49件中 21 - 30件表示
  • 越智大祐

    越智大祐から見た新田高等学校

    今治市立菊間中学校では捕手だったが、新田高等学校時代に正捕手争いに敗れ、2年夏までは控え捕手。内野手を経て投手に転向した。卒業後は早稲田大学人間科学部へ進学。早稲田では和田毅や清水大輔に次ぐ投手として、1年春から2年秋まで無傷の11連勝、早大野球部史上初の「東京六大学リーグ4連覇」に貢献した。3年次には一時調子を落としたがすぐに復調し、秋には防御率1.01で最優秀防御率賞を受賞。大学時代の通算成績は43試合登板し15勝5敗、防御率2.61。投球回数(183回)を上回る205三振を奪った。越智大祐 フレッシュアイペディアより)

  • 越智大祐

    越智大祐から見た埼玉西武ライオンズ

    、初の開幕1軍入りを決め、3月28日の対東京ヤクルトスワローズ戦で中継ぎとしてプロ初登板。しかし、制球難から打たれる場面が多く、4月18日に2軍落ち。5月4日に再登録された後は敗戦処理での登板が主だったが、しだいに制球難・防御率が改善され、7月25日の東京ヤクルトスワローズ戦で初勝利を挙げる。シーズン途中からは山口鉄也と共に中継ぎの柱を担った。チーム最多の68試合に登板した一方で、セ・リーグ最多の15暴投を記録した。11月9日、埼玉西武ライオンズとの日本シリーズ第7戦では1点リードの7回から登板。ところが、8回に片岡易之への死球を機に同点を許すと、連続四球でピンチを広げ平尾博嗣に決勝適時打を打たれた。結果的にチームは日本一を逃したが、原監督は試合後に「越智と心中したのだから間違いは無い」とコメントし、一介の無名投手から名を挙げたシーズンとなった。シーズンオフには年俸も大幅に上がり、背番号も22に変更された。越智大祐 フレッシュアイペディアより)

  • 越智大祐

    越智大祐から見た戦力外通告

    も1軍登板できず、10月1日に球団から戦力外通告を受けた。その後、現役引退を表明した。越智大祐 フレッシュアイペディアより)

  • 越智大祐

    越智大祐から見た今治市

    越智 大祐(おち だいすけ、1983年6月30日 - )は、愛媛県今治市出身の元プロ野球選手(投手)。越智大祐 フレッシュアイペディアより)

  • 越智大祐

    越智大祐から見たイースタン・リーグ

    、2軍での生活に終始したが、シーズン序盤に二軍投手コーチの小谷正勝からアドバイスを受けて投球のポイントを掴む。6月15日の登板で結果を残して以降は投球が安定し、150km/hを越える速球を武器に好投した。イースタン・リーグでは主にリリーフで22試合に登板して3勝1敗・防御率3.07、44奪三振だった。同年夏には北京プレオリンピック野球日本代表の候補にも挙がったが、故障のため辞退した。越智大祐 フレッシュアイペディアより)

  • 越智大祐

    越智大祐から見た千葉ロッテマリーンズ

    初ホールド:2008年5月21日、対千葉ロッテマリーンズ2回戦(千葉マリンスタジアム)、7回裏2死に5番手で救援登板、1/3回無失点越智大祐 フレッシュアイペディアより)

  • 越智大祐

    越智大祐から見た投手

    越智 大祐(おち だいすけ、1983年6月30日 - )は、愛媛県今治市出身の元プロ野球選手(投手)。越智大祐 フレッシュアイペディアより)

  • 越智大祐

    越智大祐から見た北京プレオリンピック野球日本代表

    、2軍での生活に終始したが、シーズン序盤に二軍投手コーチの小谷正勝からアドバイスを受けて投球のポイントを掴む。6月15日の登板で結果を残して以降は投球が安定し、150km/hを越える速球を武器に好投した。イースタン・リーグでは主にリリーフで22試合に登板して3勝1敗・防御率3.07、44奪三振だった。同年夏には北京プレオリンピック野球日本代表の候補にも挙がったが、故障のため辞退した。越智大祐 フレッシュアイペディアより)

  • 越智大祐

    越智大祐から見た「ジョージア魂」賞

    「ジョージア魂」賞:1回 (2010年度第2回)越智大祐 フレッシュアイペディアより)

  • 越智大祐

    越智大祐から見たリハビリ

    は開幕を1軍で迎えるが、4月4日の広島戦後に登板後に両足の違和感を訴え、19日に登録抹消。2軍で調整を続けていたが症状は消えず、病院で診察を受けた結果、特定疾患指定の難病である黄色靭帯骨化症であることが判明。医師からは「野球を続ければ、2年後には車いすの生活になる」と告げられた。手術を受けることになり、シーズン中の復帰は絶望的となった。6月28日に手術は無事成功し、7月からリハビリを開始。8月下旬には近距離からの投球を行った。9月末にはブルペンにも入り、12月の契約更改の時点で本人いわく「8割の力で投げられる」程度にまで回復した。越智大祐 フレッシュアイペディアより)

49件中 21 - 30件表示