66件中 11 - 20件表示
  • 赤田将吾

    赤田将吾から見た小野晋吾

    2010年のオープン戦では打率.353と結果を残し、二番・右翼手として開幕戦に先発出場を果たしたが、開幕直後は打率がなかなか伸びなかった。4月10日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で自身初の2打席連続本塁打、4月20日の北海道日本ハムファイターズ戦で移籍後初のサヨナラ安打、5月18日の広島東洋カープ戦では左右打席本塁打を記録するが6月10日に登録抹消。以後は一軍と二軍との行き来に終始した。なお、4月4日のロッテ戦で6年ぶりとなる左打席での本塁打を小野晋吾から打った(2005年から2008年に記録した本塁打はすべて右打席で記録したものである)。赤田将吾 フレッシュアイペディアより)

  • 赤田将吾

    赤田将吾から見た糸井嘉男

    1月25日に八木智哉と糸井嘉男との交換トレードで、木佐貫洋・大引啓次とともに北海道日本ハムファイターズに移籍。背番号は10。赤田将吾 フレッシュアイペディアより)

  • 赤田将吾

    赤田将吾から見たヒラム・ボカチカ

    は新加入のヒラム・ボカチカや松坂健太にポジションを奪われ、春先はベンチを暖めることが多かった。4月以降は両者の不振によって出場機会が増え、4月25日のオリックス・バファローズ戦では自身初のサヨナラ満塁本塁打を放つなど徐々に調子を上げていた。ところが、5月1日のソフトバンク戦で大飛球を追ってフェンスに激突、左足首関節捻挫で長期離脱を余儀なくされてしまう。8月に入ってようやく一軍に復帰、9月から10月にかけて打率3割以上を残した。クライマックスシリーズでは12打数6安打、本塁打1、打点3と打ちまくり、日本シリーズでは後藤武敏との併用ながら11打数3安打という数字を残し、球団史上初のアジアシリーズ制覇を経験した。赤田将吾 フレッシュアイペディアより)

  • 赤田将吾

    赤田将吾から見た川崎宗則

    は二番・中堅手のレギュラーを獲得し、夏頃から打率を急上昇させた。打率.272、自己最高の盗塁20を記録。またこの年の9月1日(25歳の誕生日)にオフィシャルサイト「侍魂」を設立。は主に一番または九番打者として堅実な打撃を見せ、打率は自己最高の.293を記録した。また、リーグ最多タイの三塁打7(西岡剛、鉄平、川崎宗則と並ぶ)、チーム3位(自己最多)の25犠打、3年連続2桁盗塁を記録した。この年も夏場から調子を上げ、交流戦以降の打率は3割を超えた。赤田将吾 フレッシュアイペディアより)

  • 赤田将吾

    赤田将吾から見た木佐貫洋

    1月25日に八木智哉と糸井嘉男との交換トレードで、木佐貫洋・大引啓次とともに北海道日本ハムファイターズに移籍。背番号は10。赤田将吾 フレッシュアイペディアより)

  • 赤田将吾

    赤田将吾から見た星野智樹

    1998年のプロ野球ドラフト会議で西武ライオンズから2位指名を受けて入団。同期に松坂大輔、星野智樹らがいる。赤田将吾 フレッシュアイペディアより)

  • 赤田将吾

    赤田将吾から見た武内久士

    左右打席本塁打:2010年5月18日、対広島東洋カープ1回戦(京セラドーム大阪)、4回裏に青木高広から(右打席)、7回裏に武内久士から(左打席)赤田将吾 フレッシュアイペディアより)

  • 赤田将吾

    赤田将吾から見た下柳剛

    初本塁打:2000年4月21日、対日本ハムファイターズ3回戦(東京ドーム)、8回表に下柳剛から左越2ラン(小関竜也の代打)赤田将吾 フレッシュアイペディアより)

  • 赤田将吾

    赤田将吾から見た後藤武敏

    は新加入のヒラム・ボカチカや松坂健太にポジションを奪われ、春先はベンチを暖めることが多かった。4月以降は両者の不振によって出場機会が増え、4月25日のオリックス・バファローズ戦では自身初のサヨナラ満塁本塁打を放つなど徐々に調子を上げていた。ところが、5月1日のソフトバンク戦で大飛球を追ってフェンスに激突、左足首関節捻挫で長期離脱を余儀なくされてしまう。8月に入ってようやく一軍に復帰、9月から10月にかけて打率3割以上を残した。クライマックスシリーズでは12打数6安打、本塁打1、打点3と打ちまくり、日本シリーズでは後藤武敏との併用ながら11打数3安打という数字を残し、球団史上初のアジアシリーズ制覇を経験した。赤田将吾 フレッシュアイペディアより)

  • 赤田将吾

    赤田将吾から見たオリックス・バファローズ

    は新加入のヒラム・ボカチカや松坂健太にポジションを奪われ、春先はベンチを暖めることが多かった。4月以降は両者の不振によって出場機会が増え、4月25日のオリックス・バファローズ戦では自身初のサヨナラ満塁本塁打を放つなど徐々に調子を上げていた。ところが、5月1日のソフトバンク戦で大飛球を追ってフェンスに激突、左足首関節捻挫で長期離脱を余儀なくされてしまう。8月に入ってようやく一軍に復帰、9月から10月にかけて打率3割以上を残した。クライマックスシリーズでは12打数6安打、本塁打1、打点3と打ちまくり、日本シリーズでは後藤武敏との併用ながら11打数3安打という数字を残し、球団史上初のアジアシリーズ制覇を経験した。赤田将吾 フレッシュアイペディアより)

66件中 11 - 20件表示

「赤田将吾」のニューストピックワード