31件中 11 - 20件表示
  • 2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た越智大祐越智大祐

    セ:○前田健(広島)、内海(巨人)、久保裕(巨人)、山口(横浜)、越智(巨人)、岩瀬(中日)、S藤川球(阪神) - 阿部(巨人)、城島(阪神)2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木義広

    鈴木義広から見た越智大祐越智大祐

    は開幕一軍入りしたものの右肘手術の影響か球威が落ち、投手である巨人の越智大祐に適時打を打たれ四球で自滅する投球が続いて3週間で二軍落ちしたものの、中盤以降はコントロールを生かした投球内容で小林正人、清水昭信、平井正史の3人と共にビハインドや同点の状況でのリリーフとして優勝に貢献した。鈴木義広 フレッシュアイペディアより)

  • 1983年のスポーツ

    1983年のスポーツから見た越智大祐越智大祐

    6月30日 - 越智大祐(愛媛県、野球)1983年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 荒波翔

    荒波翔から見た越智大祐越智大祐

    初盗塁:2011年10月4日、対読売ジャイアンツ21回戦(東京ドーム)、8回表に二盗(投手:越智大祐、捕手:阿部慎之助)荒波翔 フレッシュアイペディアより)

  • 城石憲之

    城石憲之から見た越智大祐越智大祐

    は腰痛に苦しみながらも、二軍で打率3割以上を記録。2002年の左肘脱臼に続いて右肘痛も重なったことから身体の限界を感じ、同年10月2日に現役引退を表明。同年10月12日の読売ジャイアンツ戦(明治神宮野球場)では1点を追う8回に代打で出場、越智大祐から左中間を抜ける二塁打を打ってチームの逆転勝利に貢献、試合後に花田真人と共に引退セレモニーが行われた。10月28日に、翌から一軍守備走塁コーチに就任することが発表された。城石憲之 フレッシュアイペディアより)

  • メークドラマ

    メークドラマから見た越智大祐越智大祐

    さらに、松井以来の10代での開幕スタメンを射止めた高卒2年目の坂本勇人がプロ初本塁打を満塁弾で決めるなど、二岡智宏に代わる遊撃手のレギュラーとしてブレイク。他にも亀井義行・脇谷亮太・隠善智也・加治前竜一などを積極的に日替わりでスターティングメンバーに起用した。代走・守備固め要員では鈴木尚広・古城茂幸などを試合終盤に多く起用。谷佳知・木村拓也・大道典嘉といった代打要員の中堅・ベテラン選手も日替わりで活躍した。投手でも中継ぎでこの年の新人王を受賞することとなる山口鉄也や越智大祐が70試合近い登板を記録。これに加えて西村健太朗が5月末までに両リーグトップとなる29試合に登板してリリーフ陣を支えた。メークドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 應武篤良

    應武篤良から見た越智大祐越智大祐

    また、2005年には武内晋一(ヤクルト)、越智大祐(巨人)の2選手、2006年も宮本賢、山本一徳(ともに日本ハム)をプロ野球へ送り出すなど、選手育成の手腕を見せている。2007年は斎藤佑樹らが入学・入部し、さっそく年明けから斎藤の北京五輪代表選出を巡り、星野仙一同五輪監督との確執がマスコミを賑わした。「ケンカ應武」ともあだ名され無骨ぶりを発揮している。應武篤良 フレッシュアイペディアより)

  • 今治市

    今治市から見た越智大祐越智大祐

    越智大祐 - 元プロ野球選手(旧菊間町出身)今治市 フレッシュアイペディアより)

  • 小谷正勝

    小谷正勝から見た越智大祐越智大祐

    2003年には山下大輔の監督就任に伴い横浜に一軍投手コーチとして復帰したが、山下監督退任と共に2004年で退団し、2005年からは巨人二軍投手コーチを務める。就任した巨人でも早速内海哲也のフォーム修正などを担当、前二軍監督の高橋一三とともに翌年内海がブレイクする下地をつくった。また、入団テストを受けに来た山口鉄也の獲得を進言。越智大祐も小谷のアドバイスからピッチングのコツを掴みブレイクしている。その後も主にシーズン中のフォーム修正などを担当している。小谷正勝 フレッシュアイペディアより)

  • 歌藤達夫

    歌藤達夫から見た越智大祐越智大祐

    は前年ブレークした山口鉄也と越智大祐の二人とセットアッパー専任となった豊田などリリーフ陣が充実しており、一軍登板できなかった。10月1日に戦力外通告を受けた。シーズン終了後、12球団合同トライアウトに参加したが、獲得する球団は現れず現役を引退した。歌藤達夫 フレッシュアイペディアより)

31件中 11 - 20件表示