31件中 21 - 30件表示
  • 黄色靭帯骨化症

    黄色靭帯骨化症から見た越智大祐越智大祐

    越智大祐 - 野球選手。この病気にかかり、手術を行った。黄色靭帯骨化症 フレッシュアイペディアより)

  • 青木宣親

    青木宣親から見た越智大祐越智大祐

    早大の同期には鳥谷敬・比嘉寿光・由田慎太郎、1学年上には和田毅、1学年下には田中浩康、2学年下には武内晋一・越智大祐がおり、後に6人全員がプロ入りした強力打線「1番・田中、2番・青木、3番・鳥谷、4番・比嘉、5番・武内、6番・由田」でチャンスメーカーとして活躍し、早稲田大学野球部史上初の4連覇に貢献している。青木宣親 フレッシュアイペディアより)

  • 6月30日

    6月30日から見た越智大祐越智大祐

    1983年 - 越智大祐、プロ野球選手6月30日 フレッシュアイペディアより)

  • 関口宏の東京フレンドパークII

    関口宏の東京フレンドパークIIから見た越智大祐越智大祐

    2009年12月17日 - 読売ジャイアンツ(内海、亀井、越智、山口、松本、東野、坂本・5枚)※通常放送関口宏の東京フレンドパークII フレッシュアイペディアより)

  • 今治市

    今治市から見た越智大祐越智大祐

    越智大祐 - プロ野球選手、読売ジャイアンツ投手(旧菊間町出身)今治市 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡易之

    片岡易之から見た越智大祐越智大祐

    、初めて1番打者に定着。選手間投票で選出されオールスターゲームに初出場した。中島が北京オリンピック出場で不在の間は遊撃手に回ることもあった。リーグ最多打数を記録しながら前年より打率を大きく上げ、2番を打った栗山とともに167安打で最多安打のタイトルを獲得した。盗塁は前半戦だけで前年を上回り、12個増やし50盗塁を記録。2位の渡辺直人を16個引き離し2年連続の盗塁王となった(パ・リーグの50盗塁以上は1997年の松井稼頭央以来)。打率は3割に満たず、四球が少ないことから出塁率も.322と、やや物足りない面はあったが、リーグトップの得点圏打率.382と勝負強さを見せた。日本シリーズでは7試合で5盗塁(成功率10割)と大暴れし、特に第7戦の8回表においては先頭打者として越智大祐から死球を受け出塁したが、続く栗山巧の打席の初球でいきなり盗塁を敢行した。この時監督の渡辺久信は、死球の際に片岡がガッツポーズをしたのを見て彼の盗塁意欲を感じ取り、初球での犠打(バント)指示をやめたという。この試合の解説として出演していた赤星憲広からも「僕には出来ない」と言わしめた盗塁だった。その後改めてバントで3塁に進み1死3塁で3番中島裕之を迎えた。1回表の同様の場面では「ゴロゴー(ゴロと判断したらスタート)」で本塁へ突入してタッチアウトになり先制点を逃していたが、この場面では「ギャンブルスタート」指示によりバットに当った瞬間にスタートを敢行。中島の三塁ゴロの間に本塁へ突入して同点に追いつき、逆転日本一の足がかりを作る活躍を見せた。アジアシリーズ初戦のSK戦では風邪のため欠場したが、決勝までの3試合に1番・遊撃手として出場、チームのアジアシリーズ制覇に貢献した。片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本勇人

    坂本勇人から見た越智大祐越智大祐

    2009年12月17日 - 内海哲也、山口鉄也、越智大祐、東野峻、亀井義行、松本哲也とともに出演。坂本勇人 フレッシュアイペディアより)

  • 1983年

    1983年から見た越智大祐越智大祐

    6月30日 - 越智大祐、プロ野球選手1983年 フレッシュアイペディアより)

  • マーク・クルーン

    マーク・クルーンから見た越智大祐越智大祐

    は夏場に故障で離脱した他、被本塁打が5本、自責点が24点と、いずれも前年より大幅に増加するなど、打ち込まれる試合が増えた。7月18日の対横浜戦では、3打席連続四球後にブレット・ハーパーに逆転サヨナラ満塁本塁打を浴びるなど、自身の乱調により星を落とす試合が目立つようになった。8月18日にナゴヤドームでの試合前練習中、「つばを吐きかけられた」とファンに対して激怒するトラブルがあった。岡田圭右(ますだおかだ)がテレビ番組で語ったところによると、この前夜にクルーンは市内で酔った和田アキ子に偶然遭遇し、家まで連れて行かれた。和田は黒人選手が家に来たからとブラックミュージックのCDをかけたが、体でリズムを取っていたクルーンに対し「なに貧乏ゆすりしてんねん!」と怒鳴りつけてしまったため、岡田は「(和田に)無理やり連れて行かれた上に怒鳴られてストレスになってたんじゃないですか」と述べている。9月に入ると、セーブが付く最終回で乱調になると途中降板し、山口鉄也や越智大祐などのセットアッパーがクローザーを務める試合も多くなった。シーズン最終戦の10月8日の対ヤクルト戦では勝てば2位・敗れば3位となり、4-3での9回表に登板するが、2死から畠山和洋に同点適時打を浴びると、10回表には失策と四球で2走者を出塁させて降板。その後を受けた高木康成が川本良平に決勝3ランを浴びて敗戦、シーズン3位に終わった。最終的には25セーブを挙げたものの、防御率は4点台と大幅に悪化し、巨人は次季以降の契約は更新しない事を通告。マーク・クルーン フレッシュアイペディアより)

  • 原辰徳

    原辰徳から見た越智大祐越智大祐

    この年、神宮での雨中の開幕戦で、遊撃スタメンだった二岡智宏が足を負傷、二塁スタメンだった当時2年目・19歳の坂本勇人を本来のポジションである遊撃に回したが、坂本はこの試合以降の2008年の全試合、全イニングに起用され、急成長を遂げた。野手では他に亀井義行や、育成枠から隠善智也らを、投手陣でも前年に育成枠から昇格した山口鉄也や、若い越智大祐、東野峻らを積極的に起用するなど、若手・中堅・ベテランを使い分ける采配が評価された。原辰徳 フレッシュアイペディアより)

31件中 21 - 30件表示

「越智大祐」のニューストピックワード