1 2 3 4 5 6 7 次へ
66件中 61 - 66件表示
  • 赤田将吾

    赤田将吾から見た2008年の日本シリーズ

    は新加入のヒラム・ボカチカや松坂健太にポジションを奪われ、春先はベンチを暖めることが多かった。4月以降は両者の不振によって出場機会が増え、4月25日のオリックス・バファローズ戦では自身初のサヨナラ満塁本塁打を放つなど徐々に調子を上げていた。ところが、5月1日のソフトバンク戦で大飛球を追ってフェンスに激突、左足首関節捻挫で長期離脱を余儀なくされてしまう。8月に入ってようやく一軍に復帰、9月から10月にかけて打率3割以上を残した。クライマックスシリーズでは12打数6安打、本塁打1、打点3と打ちまくり、日本シリーズでは後藤武敏との併用ながら11打数3安打という数字を残し、球団史上初のアジアシリーズ制覇を経験した。赤田将吾 フレッシュアイペディアより)

  • 赤田将吾

    赤田将吾から見た西武ドーム

    初出場・初先発出場:1999年8月20日、対オリックス・ブルーウェーブ20回戦(西武ドーム)、1番・指名打者で先発出場赤田将吾 フレッシュアイペディアより)

  • 赤田将吾

    赤田将吾から見た規定打席

    は小関竜也の不調で終盤から二番打者に定着し、初の規定打席到達。佐藤友亮との一・二番コンビで高い出塁率(二人で.341)を誇った。過去5年間で3本しか打っていない本塁打をこの年だけで9本打った。プレーオフ、日本シリーズをいずれも勝ち抜いてチームとしては12年ぶりとなる日本シリーズ優勝を経験した。赤田将吾 フレッシュアイペディアより)

  • 赤田将吾

    赤田将吾から見た東京ドーム

    初本塁打:2000年4月21日、対日本ハムファイターズ3回戦(東京ドーム)、8回表に下柳剛から左越2ラン(小関竜也の代打)赤田将吾 フレッシュアイペディアより)

  • 赤田将吾

    赤田将吾から見た鹿児島県

    鹿児島県曽於郡大崎町出身。出身地の大崎町が野球よりソフトボールが盛んだったこともあり、同郷の先輩である福留孝介と同様に小学校時代はソフトボールをしていた。日南学園高校時代はレギュラーではなかったが、赤田将吾 フレッシュアイペディアより)

  • 赤田将吾

    赤田将吾から見た左右打席本塁打

    2010年のオープン戦では打率.353と結果を残し、二番・右翼手として開幕戦に先発出場を果たしたが、開幕直後は打率がなかなか伸びなかった。4月10日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で自身初の2打席連続本塁打、4月20日の北海道日本ハムファイターズ戦で移籍後初のサヨナラ安打、5月18日の広島東洋カープ戦では左右打席本塁打を記録するが6月10日に登録抹消。以後は一軍と二軍との行き来に終始した。なお、4月4日のロッテ戦で6年ぶりとなる左打席での本塁打を小野晋吾から打った(2005年から2008年に記録した本塁打はすべて右打席で記録したものである)。赤田将吾 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
66件中 61 - 66件表示

「赤田将吾」のニューストピックワード