1 2 3 次へ
26件中 21 - 26件表示
  • きりたんぽ

    きりたんぽから見た超神ネイガー超神ネイガー

    超神ネイガー(必殺武器の一つは、きりたんぽをモチーフとした「キリタン・ソード」である)きりたんぽ フレッシュアイペディアより)

  • ローソン

    ローソンから見た超神ネイガー超神ネイガー

    期間限定で映画作品等とのコラボレーション(スパイダーマン3・ONE PIECE・ナルト等)、アイドルグループNEWSとのコラボレーションなどを行ったこともある。また、秋田県では過去に秋田放送「超神ネイガーVSホジナシ怪人」のコラボレーションCMを放送していた。ローソン フレッシュアイペディアより)

  • 月刊ドラゴンエイジ

    月刊ドラゴンエイジから見た超神ネイガー超神ネイガー

    超神ネイガー(奥田ひとし)(2006年8月号・2007年1月号掲載)月刊ドラゴンエイジ フレッシュアイペディアより)

  • 薩摩剣士隼人

    薩摩剣士隼人から見た超神ネイガー超神ネイガー

    超神ネイガーや琉神マブヤーなどをビジネスモデルにしており、鹿児島の観光地を全国に向かってアピールし地域活性につなげる狙いがあるため、撮影は県内各地の観光地で行われ、隼人の登場シーンも舞台となる地域の伝統芸能である太鼓などで盛り上げており、その土地の特産品もボッケモンとして登場している。また、コアターゲットである未就学男児の子どもの心をつかむだけではなく、ゆるキャラも多く登場させ、かわいいと思ってもらうことや、アイドルユニットプリモゼを登場させる試みで、女性や若者の心をつかみ、歴史考証を篤姫 (NHK大河ドラマ)において「篤姫紀行」で鹿児島関連のアドバイザーを務めた「東川隆太郎」が担当して、話の設定に大石兵六夢物語を織り込み、隼人が示現流で闘うことなど、郷土の歴史や郷土芸能、時代劇の要素も取り入れ、地元の方との触れ合いも出すことで、高齢者も含む大人にも面白がってもらい、男女、子供、若者、お年寄り、それぞれの立場から接点をもって楽しんでもらい全ての層を取り込む「全方位型プログラム」として設計され、幅広い層の心をつかむ狙いもある。薩摩剣士隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 奥田ひとし

    奥田ひとしから見た超神ネイガー超神ネイガー

    秋田に戻ってからは『超神ネイガー』の企画に賛同し、コミカライズ(富士見書房「月刊ドラゴンエイジ」読み切り→単行本化)をはじめ、様々な商品へのイラスト提供を行う。奥田ひとし フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺俊幸

    渡辺俊幸から見た超神ネイガー超神ネイガー

    超神ネイガーイメージソング「超神ネイガー ?正義ノ稲穂?」(作詞:高橋大、歌:水木一郎)渡辺俊幸 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
26件中 21 - 26件表示