329件中 131 - 140件表示
  • 棒のぼり

    棒のぼりから見た足

    小学校体育で、腕やの筋肉を鍛えるために児童に行なわせる。棒のぼり フレッシュアイペディアより)

  • 木登り

    木登りから見た足

    人類を含めた動物の木登りにおいて、手や尻尾など、身体的道具のみを用いて行う動作に関しては素登りともいう。これに対し、林冠部調査や林業などで用いられるような道具を用いる手法もある。道具を用いる場合、梯子やロープ等、直接的な道具使用のほかにも、ジャングルジムやウォークウェイなど、間接的な道具使用がある。長期継続的な木登りを要する生態学調査の場合は後者が選択されることがほとんどで、フィールドワークなどにおいて複数の人間が広大な範囲の調査を要する場所などでは恒常的に木登りを行うための設備が常設されている。木登り フレッシュアイペディアより)

  • 靴下

    靴下から見た足

    靴下(くつした)は、を覆う袋状の布のことである。特に薄く伸縮性のする布を用いたものは、ストッキングと呼ばれる。古称をメリヤス足袋といい、足袋もこれに近いが、一般には別個のものとして扱われる。靴下 フレッシュアイペディアより)

  • かほピョン

    かほピョンから見た足

    特技は長い耳ですばやく情報をキャッチ、速いで読者に新聞をお届けするのが得意だという河北新報本社や、各地の河北新報販売店のイベント会場に出没している着ぐるみキャラクター。うさぎをモチーフにしていて、全身は白色、黒い瞳、内部の赤い耳を持つ。かほピョン フレッシュアイペディアより)

  • 瀬戸地蔵

    瀬戸地蔵から見た足

    東条川沿いの小道にある岩を船形状に彫り窪め、中央に半肉彫りされた地蔵菩薩立像。右手に錫杖、左手に宝珠を持つ一般的な形式の地蔵菩薩で、衣を両肩にまとい、衣の皺を腹部からにかけて六筋を表しており、室町時代の作と推定されている。屋外にある石像物としては比較的良好で、面相や像容が鮮明に残っている。瀬戸は狭い場所を意味し、川沿いの断崖絶壁の細道に沿うところにあるため、そう呼ばれてきた。名前の由来については諸説紛々で事実は定かではない。瀬戸地蔵 フレッシュアイペディアより)

  • カメムシ目

    カメムシ目から見た足

    カメムシ目は、非常に多様性に富み、様々な生活をするものがいるため、全体の形や各部の構造はその群によって大きく異なる。淡水性のものでは水中生活のための構造が発達する。アブラムシやカイガラムシでは、翅を持たぬ事も多く、単為生殖による繁殖を含む、複雑な生活環を発達させ、また、寄生生活のものではや体節構造までも失って、とても昆虫とは思えない形のものもある。カメムシ目 フレッシュアイペディアより)

  • 電気あんま

    電気あんまから見た足

    電気あんま(でんきあんま)とは二人で行う遊びであり、一方がもう一方の股間にを入れぐいぐいと揺らすものである。行う際に足を入れる側がもう一方の両足を掴んでよりしっかりと股間に足をあてがうことが多い。電気あんま フレッシュアイペディアより)

  • ソルスティス 三次元迷宮の狂獣

    ソルスティス 三次元迷宮の狂獣から見た足

    頭の下に巨大ながついた怪物。しつこく追いかけてくる。出現場所が極端に少ない。ソルスティス 三次元迷宮の狂獣 フレッシュアイペディアより)

  • 足甲歩き

    足甲歩きから見た足

    足甲歩き(あしこうあるき)は、忍者の肉体鍛錬法の一つ。文字通り、足の甲で立って歩行し、足首およびその周辺を強靭なものにするために行われる。甲賀流に伝えられるものの一つとされる。足甲歩き フレッシュアイペディアより)

  • M字開脚

    M字開脚から見た足

    M字開脚(エムじかいきゃく)とは、人間が膝を曲げながら両を開く姿勢のこと。正面から見ると、両足の形がMの字に似ていることからこの名前がついた。M字開脚 フレッシュアイペディアより)

329件中 131 - 140件表示

「足の健康」のニューストピックワード