281件中 11 - 20件表示
  • 義肢

    義肢から見た足

    義肢(ぎし、Prosthesis)とは、事故や病気や戦争等で切断した手やを補う為に装着する代替物のことである。機能を回復させる物と、外見を回復させるものとがある。人工四肢とも呼ばれる。義肢 フレッシュアイペディアより)

  • 足甲歩き

    足甲歩きから見た足

    足甲歩き(あしこうあるき)は、忍者の肉体鍛錬法の一つ。文字通り、足の甲で立って歩行し、足首及びその周辺を強靭なものにするために行われる。甲賀流に伝えられるものの一つとされる。足甲歩き フレッシュアイペディアより)

  • Miburi

    Miburiから見た足

    各種センサ、スピーカーユニット、センサを組み込むウェア(ジャケット)から構成されている。演奏者の指、手首、肘、肩、にセンサをつけることで、演奏者の体の動きやステップに応じた演奏を実現した。Miburi フレッシュアイペディアより)

  • リュボミィル・リュボエビッチ

    リュボミィル・リュボエビッチから見た足

    幼少時はサッカーの選手になりたくてサッカーに熱中していたが、を怪我したためチェスに転向した。1970年にインターナショナルマスターとなり、翌年にはグランドマスターとなった。リュボミィル・リュボエビッチ フレッシュアイペディアより)

  • 土踏まず

    土踏まずから見た足

    土踏まず(つちふまず)とは、ヒトの足裏にあるアーチ形状である。土踏まずは片足に三箇所(厳密に言えば四箇所)あり、それぞれ、前後方向、左右方向、水平回転方向の姿勢制御を容易にする。また、アーチ形状がバネのように作用することで、にかかる衝撃を緩和させる役割もある。土踏まず フレッシュアイペディアより)

  • メラムプース

    メラムプースから見た足

    メラムプース、あるいはメランプース(Melampus, )は、ギリシア神話の有名な占い師、予言者である。「黒い」の意で、長母音を省略してメラムプス、メランプスとも。メラムプース フレッシュアイペディアより)

  • 震

    から見た足

    原義は最も下(創め)に一陽が生じて、限りなく前進する様子。ここから始動の時・雷・龍・・長男・若い男性などを象徴する。方位としては東(地支では卯)を示す。現代社会では電信電話・高速通信など。時に嘘つきにもなる。肉体では聴覚・肝臓・代謝など。 フレッシュアイペディアより)

  • 北枕

    北枕から見た足

    北枕(きたまくら)とは、頭を北へ、を南へ向けて寝ることである。北枕 フレッシュアイペディアより)

  • 脚線美

    脚線美から見た足

    一般に、「(何者かの)(= 脚)」をチャームポイントとする際に褒め言葉として用いられる、典型的な肯定的形容表現であり、その客観的・普遍的な基準などというものは、原理的には存在しない。ただ、通俗的には「細い足」「引き締まった足首」などを、「美しさ」の具体的基準とする言説がまま見られるが、これらも全て主観的な評価にすぎない。性的嗜好によっては、例えば、下位概念として「カモシカのような脚」(引き締まった筋肉質の脚の美しさを表現)、「筋肉美脚」(女性でありながらも、よく発達している筋肉の美しさを強調し、その力強さや躍動感、あるいはいわゆる「女性らしさ」とのギャップ自体を魅力として評価した表現)といった言葉を位置付けることが出来る。脚線美 フレッシュアイペディアより)

  • 患

    から見た足

    牛と象をあわせた身体に青い目を持ち、身長は小さいもので7から8メートル、大きいものでは10mを超える。またが地面にめり込んでおり、人間の力では動かせないとされる。 フレッシュアイペディアより)

281件中 11 - 20件表示

「足の健康」のニューストピックワード