47件中 31 - 40件表示
  • コンバート (野球)

    コンバート (野球)から見た赤田将吾赤田将吾

    他には、元南海の広瀬叔功(遊撃手→中堅手)、元阪神の真弓明信(遊撃手→二塁手→外野手)、元ロッテの西村徳文(二塁手→三塁手→外野手)、元横浜の波留敏夫(遊撃手→外野手)、元ヤクルトの福地寿樹(二塁手→外野手)など。現役選手では、ロッテのサブロー(遊撃手→外野手)、DeNAの金城龍彦(三塁手→外野手)、オリックスの赤田将吾(二塁手→外野手)、楽天の鉄平(遊撃手→外野手)、森山周(遊撃手・二塁手→外野手)、日本ハムの陽岱鋼(遊撃手・三塁手→外野手)、ソフトバンクの吉村裕基(三塁手→一塁手→外野手)、福田秀平(遊撃手→外野手)、中日の堂上剛裕(一塁手→外野手)、巨人の大田泰示(三塁手・一塁手→外野手)などの例がある。コンバート (野球) フレッシュアイペディアより)

  • D.J.ホールトン

    D.J.ホールトンから見た赤田将吾赤田将吾

    初奪三振:同上、8回表に赤田将吾からD.J.ホールトン フレッシュアイペディアより)

  • ダン・セラフィニ

    ダン・セラフィニから見た赤田将吾赤田将吾

    初奪三振:2004年4月13日、対西武ライオンズ4回戦(千葉マリンスタジアム)、6回表に赤田将吾からダン・セラフィニ フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た赤田将吾赤田将吾

    シーズンでは6・7月が不調に終わり打率が伸びず、後半巻き返したが打率.298で惜しくも5年連続打率3割はならなかった。本塁打も19本に終わった。しかし、自己最多の95打点を記録し、5番打者としてチームに貢献。チームメイトの赤田将吾と並んでリーグ最多補殺を記録。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 9月1日

    9月1日から見た赤田将吾赤田将吾

    1980年 - 赤田将吾、プロ野球選手9月1日 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部真宏

    阿部真宏から見た赤田将吾赤田将吾

    2月19日に赤田将吾との交換トレードで埼玉西武ライオンズへ移籍した。大学の同期だったG.G.佐藤と再びチームメイトとなる。阿部真宏 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た赤田将吾赤田将吾

    平尾博嗣の応援歌は、本人は気に入っていないことが、ラジオ番組での赤田将吾選手の発言により発覚している。応援歌の一つとして定着してきていたが、2008年7月19日より新しい応援歌に変更された。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た赤田将吾赤田将吾

    1月、糸井嘉男、八木智哉とオリックス・木佐貫洋、大引啓次、赤田将吾の2対3のトレードが成立。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 川相昌弘

    川相昌弘から見た赤田将吾赤田将吾

    は落合監督の「一芸に秀でている選手を使う」という采配に合致する活躍を見せ、地味ながらも代打バント・守備要員として存在感を発揮。サヨナラヒットを2本打つなど、中日のリーグ優勝に大きく貢献した。移籍後初めて巨人戦に代打出場してバントを決めたことや、札幌ドームで佐藤宏志から本塁打を打ったことで、古巣・巨人の応援席を含めて球場全体から歓声が沸き起こったこともあった。同年の日本シリーズ第2戦では、9回表から主軸の立浪和義に代わる守備固めで三塁の守備に就き、無死無走者で赤田将吾が岩瀬仁紀から放ったゴロを一塁に送球し、それが同試合唯一の守備機会ながら、球団史上初の「ナゴヤドームでの日本選手権試合初勝利」に貢献。川相昌弘 フレッシュアイペディアより)

  • 星野八千穂

    星野八千穂から見た赤田将吾赤田将吾

    初奪三振:2008年3月26日、対埼玉西武ライオンズ2回戦(札幌ドーム)、9回表無死に赤田将吾から星野八千穂 フレッシュアイペディアより)

47件中 31 - 40件表示

「赤田将吾」のニューストピックワード