281件中 121 - 130件表示
  • ローラン (シャルルマーニュ伝説)

    ローラン (シャルルマーニュ伝説)から見た足の裏足

    『狂えるオルランド』では、素手で人間を引き裂く怪力に、全身が金剛石と同程度の強度をもち、刃を受け付けない。唯一傷を負う可能性があるのは足の裏のみ(第11歌49節)という設定となっている。そのため、鎧を着ていたのはもっぱら飾りのため(第12歌49節)と説明され、第9歌では火縄銃を相手に、さらに第11歌ではルッジェーロがヒッポグリフと「魔法の盾」を使っても殺せなかった海魔・オルクを純粋な力技でねじ伏せて退治する、など常軌を逸するほどの戦闘能力を発揮している。ローラン (シャルルマーニュ伝説) フレッシュアイペディアより)

  • マルチーズ

    マルチーズから見た足の裏足

    被毛は光沢のある純白で、下毛(アンダーコート)のないシングルコートの直毛である。被毛の白さと対照的に鼻、唇、目の縁や足裏は黒く、目も暗色である。耳は垂れている。体重は3.2Kg以下、2.5Kgが理想とされる。マルチーズ フレッシュアイペディアより)

  • エナンティオルニス類

    エナンティオルニス類から見た足

    エナンティオルニス類は食性と生活様式にあわせて多様な体型に進化した。エナンティオルニス類の翼は祖先的な鳥類に比べれば進歩的である。例えば、は空中での操縦性を増すための小翼を持っていた。あるエナンティオルニス類の化石は後足に翼のような羽毛の房を持っていた。後足の羽毛は四翼の恐竜・ミクロラプトルを連想させるが、エナンティオルニス類のそれはより短くバラバラで、にわずかに生えているに過ぎない。エナンティオルニス類 フレッシュアイペディアより)

  • フンババ

    フンババから見た足

    ホルヘ・ルイス・ボルヘスの『幻獣辞典』では、にハゲワシの爪、頭に牛の角があり、尾と男根の先端が蛇になっている姿で紹介されている。フンババ フレッシュアイペディアより)

  • 解剖学における方向の表現

    解剖学における方向の表現から見た足

    頭のある方が上(superior)、のある方が下(inferior)である。上を頭側(cranial)、下を尾側(caudal)と表現することもあるが、cranialという英単語には「頭蓋の」という意味もあるので注意を要する。また、「尾側」の用法は後述する脳解剖での用法と一致しない。解剖学における方向の表現 フレッシュアイペディアより)

  • サーンキヤ学派

    サーンキヤ学派から見た足

    しかしプルシャの観察を契機に平衡が破れると、プラクリティから様々な原理が展開してゆくことになる。プラクリティ→理性→自我意識という順序で原理が現れ、自我意識からは思考器官・知覚器官・行為器官が生まれる。知覚器官には耳・皮膚・眼・舌・鼻があり、行為器官には発声器官・手・・排泄器官・生殖器官がある。また、自我意識は他方では元素としての(音・触感・色・味・香)を生み、元素は五大の要素(虚空・風・火・水・地)を生む。これらの対象は知覚器官に対応している。サーンキヤ学派 フレッシュアイペディアより)

  • 脛骨

    脛骨から見た足

    脚およびの脛骨側を脛側(けいそく)という。医学用語の内側(ないそく)および日常語の内側(うちがわ)と同じである。脛側の反対側を腓側(ひそく)と呼ぶ。脛骨 フレッシュアイペディアより)

  • 千代白鵬大樹

    千代白鵬大樹から見た足

    2003年7月場所には初めて幕下上位に番付を上げたが、7戦全敗と跳ね返されてしまった。しかしこの経験が良い方向に向かい、翌年には幕下上位でも勝ち越せるようになった。2005年1月場所には東幕下4枚目まで番付を上げ、7戦全勝で幕下優勝を果たし、翌3月場所には十両に昇進した。しかし、場所前の稽古で朝青龍に吊り落とされ、さらに安馬との稽古で左ふくらはぎを故障。場所中にも右足関節を故障し途中休場を余儀なくされた。翌5月場所を強行出場し、1場所で十両に復帰したが、足の調子が万全でなかったため星が伸びず再び幕下に陥落した。千代白鵬大樹 フレッシュアイペディアより)

  • 身体改造

    身体改造から見た足

    非意図的ではあるが、靴の使用は外反母趾などのの変形を伴うことがある。女性用の靴に著しい。身体改造 フレッシュアイペディアより)

  • マニキュア

    マニキュアから見た足

    の爪に施す場合はペディキュアと呼んで区別する。マニキュア フレッシュアイペディアより)

281件中 121 - 130件表示

「足の健康」のニューストピックワード