329件中 101 - 110件表示
  • 軟体動物

    軟体動物から見た足

    体は頭部、、胴体(内臓塊)に分かれる。軟体動物 フレッシュアイペディアより)

  • 多肢症

    多肢症から見た足

    多肢症(Polymelia= ギリシャ語のπολυ(多い,poly)+μέλος(肢、複数形:μέλεα,melia))は、先天性の形状異常の一種であり、通常のより多く腕やを形成される疾患のことである。多肢症 フレッシュアイペディアより)

  • 三尸

    三尸から見た足

    人間のの中に居り、腰から上の病気を引き起こしたり、淫欲を好ませたりする。三尸 フレッシュアイペディアより)

  • 神経痛

    神経痛から見た足

    一般に発作性の痛みが反復して現れることが多く、不規則に起こるが長時間続くことは少ない。原因不明の特発性のものから、原因のはっきりしたものまで含め、特定の末梢神経領域に起こる痛みを総称し「神経痛」と呼ぶ。手や関節などに起こりやすいが、全身いたるところに起こりうる。強い針で刺したような、あるいは焼け付くような痛みが特徴。末梢神経への圧迫や炎症などが直接的な原因と考えられる。特に秋から冬にかけて増える傾向がある。痛みはリウマチにも似ているが、神経痛では関節の変形は起こらない。神経痛 フレッシュアイペディアより)

  • K-1 ダイナマイト

    K-1 ダイナマイトから見た足

    正道会館少年部の四天王の一人。大柄。性格が優しく、フェア精神を持っていたため、ビーストのスパイ(地雷)と戦った際、怪我をしている相手のを攻撃しなかったため倒された。家には三人の姉がおり、日頃から炊事・洗濯・掃除などの家事をやらされている。K-1 ダイナマイト フレッシュアイペディアより)

  • ヤマムスメ

    ヤマムスメから見た足

    同じカラス科のカササギと同程度の大きさだが、長大な尾を持つ。体色は頭部は黒、胴体と翼は濃い青(光の加減では濃い灰色に見える)。尾の先端に白い部分があり目立つ。くちばしとは真紅。ヤマムスメ フレッシュアイペディアより)

  • 母趾球

    母趾球から見た足の裏足

    母趾球(ぼしきゅう)は、足の裏の親指の付け根にあるふくらみである。ボールとも言われる。内部には種子骨が通常2つあり、衝撃を吸収する働きがある。また、母趾球には指紋のようなものが見られる。母趾球 フレッシュアイペディアより)

  • パペラキュウ

    パペラキュウから見た足

    顎横から生えたパペラキュウ フレッシュアイペディアより)

  • スリッパ

    スリッパから見たくるぶし足

    そのような意味の言葉なので、実際の形状はさまざまで例外も多いが、概して以下のような特徴がある。かかと部分の高さがまったくないか、あってもくるぶしより低い。留め金や結び紐などはない。ヒールはないか、あっても低い。スリッパ フレッシュアイペディアより)

  • スリッパ

    スリッパから見た足

    スリッパ () は、履物の種類で、「スリップ」の名のとおり、をするりと滑らすように入れて履ける履物である。スリッパ フレッシュアイペディアより)

329件中 101 - 110件表示

「足の健康」のニューストピックワード