前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
281件中 1 - 10件表示
  • 脚

    から見た足

    この項では人の下肢踝以下接地部を指す(アシ)と、生物無生物と用途を限らず広く使われている脚を区別して説明をしている。 フレッシュアイペディアより)

  • 皮膚

    皮膚から見た足

    人間の皮膚は体重の6.3~6.9%を占め約9kg、面積は約1.6m2であり、身体の中で最も大きい器官である。表皮は0.06-0.2mm、真皮は2.0~2.2mmだが、掌やの裏など場所によって異なる。重量は約3kg。皮膚 フレッシュアイペディアより)

  • 動力

    動力から見た足

    手、などで、ハンドルやペダルを回すことにより運動エネルギーを得る。動力 フレッシュアイペディアより)

  • 西欧の服飾 (13世紀)

    西欧の服飾 (13世紀)から見た足

    靴は踵のあたりから舌が付いており、の甲でボタン留めするタイプのものであった。革製で黒色が多かったが褐色や黄色などもあった。錦で作られることもあり、絵画には斜めの格子柄のものがよくみられる。西欧の服飾 (13世紀) フレッシュアイペディアより)

  • 博物誌

    博物誌から見た足

    インドに生息し、馬の体、鹿の頭、象の、猪の尾を持ち、額の中央に黒く、長い一本の角が生えている獰猛な獣。(第8巻第31(21)章第76節)博物誌 フレッシュアイペディアより)

  • 四肢動物

    四肢動物から見た足

    四肢動物(ししどうぶつ) とは、脊椎動物中、(脚)やそれに類する付属器官を有するものをいう。すなわち両生類・爬虫類・哺乳類、そして鳥類である。四肢を持たないように進化した蛇や鯨なども四肢動物に含まれる。四足動物または四足類ともいう。Tetrapoda () とはギリシャ語で「四つの」の意味。四肢動物 フレッシュアイペディアより)

  • とんすけ

    とんすけから見た足

    何かにつけ、の裏をトントンとならす癖がある。とんすけ フレッシュアイペディアより)

  • タモリ教授のハテナの殿堂?

    タモリ教授のハテナの殿堂?から見た足

    元ヤンキーの子供はなぜ襟が長いのか?タモリ教授のハテナの殿堂? フレッシュアイペディアより)

  • カ

    から見た足

    成虫はハエと同様、2枚の翅を持ち、後翅は退化して平均棍になっている。細長い体型で、頭は丸く、は長い。大きさはさまざまだが、ほとんどは15mm以下である。飛行能力は低く、エアコン、扇風機といったわずかな風によって飛行障害を起こしてしまう。 フレッシュアイペディアより)

  • エゾヒグマ

    エゾヒグマから見た足

    本種の行動は、発情期と子育て期以外は単独行動である。活動時間帯は昼夜を問わず一定していない。休息場所は特に決まっておらず、気に入った場所で休息する。本種は犬掻きによる泳ぎが得意である。若い本種は木登りも得意であるが、それは体重が軽いためである。本種は手をよく使い、手の爪が伸びる速さはの爪が伸びる速さの約2倍である。これは手をよく使うために手の爪の摩耗が速く、摩耗した爪を補うために速く伸びるものと推考できる。また後肢で2本足立もする(→立ち姿の写真)。エゾヒグマ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
281件中 1 - 10件表示

「足の健康」のニューストピックワード