31件中 11 - 20件表示
  • 2009年の日本シリーズ

    2009年の日本シリーズから見た越智大祐越智大祐

    巨:○ゴンザレス(5回1/3) - H山口(1回2/3) - H越智(1回) - Sクルーン(1回)2009年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 城石憲之

    城石憲之から見た越智大祐越智大祐

    は腰痛に苦しみながらも、二軍で打率3割以上を記録。しかし、2002年に左肘を脱臼したのに続いて右肘痛も重なったことから身体の限界を感じ、同年10月2日に現役引退を表明した。10月12日の対読売ジャイアンツ戦(明治神宮野球場)では1点を追う8回に代打で出場、越智大祐から左中間を抜ける二塁打を放ってチームの逆転勝利に貢献、試合後に花田真人と共に引退セレモニーが行われた。10月28日、翌年から一軍守備走塁コーチに就任することが発表された。城石憲之 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎浩司

    山崎浩司から見た越智大祐越智大祐

    も開幕1軍入りし、5月22日の巨人戦では、勝ちがなくなる寸前の10回表に、レビ・ロメロから決勝点となるショート強襲の2点決勝適時打を放つと、翌23日の対戦でも9回表に越智大祐から決勝3ランを放ち、2日連続でヒーローインタビューを受けた。6月29日から球団の公式携帯サイトで「二軍に落ちたら終わりの山崎浩司一日三回今日の一言。」のコーナーが始まった。一軍と二軍の選手入れ替えの激しいチーム状況の中で唯一、控え内野手として一年間一軍に帯同し、内野陣のレギュラーが比較的固定された事もあって出場機会こそ前年より少ない48試合に留まったが、打率.247に対して、少ない打数ながらも得点圏打率は.350を記録し、随所で存在感を示した。山崎浩司 フレッシュアイペディアより)

  • 荒波翔

    荒波翔から見た越智大祐越智大祐

    初盗塁:2011年10月4日、対読売ジャイアンツ21回戦(東京ドーム)、8回表に二盗(投手:越智大祐、捕手:阿部慎之助)荒波翔 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井勉

    酒井勉から見た越智大祐越智大祐

    越智大祐 - 同じく黄色靭帯骨化症を発症酒井勉 フレッシュアイペディアより)

  • 寺原隼人

    寺原隼人から見た越智大祐越智大祐

    春先は好投とKOを繰り返していたが、5月23日の巨人戦からは7連勝。この試合では、8回まで1失点に抑えると、9回表2死無走者の自身の打席で、粘りを見せて越智大祐から執念で四球を選んで出塁。その後山崎浩司の3ランが飛び出し、その裏を無失点に抑えて1失点完投勝利を収め、自身にとって初の巨人戦勝利となった。また、巨人同様に横浜時代全く勝てなかった阪神戦も、6月6日の対戦で完投勝利を挙げて対阪神初白星を収めた。これにより近鉄を含む12球団勝利を達成し、東北楽天ゴールデンイーグルスから勝利すれば工藤公康以来、史上2人目となる13球団勝利も見えたがこの年の楽天戦に2戦登板するも勝ち星はつかず、記録は来シーズンに持ち越しとなった。オールスターゲームの初戦(7月22日・ナゴヤドーム)にて初先発し、3回を被安打1、自責点0で敢闘選手賞に選ばれた。7月29日の埼玉西武ライオンズ戦で10勝目を挙げたが、右肘の違和感を訴え8月4日に登録抹消。8月14日に復帰したが、序盤に失点するケースが多く、復帰後は2勝5敗とやや苦闘した。しかし、最終的には12勝10敗、防御率3.06の成績を収め、チームの勝ち頭となり、4年ぶりの2桁勝利を挙げた。寺原隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 小谷正勝

    小谷正勝から見た越智大祐越智大祐

    2003年山下大輔の監督就任に伴い横浜にコーチとして復帰したが、山下監督退任共に2004年で退団し、2005年からは巨人二軍投手コーチを務める。就任した巨人でも早速内海哲也のフォーム修正などを担当、前二軍監督の高橋一三とともに翌年内海がブレイクする下地をつくった。また、入団テストを受けに来た山口鉄也の獲得を進言。越智大祐も小谷のアドバイスからピッチングのコツを掴みブレイクしている。その後も主にシーズン中のフォーム修正などを担当している。小谷正勝 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た越智大祐越智大祐

    ポストシーズンでは埼玉西武ライオンズとの日本シリーズ第3戦と第7戦に先発し、第3戦では5回3失点ながらも打線の援護に助けられ、勝利投手。第7戦も6回途中までヒラム・ボカチカの本塁打による1失点に抑えたが、第3戦に続き、四球を連発し途中降板。その後、リリーフした越智大祐が打ち込まれ逆転を許し、日本一を逃した。四球の多さに不安こそ残したものの、被本塁打は7本と両リーグの規定投球回到達者中、楽天の岩隈久志、阪神の岩田稔に次ぐ少なさを誇り、防御率はリーグ3位の2.73を記録した。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 尾花高夫

    尾花高夫から見た越智大祐越智大祐

    〜まで巨人の投手チーフコーチを務めた。継投や投手運営など、投手部門の責任者であった。就任前年のチーム防御率4.80(リーグ最下位)を、就任1年目の2006年には3.65と改善することに成功。2009年は球団として19年ぶりとなるチーム防御率2点台(2.94)とし、?2009年のリーグ3連覇に貢献した。投手総合コーチ就任後は、二軍投手コーチの小谷正勝と共に内海哲也、山口鉄也、越智大祐、東野峻らを戦力として育て上げた。尾花高夫 フレッシュアイペディアより)

  • 北篤

    北篤から見た越智大祐越智大祐

    初安打:2010年9月26日、対読売ジャイアンツ22回戦(横浜スタジアム)、7回裏に越智大祐から中前安打北篤 フレッシュアイペディアより)

31件中 11 - 20件表示

「越智大祐」のニューストピックワード