26件中 11 - 20件表示
  • 秋田県立仁賀保高等学校

    秋田県立仁賀保高等学校から見た超神ネイガー超神ネイガー

    海老名保(ネイガー・プロジェクト代表)秋田県立仁賀保高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • GetAmped

    GetAmpedから見た超神ネイガー超神ネイガー

    2007年4月24日 超神ネイガーとコラボを果たす。これ以降アップデートではネイガーに関するアイテムも出てきている。GetAmped フレッシュアイペディアより)

  • 今日は一日○○三昧

    今日は一日○○三昧から見た超神ネイガー超神ネイガー

    ゲスト:長澤奈央、鈴木美潮、大葉健二、串田アキラ、稲田徹(電話出演)、海老名保(『超神ネイガー』の生みの親、電話出演)、満田かずほ(電話出演)、池田憲章(電話出演)、石匠庵神レムジア(香川県のローカルヒーロー)今日は一日○○三昧 フレッシュアイペディアより)

  • 大村小町

    大村小町から見た超神ネイガー超神ネイガー

    秋田弁を使い、地元・秋田県にまつわる様々な話題を拾ってネタにして、主にめくり芸で漫談を演じている。主なネタに「秋田弁講座」「秋田の恥ずかしい話」「秋田新名所案内」など。秋田のヒーローの超神ネイガーをネタにしたこともあった。なお、この時にめくりで使っている台は落語の寄席で使われているめくり台ような物であり、紙は半紙。文字は筆で書かれていた。最初のあいさつに「秋田県から新幹線こまちさ乗ってやって来た、小町です!」があり、終わりは「へばまんつ」(秋田弁で「それではまた」の意味)で締めている。衣装は主に和服である。大村小町 フレッシュアイペディアより)

  • 超耕21ガッター

    超耕21ガッターから見た超神ネイガー超神ネイガー

    新潟県のオリジナル・ヒーローを造ろうと、株式会社クラビスの浅川進が企画。秋田県で超神ネイガーを手掛けたF2-zone(秋田県にかほ市)の海老名保に製作を依頼し、2009年7月に新潟市、長岡市で同時デビュー。以後、新潟県各地でキャラクターショーを行っている。超耕21ガッター フレッシュアイペディアより)

  • 月刊コミックラッシュ

    月刊コミックラッシュから見た超神ネイガー超神ネイガー

    超神ネイガー(小川雅史 原案:海老名保・高橋大)月刊コミックラッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 琉神マブヤー

    琉神マブヤーから見た超神ネイガー超神ネイガー

    沖縄県の観光土産業者である南西産業が、ご当地キティのような女の子向けの土産物があるにも関わらず、男の子向けの土産物があまりない点に着目し、当初「美ら海戦隊ウチナーンジャー」というキャラクターを考案したが「○○戦隊」や「○○ジャー」という表記が商標権に触れるといった問題があったことから「どこからも文句がつかない沖縄のキャラクターが必要」として企画されたキャラクターが「琉神マブヤー」である。企画には秋田県で大ヒットしたローカルヒーロー「超神ネイガー」のスタッフも参画し「琉神マブヤー」をはじめ「ハブデービル」などのキャラクターを誕生させた。また商品化だけではなく、実体化し、イベントのプロジェクトも進められた。ショーの企画には沖縄のコメディアン玉城満や作家の仲村清司、岩次郎役の新垣正弘も参加している。テレビ番組では単なるローカルヒーローの話だけではなく、子供たちに沖縄の言葉や文化、歴史を伝えていく試みも盛り込まれている。番組プロデューサーの古谷野裕一によると「わからない単語が出てくれば、親が教えてあげる。また最近のお母さんの中にはその方言そのものもわからないかも知れないので、そのときにおじいさん、おばあさんに聞くなど、家族間での沖縄文化の一端を語り合うコミュニケーションの場ができれば理想」として台詞の中に出てくるウチナーグチには、あえて解説はつけていないそうだ。その一方で公式Webサイトには「用語解説」として番組内でよく使われるウチナーグチの解説コーナーが開設されている。2008年10月現在、マブヤープロジェクトには、ロイヤリティ契約企業13社、協力企業14社、参画企業12社が参加している。琉神マブヤー フレッシュアイペディアより)

  • 琉神マブヤーTHE MOVIE 七つのマブイ

    琉神マブヤーTHE MOVIE 七つのマブイから見た超神ネイガー超神ネイガー

    2008年より沖縄で放送されているローカルヒーローの特撮テレビドラマシリーズ『琉神マブヤー』のキャラクターとその世界観を映画化した作品。物語は、沖縄・琉球の誇り、文化、自然などを題材に成されている。出演陣は沖縄ゆかりの俳優・タレントで組まれており、主人公の琉神マブヤーを山田親太朗、もうひとりのヒーロー龍神ガナシーをISSAが、宿敵のハブデービルをガレッジセールのゴリなどが出演。監督は『変身』、『ウルトラマンメビウス』の佐野智樹。第31回ハワイ国際映画祭(2011年10月)にてワールドプレミア上映された。また、映画公開を記念し『週刊少年チャンピオン』でコミック連載も開始されている。秋田県のローカルヒーローの超神ネイガーも登場する。琉神マブヤーTHE MOVIE 七つのマブイ フレッシュアイペディアより)

  • セリオン (秋田市)

    セリオン (秋田市)から見た超神ネイガー超神ネイガー

    セリオンリスタは、ABS秋田放送で2007年10月 - 2008年3月に放送された『ローソンプレゼンツ 超神ネイガーVSホジナシ怪人 〜海を、山を、秋田を守れ!〜』の戦闘シーンに度々用いられた。セリオン (秋田市) フレッシュアイペディアより)

  • ゴボウ

    ゴボウから見た超神ネイガー超神ネイガー

    ごんぼ(牛蒡)堀り - 青森県の方言に「ごんぼほり」(牛蒡堀り)というのがある。ぐずぐず不平を言って譲らない、酔ってくだを巻く(時に居座る)、強情である、ふてくされる(特に子供)、といった態度(あるいはそのような態度の者)ぐらいの意。なだめたり、お引き取り願うことはゴボウを「掘る」ことと同じくらい難儀であることから、であろうか。秋田県にも同様の言い回しがあり、秋田のローカルヒーローである「超神ネイガー」には「ゴンボホリー」という悪役が登場する。ゴボウ フレッシュアイペディアより)

26件中 11 - 20件表示