329件中 31 - 40件表示
  • 掘足綱

    掘足綱から見た足

    殻の後口側に肛門が、殻口側に頭、がある。頭部は眼や触角など多くの感覚器官を欠くが平衡胞 ( statocysts ) と呼ばれる感覚器官を持つほか、食物を捕食するための頭糸と呼ばれる触手状の器官がある。これらの器官を使用し、餌を捕らえ、歯舌で擦り取って食べるとされる。鰓は持たないため、外套膜が代わりとなり海水中の酸素を取り込む。また、以上の様な器官や殻などがすべて左右対称になっていることも掘足綱の最大の特徴のひとつである。なお、蓋は持たない。掘足綱 フレッシュアイペディアより)

  • 名草戸畔

    名草戸畔から見た足

    熊野古道を現海南市に少し入ったそばのクモ池周辺が戦場になった。名草戸畔はここで殺され、頭、胴、(脚の意か)が切り離された。名草戸畔 フレッシュアイペディアより)

  • かかと

    かかとから見た足

    かかと(踵)は、の裏の最も後(背中側)の部分である。きびすとも言う。靴ではかかとの下の靴底を厚くするのが普通で、英語の heel からヒールとも言う。靴のこの部分を指してかかとと言うこともある。かかと フレッシュアイペディアより)

  • トレンカ

    トレンカから見た足

    一般的にレギンスは(踝(くるぶし)から先)を覆う部分がない、もしくは長くとも踝を覆う程度の長さであるが、トレンカは土踏まずの部分に引っ掛ける部分を持ち、爪先(つまさき)と踵(かかと)が露出する。これらに対し、足を完全に覆う形状のものはタイツである。なお、足部分にトレンカと同様の構造を持つ靴下は「トレンカソックス」と呼ばれる。トレンカ フレッシュアイペディアより)

  • トレンカ

    トレンカから見た足

    一般的にレギンスは足((くるぶし)から先)を覆う部分がない、もしくは長くとも踝を覆う程度の長さであるが、トレンカは土踏まずの部分に引っ掛ける部分を持ち、爪先(つまさき)と踵(かかと)が露出する。これらに対し、足を完全に覆う形状のものはタイツである。なお、足部分にトレンカと同様の構造を持つ靴下は「トレンカソックス」と呼ばれる。トレンカ フレッシュアイペディアより)

  • 多発性神経炎

    多発性神経炎から見た足

    多発性神経炎(たはつせいしんけいえん)とは、薬物中毒、代謝異常、遺伝性疾患などにより手やの末梢神経に障害を生じる病気である。多発性ニューロパチーとも称される。多発性神経炎と多発性神経根炎に分けることもある。多発性神経炎 フレッシュアイペディアより)

  • 垢嘗

    垢嘗から見た足

    古典の妖怪画の画図では、に鉤爪を持つざんぎり頭の童子が、風呂場のそばで長い舌を出した姿で描かれている。解説文が一切ないため、どのような妖怪を意図して描かれたものかは推測の域を出ないが、江戸時代の怪談本『古今百物語評判』には「垢ねぶり」という妖怪の記述があり、垢嘗はこの垢ねぶりを描いたものと推測されている。垢嘗 フレッシュアイペディアより)

  • 万能細胞

    万能細胞から見た足

    人工多能性幹細胞(iPS細胞)という万能細胞の研究開発により、胚性幹細胞(ES細胞)の倫理的問題や、拒絶反応の問題は一応クリアできるが、実際に心臓などの複数の種類の違う細胞群から複雑に構成されている臓器のコピーを作製するには高いハードルがあり、臓器の完全コピーや、指やなどの複雑さをきわめた部位を完全に作り上げるのはかなり困難だとされている。このように様々な神経回路や血管、筋肉などで構成されている臓器を実際に作製することは、試験管内では不可能とされており、それを可能にするためには、いわゆる「臓器工場」という別の生体が必要となる。これは人間の遺伝子を組み込んだ豚あるいはサルなどのキメラ生命体の作製が必要不可欠だということで、新たな倫理的問題がつきまとってくる。万能細胞 フレッシュアイペディアより)

  • 打球

    打球から見た足

    サッカーなどによる打球。打球 フレッシュアイペディアより)

  • 爪先

    爪先から見た足

    爪先(つまさき)とは、動物(特に人)のの先端部の指がある部分、または足の指の先の部分のことである。英語のtoeからトーとも言う。一本一本の指に着目する場合には足指(あしゆび)という場合もある。爪先 フレッシュアイペディアより)

329件中 31 - 40件表示

「足の健康」のニューストピックワード