329件中 21 - 30件表示
  • 腓骨

    腓骨から見た足

    脚およびの腓骨側を腓側(ひそく)という。医学用語の外側(がいそく)および日常語の外側(そとがわ)と同じである。腓側の反対側を脛側(けいそく)と呼ぶ。腓骨 フレッシュアイペディアより)

  • 下駄記号

    下駄記号から見た足

    この溝はグルーブと呼ばれ、鋳造時の贅片(ぜいへん)と呼ばれる部分を折り取った跡である。折り取った跡はそのままでは滑らかでないので、活字用鉋を用いて手作業で仕上げていた。グルーブによって隔てられた二つの部分はフート(footが訛ったもので、日本の活版用語では文字通り「」)と称され、このフートが紙面に現れたものが下駄記号である。下駄記号 フレッシュアイペディアより)

  • 白面夜叉

    白面夜叉から見た足

    つげ義春18歳のときの処女作。当時、つげは自身の作品を持って1週間ほど多くの出版社を回り、10軒目の若木書房でようやく採用される。これ以前に、1?2ページくらいの小編や1?4コマ漫画、ほぼ同時期に『青空浪人』などを描いているが、実質的につげのデビュー作品。時代もの長編作品である。制作には約2?3ヶ月かかったが、これはその間にを怪我し、約1ヶ月間寝込んだためである。2冊目の次作『涙の仇討ち』は1ヶ月で描き上げている。白面夜叉 フレッシュアイペディアより)

  • 浅瀬

    浅瀬から見た足

    浅瀬(あさせ、)は、川や湖、海などといった水のある地形のうち、水深が極めて浅い部分のことである。日本で一般的に浅瀬と言うと、日本人の平均的な身長の成人のが地面に付いた状態でも顔が水面より上にあるところを指す。また船にとって浅瀬と言うと船の大きさにもよるが、船の下部が水底に接触するかしないかの運航が難しいエリアを言う。船が浅瀬に進入すると、身動きが取れなくなる。船が浅瀬や、暗礁に乗り上げることを「座礁する」という。クジラやイルカも潮の流れで浅瀬に乗り上げる、または打ち上げられることがある。浅瀬 フレッシュアイペディアより)

  • マルミズムシ

    マルミズムシから見た足

    水草の多い浅い池などに生息する。普段は水草の茎などに止まっていることが多い。泳ぐ時には後ろ二対のを使い、真っすぐに泳ぐ。泳ぐ姿勢は腹面を上にした背泳ぎの形である。長く泳ぎ回ることは少なく、すぐに水草に止まって動かなくなる。マルミズムシ フレッシュアイペディアより)

  • 指骨

    指骨から見た足

    指骨(しこつ、または)は、四肢動物の前肢・後肢の先端部にある、手およびの指を構成する骨の集合。指骨 フレッシュアイペディアより)

  • 趾 (鳥類)

    趾 (鳥類)から見た足

    趾(あしゆび、)とは、鳥類特有ののつま先に該当する部分である。趾 (鳥類) フレッシュアイペディアより)

  • 手足浴

    手足浴から見た足

    手足浴(てあしよく)は、風呂の入浴法の一つ。身体の一部分をつける部分浴の一種。手とだけを浴槽につけ入浴する方法。手足浴 フレッシュアイペディアより)

  • 有痛性青股腫

    有痛性青股腫から見た足

    の壊疽をおこすこともありうる。 有痛性青股腫の患者の約半数には悪性腫瘍がみられる。有痛性青股腫 フレッシュアイペディアより)

  • 暑熱馴化

    暑熱馴化から見た足

    汗腺の働きが活発になり、発汗量が増加するものの塩分は汗腺導管部で再吸収されることから塩分喪失が抑制される。汗は塩分が少なくサラサラになり、水分補給により体液バランスが回復しやすくなることから、熱中症になりにくくなる。発汗反応の効果は胴体に比べ、手やなど末梢部の方が高く現れる。馴化は概ね1週間ないし10日で整えることが出来るが、運動強度を上げることにより、効果を早めることが出来る。暑熱馴化 フレッシュアイペディアより)

329件中 21 - 30件表示

「足の健康」のニューストピックワード