329件中 111 - 120件表示
  • こにわ

    こにわから見た足

    2012年10月から2013年3月まで金曜日の曜日コーナー「生で行くけどじゃけんにしないで!」に西田有沙とふたりで出演。週末におすすめのお出かけスポットや注目の番組など様々な現場を紹介する企画に度々現場にを運んだ。2013年3月25日から31日まで行われた『春のPON!祭り』では番組レギュラーで唯一参加できなかったメンバーである。2008年10月から出演し続けてきた『ラジかるッ』から数えて四年半レギュラーをしてきたが、後期は共演者内の格差が生じてしまい、粗悪に扱われることが頻繁にあった。こにわ フレッシュアイペディアより)

  • 人体比率

    人体比率から見た足

    くるぶし下端からまで人体比率 フレッシュアイペディアより)

  • ホッキョクギツネ

    ホッキョクギツネから見た足

    寒さに圧倒的に強く、?70℃の世界でも少し寒がる程度である。極寒地で生息できるための仕組みとして、毛が深くて濃い(アカギツネの体毛は5割が下毛なのに対し、ホッキョクギツネは体毛の7割が下毛である。)ことや、を凍結から守るための対向流熱交換系があること、体脂肪の十分な貯蔵が挙げられる。一般的に丸い体型をしていることや、マズル(鼻口部)や脚が短いこと、耳が小さくて分厚いことからわかるように、表面積と体積の比が低い。寒さに晒される表面積を小さくすることで、体温が逃げるのを防ぐ。ホッキョクギツネ フレッシュアイペディアより)

  • かし

    かしから見た足

    下肢(かし)は、大腿、膝、下腿、の総称。かし フレッシュアイペディアより)

  • 脛骨

    脛骨から見た足

    脚およびの脛骨側を脛側(けいそく)という。医学用語の内側(ないそく)および日常語の内側(うちがわ)と同じである。脛側の反対側を腓側(ひそく)と呼ぶ。脛骨 フレッシュアイペディアより)

  • ガーター

    ガーターから見た足

    女性向けのガーターは、主にの太ももまでの長さのストッキングがずり落ちないような機能をもつ。ガーター フレッシュアイペディアより)

  • ミソフォニア

    ミソフォニアから見た足

    他に、あるいはその他の体の一部の反復的な動き、そわそわすることや、横目で観た動きのような視覚刺激に影響を受ける人もいる。ミソフォニア フレッシュアイペディアより)

  • レッグプレス

    レッグプレスから見た足

    スクワットと同等の効果があるが、スクワットが自重以下に負荷を下げることが難しいのに対して、レッグプレスはマシンの設定重量下限まで負荷を下げることが可能。このため事故の可能性が少なく、ウエイトトレーニング初心者に向いたエクササイズである。の筋力が低下した入院患者のリハビリテーションなどにもよく用いられる。足をフットプレートの上の方に間隔を広くとって深く下ろすとハムストリングスと大臀筋に、下の方に間隔を狭くとって浅く下ろすと大腿四頭筋によく効く。大腿四頭筋の脚の付け根のほうを発達させたい場合は後者の方法をとる。傾斜がついたタイプの他に、水平方向に押すタイプもある。現在は減少したが、真上に押すタイプも存在する。斜めと真上に押す2種類は、頭が低い位置になるため血圧が上がりやすい。息を止めないように気を付けるべきである。レッグプレス フレッシュアイペディアより)

  • 福永法源

    福永法源から見た足

    1984年6月、「天声を聞く唯一の者」として埼玉県川口市で億万長者養成所というセミナーを開催した。億万長者を養成するとの研修で一般に知名度を高めた。1987年、静岡県で宗教法人の認可を受けた。1991年ころに「足裏診断」という相談者のの裏をみて教団へ勧誘することが本格化し、2000年の逮捕時に判明した分だけで、約2万2,000人から約870億円を集金した。福永法源 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺又右衛門

    田辺又右衛門から見た足

    寝技を以って後に負け知らずとなる田辺だったが、その技術が確立されるキッカケになったのは一つの敗北体験であった。すなわち、17歳の時に神田川という体が田辺の2倍もある力士と戦い、相手の体が大き過ぎて掴まえてもを引っ掛けてもスルスルと外され、終に抱え出されてしまったという。田辺によれば「(この敗北から)色々と工夫を積み重ねて“鰻の抑え方”という新手を考案した。鰻を急に手で抑えようとしてもツルリと逃げられてしまうが、鰻にそっと手を掛け、動かせておいて、“ここだ”という時にしっかり抑えると掴まえる事が出来る。寝技もこの呼吸でやると絞める事も逆を取る(関節を極める)事もできる」「蛇が蛙を飲む事も学んだ。蛇は蛙を飲む時に一飲みにはせず、先ず片足を咥えて蛙の足が痺れるのを待ち、そこからジワジワと両足、胴体を飲み込んでいく。これで絶対に蛙は逃げられず、この要領を寝技に応用した」との事。田辺又右衛門 フレッシュアイペディアより)

329件中 111 - 120件表示

「足の健康」のニューストピックワード