45件中 21 - 30件表示
  • 越智大祐

    越智大祐から見た今治市

    越智 大祐(おち だいすけ、1983年6月30日 - )は、愛媛県越智郡菊間町(現・今治市)出身のプロ野球選手。読売ジャイアンツ所属の投手。越智大祐 フレッシュアイペディアより)

  • 越智大祐

    越智大祐から見たイースタン・リーグ

    翌も二軍での生活に終始したが、シーズン序盤に二軍投手コーチの小谷正勝からアドバイスを受けて投球のポイントを掴む。6月15日の登板で結果を残して以降は投球が安定し、150km/hを越える速球を武器に好投した。イースタン・リーグでは主にリリーフで22試合に登板して3勝1敗・防御率3.07、44奪三振だった。同年夏には北京プレオリンピック野球日本代表の候補にも挙がったが、故障のため辞退した。越智大祐 フレッシュアイペディアより)

  • 越智大祐

    越智大祐から見た投手

    越智 大祐(おち だいすけ、1983年6月30日 - )は、愛媛県越智郡菊間町(現・今治市)出身のプロ野球選手。読売ジャイアンツ所属の投手越智大祐 フレッシュアイペディアより)

  • 越智大祐

    越智大祐から見たフォークボール

    150キロ前後の直球と雷電フォークと呼ばれる落差が大きいフォークボールを軸に三振を奪う投球スタイル。投げる際に前足を大きく前に踏み込む2段モーション気味のフォームを使用する。直球は最速155km/hを記録し、フォークも140km/hを超える。また、ややシュート気味に変化するツーシームとスライダーやカーブも時折り投げる。その一方で暴投も多く、2008年には中継ぎ投手ながら15暴投を記録している。これは、リリーフのみで登板した投手としては最多記録である。越智大祐 フレッシュアイペディアより)

  • 越智大祐

    越智大祐から見た北京プレオリンピック野球日本代表

    翌も二軍での生活に終始したが、シーズン序盤に二軍投手コーチの小谷正勝からアドバイスを受けて投球のポイントを掴む。6月15日の登板で結果を残して以降は投球が安定し、150km/hを越える速球を武器に好投した。イースタン・リーグでは主にリリーフで22試合に登板して3勝1敗・防御率3.07、44奪三振だった。同年夏には北京プレオリンピック野球日本代表の候補にも挙がったが、故障のため辞退した。越智大祐 フレッシュアイペディアより)

  • 越智大祐

    越智大祐から見た明治神宮野球場

    初登板:2008年3月28日、対東京ヤクルトスワローズ1回戦(明治神宮野球場)、5回裏に2番手で救援登板、2回1失点越智大祐 フレッシュアイペディアより)

  • 越智大祐

    越智大祐から見たカーブ (球種)

    150キロ前後の直球と雷電フォークと呼ばれる落差が大きいフォークボールを軸に三振を奪う投球スタイル。投げる際に前足を大きく前に踏み込む2段モーション気味のフォームを使用する。直球は最速155km/hを記録し、フォークも140km/hを超える。また、ややシュート気味に変化するツーシームとスライダーやカーブも時折り投げる。その一方で暴投も多く、2008年には中継ぎ投手ながら15暴投を記録している。これは、リリーフのみで登板した投手としては最多記録である。越智大祐 フレッシュアイペディアより)

  • 越智大祐

    越智大祐から見た横浜DeNAベイスターズ

    2005年の大学・社会人ドラフトで巨人から4巡目指名され入団。ドラフト直前には栂野雅史を指名予定だった横浜が巨人に先に栂野を指名された場合は、越智を報復指名すると報道されたが、越智が横浜入りを拒んだため、指名回避される一幕もあった。越智大祐 フレッシュアイペディアより)

  • 越智大祐

    越智大祐から見たリリーフ

    翌も二軍での生活に終始したが、シーズン序盤に二軍投手コーチの小谷正勝からアドバイスを受けて投球のポイントを掴む。6月15日の登板で結果を残して以降は投球が安定し、150km/hを越える速球を武器に好投した。イースタン・リーグでは主にリリーフで22試合に登板して3勝1敗・防御率3.07、44奪三振だった。同年夏には北京プレオリンピック野球日本代表の候補にも挙がったが、故障のため辞退した。越智大祐 フレッシュアイペディアより)

  • 越智大祐

    越智大祐から見た人間科学部

    今治市立菊間中学校では捕手だったが、新田高等学校時代に正捕手争いに敗れ、2年夏までは控え捕手。内野手を経て投手に転向した。卒業後は早稲田大学人間科学部へ進学。早稲田では和田毅や清水大輔に次ぐ投手として、1年春から2年秋まで無傷の11連勝、早大野球部史上初の「東京六大学リーグ4連覇」に貢献した。3年次には一時調子を落としたがすぐに復調し、秋には防御率1.01で最優秀防御率賞を受賞。大学時代の通算成績は43試合登板し15勝5敗、防御率2.61。投球回数(183回)を上回る205三振を奪った。越智大祐 フレッシュアイペディアより)

45件中 21 - 30件表示

「越智大祐」のニューストピックワード