35件中 21 - 30件表示
  • 鉄神ガンライザー シリーズ

    鉄神ガンライザー シリーズから見た超神ネイガー超神ネイガー

    超神ネイガー - 秋田のローカルヒーロー鉄神ガンライザー シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 秋田弁

    秋田弁から見た超神ネイガー超神ネイガー

    高度経済成長時代終了以降は、秋田弁を秋田県の文化として見直そうという動きから、秋田弁がメディアで取り上げられることも増えてきた。例えば秋田県出身の芸能人がテレビドラマやラジオ、映画などで秋田弁を使う例がある。1976年上半期にNHKで放送された連続テレビ小説『雲のじゅうたん』では、浅利香津代が秋田弁を用いる秋田出身の役を演じた。『踊る大捜査線』シリーズでは、柳葉敏郎が演じる室井慎次が秋田弁をたびたび用いている。また2003年には伊藤秀志による大きな古時計の秋田弁版「大きな古時計・ZuZuバージョン」が3月31日付けのオリコンシングルチャートで17位を記録し、最終的に20万枚以上を売り上げた。また、秋田県のローカルヒーローとして2005年にデビューした超神ネイガーは登場人物の名前が秋田弁をモチーフとしたものであり、登場人物も秋田弁を話す。このように秋田弁を暖かみのある言葉として見直し、メディアでも積極的に用いる動きが現在は活発である。秋田弁 フレッシュアイペディアより)

  • 月刊コミックラッシュ

    月刊コミックラッシュから見た超神ネイガー超神ネイガー

    超神ネイガー(小川雅史 原案:海老名保・高橋大)月刊コミックラッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 鉄神ガンライザーヒーローズ

    鉄神ガンライザーヒーローズから見た超神ネイガー超神ネイガー

    「ヒーローズ」のタイトルの通り岩手県内各地のローカルヒーローに加え、秋田県のヒーロー・超神ネイガーがゲスト出演した。鉄神ガンライザーヒーローズ フレッシュアイペディアより)

  • セリオン (秋田市)

    セリオン (秋田市)から見た超神ネイガー超神ネイガー

    セリオンリスタは、ABS秋田放送で2007年10月 - 2008年3月に放送された『ローソンプレゼンツ 超神ネイガーVSホジナシ怪人 〜海を、山を、秋田を守れ!〜』の戦闘シーンに度々用いられた。セリオン (秋田市) フレッシュアイペディアより)

  • 月刊ドラゴンエイジ

    月刊ドラゴンエイジから見た超神ネイガー超神ネイガー

    超神ネイガー(奥田ひとし)(2006年8月号・2007年1月号掲載)月刊ドラゴンエイジ フレッシュアイペディアより)

  • ゴボウ

    ゴボウから見た超神ネイガー超神ネイガー

    ごんぼ(牛蒡)掘り - 青森県の方言に「ごんぼほり」(牛蒡掘り)というのがある。ぐずぐず不平を言って譲らない、酔ってくだを巻く(時に居座る)、強情である、ふてくされる(特に子供)、といった態度(あるいはそのような態度の者)ぐらいの意。なだめたり、お引き取り願うことはゴボウを「掘る」ことと同じくらい難儀であることから、であろうか。秋田県にも同様の言い回しがあり、秋田のローカルヒーローである「超神ネイガー」には「ゴンボホリー」という悪役が登場する。ゴボウ フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県立仁賀保高等学校

    秋田県立仁賀保高等学校から見た超神ネイガー超神ネイガー

    海老名保(ネイガー・プロジェクト代表)秋田県立仁賀保高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 奥田ひとし

    奥田ひとしから見た超神ネイガー超神ネイガー

    デビュー以来、長らく東京都内に住んでいたが、2004年に「どうしても秋田弁でしゃべりたい」という思いが抑えられなくなり、出身地の秋田に戻った。帰郷後は『超神ネイガー』の企画に賛同し、コミカライズ(富士見書房「月刊ドラゴンエイジ」読み切り→単行本化)をはじめ、様々な商品へのイラスト提供を行う。奥田ひとし フレッシュアイペディアより)

  • 小川雅史

    小川雅史から見た超神ネイガー超神ネイガー

    超神ネイガー(『月刊コミックラッシュ』2007年2月号・同3月号・同11月号・同12月号、シリーズ掲載)小川雅史 フレッシュアイペディアより)

35件中 21 - 30件表示