281件中 101 - 110件表示
  • シャクトリムシ

    シャクトリムシから見た足

    シャクガ科のガの幼虫は、多くが毛や針に覆われない、所謂イモムシであるが、通常のイモムシとは様々な点で異なっている。通常のイモムシは、胸部に3対のを持ち、腹部に5対の疣足があるが、シャクガ科では腹部の疣足が後方の2対を残して退化している。シャクトリムシ フレッシュアイペディアより)

  • 四六のガマ

    四六のガマから見た足

    四六のガマ(しろくのガマ)とは、前が4本指、後足が6本指のニホンヒキガエル(ガマ)のことである。四六のガマ フレッシュアイペディアより)

  • 顎

    から見た足

    日本の俗語で、顎(食事代)と(交通費)を全額先方が負担してくれること。枕(宿泊費)も負担してくれる場合には「顎足枕付き(あごあしまくらつき)」といい、とても素晴らしいことになる。 フレッシュアイペディアより)

  • 魔砲使い黒姫

    魔砲使い黒姫から見た足

    死神天使のに接吻をする事(服従を意味する)でコブラのような姿に変えられる。意識は奪われ死神天使の命令で動く、牙は非常に猛毒で噛まれればすぐに毒が回り死に至る。本来生きている人間を殺す事ができない死神天使団はこの僕を利用して殺すらしい。桜化身弾で元に戻る事が可能。亡者に襲われる事もなく血の川に入っても無害。白姫曰く「この世とあの世を境に生きる霊獣で亡者と同等の存在」。現在鬼丸は一応この姿になっている。魔砲使い黒姫 フレッシュアイペディアより)

  • ピエール・ロスタン

    ピエール・ロスタンから見た足

    ノイケルンの戦いが開始されてから1時間も経たないうちにロスタンの第3中隊は4分の1以上の兵力を失い、さらに、赤軍狙撃兵の銃弾によって第3中隊の死傷者数は増加の一途を辿った。ロスタンの伝令兵4名のうち2名は狙撃兵に射殺され、第2小隊長ボムガルトネと彼の副官は足首を撃ち抜かれ、第1小隊長ジノーは腕を負傷した。しかし、この時には麻痺状態から立ち直って闘志と冷静さを取り戻していたジノーは、治療のための後送命令を拒否して前線に留まった。ピエール・ロスタン フレッシュアイペディアより)

  • ランス・バークマン

    ランス・バークマンから見た脹脛足

    、7月に左脹脛の肉離れでDL入りを経験するなど、136試合の出場に終わった。最終成績は、2年ぶりに.270台の打率となる。本塁打は25本放ち、10年連続で20本塁打以上、四球97も、9年連続での90四球以上となった。ランス・バークマン フレッシュアイペディアより)

  • セネガンビアの環状列石

    セネガンビアの環状列石から見たくるぶし足

    そのほか銅製のベルトと思われる輪のようなもの、両足のくるぶしに着けられた鉄製の鈴である。このような豪華な副葬品は墓の被葬者が権威ある地位にある戦士階級に属する人物であることを示している。セネガンビアの環状列石 フレッシュアイペディアより)

  • MISTERジパング

    MISTERジパングから見た足

    始めは武田家の雇われ忍者として登場。がとても速く、信長や前田利家を軽くあしらう強さを見せた。お金が好きで給料分以上の働きはしない主義。武田家を去ってからは松下家に加江の護衛として雇われるがしばらくして解雇される。日吉に興味を持ち、しばらく蜂須賀家でアルバイトをしながら様子を見る。天回との最終決戦後の時空間移動中の爆発時に信長らの盾となって、約30年後の世界に落とされる。本能寺の変の当日、信長に会おうとし、京都に押し寄せる殺気に気が付くも服部半蔵に襲われて幽閉され、脱出した時にはすでに本能寺は炎上していた。五右衛門は面白くない権力者の時代が来ると予感し、忍びを辞め泥棒になろうかと考える。MISTERジパング フレッシュアイペディアより)

  • ナカジー

    ナカジーから見た足

    ナカジー(1971年8月5日 - )は、日本のお笑い芸人。石川県出身。WAHAHA本舗のお笑いセクションWAHAHA商店所属。身長180cm、体重62kg。バスト83cm、ウエスト73cm、ヒップ87cm、頭囲54cm、28cm 。特技は空手とプログラミング(パソコン修理)。ナカジー フレッシュアイペディアより)

  • イムリ

    イムリから見た足

    トカゲの胴体にバッタのと羽をくっつけたような生き物。毒を持っている。干した肉を食用にするが、非常に固いため食べるには機械などで切る必要がある。イムリ フレッシュアイペディアより)

281件中 101 - 110件表示

「足の健康」のニューストピックワード