード・ドライブ攻略の布石の為だけに2軍から招聘された。小日向曰く「顔が怖い、体がでかい、名前が怪しい」。試合中はただニヤニヤしながらベンチに座っているだけだった。左打ち。モデルは赤田将吾。背番号30。キャットルーキー フレッシュアイペディアより)

  • 星野八千穂

    星野八千穂から見た赤田将吾赤田将吾

    初奪三振:2008年3月26日、対埼玉西武ライオンズ2回戦(札幌ドーム)、9回表無死に赤田将吾から見逃し三振星野八千穂 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎浩司

    山崎浩司から見た赤田将吾赤田将吾

    も一軍キャンプのメンバー入りを果たし、2月1日にはキャンプインに合わせて、球団の公式携帯サイトで「体に異変が起きたら終わりの山崎浩司今日の一言」が始まった。T-岡田が故障で戦線離脱、赤田将吾が不振で二軍降格した事もあり、4月28日の対西武戦ではプロ入り初めて外野手として右翼守備に就いた。しかし、この年は35試合の出場で打率.189に留まり、7月13日に2年ぶりに二軍降格となり、その後は一軍に昇格することなくシーズンを終えた。二軍では31試合の出場で打率.318、13打点と打撃面では好成績を残した一方で、三塁手として3失策、遊撃手として6失策、と守備面で精彩を欠いた。山崎浩司 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部真宏

    阿部真宏から見た赤田将吾赤田将吾

    2月19日に赤田将吾との交換トレードで埼玉西武ライオンズへ移籍した。大学の同期だったG.G.佐藤と再びチームメイトとなる。阿部真宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石堂克利

    石堂克利から見た赤田将吾赤田将吾

    愛工大名電高では、イチローも教えた中村豪の下で野球を学んだ。3年夏の愛知大会では、初戦で14奪三振を奪うなどの活躍を見せて優勝している。第80回全国高等学校野球選手権大会は、1回戦で赤田将吾の在籍した日南学園と対戦し敗退。この試合では外野手として出場し、3打数1安打1四球だった。ドラフト1位で投手としてヤクルトに入団。いわゆる松坂世代の1人である。当時のスカウトからは、「素材としては松坂以上、投手としてものにならなくとも、打者としても評価出来る」と高く評価されている。石堂克利 フレッシュアイペディアより)

57件中 21 - 30件表示

「赤田将吾」のニューストピックワード

  • モア・ブラッド、モア・トラックス(ブートレッグ・シリーズ第14集)

  • イングリッシュマン・イン・ニューヨーク

  • エリック・クラプトン 12小節の人生