1 2 3 4 5 次へ
45件中 41 - 45件表示
  • 越智大祐

    越智大祐から見たスライダー (球種)

    150キロ前後の直球と雷電フォークと呼ばれる落差が大きいフォークボールを軸に三振を奪う投球スタイル。投げる際に前足を大きく前に踏み込む2段モーション気味のフォームを使用する。直球は最速155km/hを記録し、フォークも140km/hを超える。また、ややシュート気味に変化するツーシームとスライダーやカーブも時折り投げる。その一方で暴投も多く、2008年には中継ぎ投手ながら15暴投を記録している。これは、リリーフのみで登板した投手としては最多記録である。越智大祐 フレッシュアイペディアより)

  • 越智大祐

    越智大祐から見た東京ドーム

    初勝利:2008年7月25日、対東京ヤクルトスワローズ13回戦(東京ドーム)、9回表に3番手で救援登板・完了、1回無失点越智大祐 フレッシュアイペディアより)

  • 越智大祐

    越智大祐から見たMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

    初セーブ:2009年4月30日、対広島東洋カープ6回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、9回裏に4番手で救援登板・完了、1回無失点越智大祐 フレッシュアイペディアより)

  • 越智大祐

    越智大祐から見た黄色靭帯骨化症

    は開幕を一軍で迎えるが、4月4日の広島戦後に登板後に両足の違和感を訴え、19日に登録抹消。ファームで調整を続けていたが症状は消えず、病院で診察を受けた結果、特定疾患指定の難病である黄色靭帯骨化症であることが判明。医師からは「野球を続ければ、2年後には車いすの生活になる」と告げられた。手術を受けることになり、シーズン中の復帰は絶望的となった。6月28日に手術は無事成功し、7月からリハビリを開始。8月下旬には近距離からの投球を行った。9月末にはブルペンにも入り、12月の契約更改の時点で本人いわく「8割の力で投げられる」程度にまで回復した。越智大祐 フレッシュアイペディアより)

  • 越智大祐

    越智大祐から見た愛媛県

    越智 大祐(おち だいすけ、1983年6月30日 - )は、愛媛県越智郡菊間町(現・今治市)出身のプロ野球選手。読売ジャイアンツ所属の投手。越智大祐 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
45件中 41 - 45件表示

「越智大祐」のニューストピックワード