281件中 41 - 50件表示
  • ペダル (自転車)

    ペダル (自転車)から見た足

    ペダル(Pedal )は、人間ので踏み自転車の動力源となる部品である。ペダルの軸はクランクアームの末端近くについており、その回転によって足の上下運動をクランクの回転運動へと変換する。登場以来、一般的な自転車のペダル形状には本質的な変化はないため、本項目は主としてスポーツ自転車用のものについて説明する。ペダル (自転車) フレッシュアイペディアより)

  • 股引

    股引から見た足

    股引(ももひき)は日本の伝統的ボトムスであり、下着としても使われた。腰からまで、やや密着して覆う形のズボン型。腰の部分は紐で締めるようになっている。安土桃山時代にポルトガルから伝わったカルサオ(カルサンとも)と呼ばれる衣服が原形とされる。股引 フレッシュアイペディアより)

  • 浅瀬

    浅瀬から見た足

    浅瀬(あさせ、)は、川や湖、海などといった水のある地形のうち、水深が極めて浅い部分のことである。日本で一般的に浅瀬と言うと、日本人の平均的な身長の成人のが地面に付いた状態でも顔が水面より上にあるところを指す。また船にとって浅瀬と言うと船の大きさにもよるが、船の下部が水底に接触するかしないかの運航が難しいエリアを言う。船が浅瀬に進入すると、身動きが取れなくなる。船が浅瀬や、暗礁に乗り上げることを「座礁する」という。クジラやイルカも潮の流れで浅瀬に乗り上げる、または打ち上げられることがある。浅瀬 フレッシュアイペディアより)

  • 花瓶

    花瓶から見た足

    花瓶の構造上の各部分は、人体構造の各部分に例えられる。花瓶の底はしばしばと呼ばれる。花瓶が容易に倒れないように、足は安定感があるよう設計されている。足の上に胴があり、多くの場合、膨らみを伴う。胴の上部である肩にて、花瓶の径は急速に狭まり、首につながり、花を挿しこむ口が開いている。もっとも、すべての花瓶がこれに当てはまるわけではない。たとえば、壁掛け用の花瓶の足は、尖っていたり丸みを帯びているため自立できないものもある。現代的な壁掛け花瓶の中には、首と胴の境がない試験管のような形をしたものも存在する。花瓶 フレッシュアイペディアより)

  • 打鍼術

    打鍼術から見た足

    夢分流の鍼は、腹部を中心に鍼治療を行うため、手のような敏感な部位への刺入には不向きである。よって腹部中心に治療を行うため、現代のような按摩・マッサージのような鍼とは大きく異なり、五臓を病の原因ととらえ、これを調整することで治療を行うというもの。現代の経絡治療と考え方は似ているようで、腹のみに治療するということから、治療を成功させるには大きな説得力がいる。打鍼術 フレッシュアイペディアより)

  • スリッパ

    スリッパから見たくるぶし足

    そのような意味の言葉なので、実際の形状はさまざまで例外も多いが、概して以下のような特徴がある。かかと部分の高さがまったくないか、あってもくるぶしより低い。留め金や結び紐などはない。ヒールはないか、あっても低い。スリッパ フレッシュアイペディアより)

  • スリッパ

    スリッパから見た足

    スリッパ () は、履物の種類で、「スリップ」の名のとおり、をするりと滑らすように入れて履ける履物である。スリッパ フレッシュアイペディアより)

  • シュードラ

    シュードラから見た足

    バラモン教の聖典『リグ・ヴェーダ』の「巨人の歌」 (, Puru?a sūkta) では、バラモンは創造主バルマの口から、クシャトリアは腕から、ヴァイシャは腿から、そしてシュードラはから生まれたと語られているが、この部分は後世になって付け加えられたものであることが確実視されている。シュードラ フレッシュアイペディアより)

  • 五歩

    五歩から見た足

    雲梯等の下に四角形を書きそのまわりの4つの所に四角形を書く。真ん中の四角形に「×」を書いてそこにを十秒以内に置く(置かないとその人が鬼になる)そこでじゃんけんをする。負けた人が鬼になって逃げる人は物の上を行ききして(地中にあっても地上に見えていたら乗ってのいい。)鬼も物の上を行ききする。もしも、物の上から落ちた場合には自己申告か見ていた人がみんなに言い、落ちた人が鬼になる。一人、逃げてる人が捕まったら全員元に場所に戻る。そうしたら鬼は2歩もらって捕まらなかった人は1歩で捕まった人は変わらない。もっている歩の数は自分の陣地を作るためにある。1歩で地面に棒を書く(1本5CM?8CM)その上に乗れるてゲーム中に使える。ゲームの終りは、逃げてる人が捕まったら鬼の歩が増えるだけでまたジャンケンをして鬼を決めるから終わりは無いと思われる。(規定に時間が来るか、飽きるまで)五歩 フレッシュアイペディアより)

  • 木登り

    木登りから見た足

    人類を含めた動物の木登りにおいて、手や尻尾など、身体的道具のみを用いて行う動作に関しては素登りともいう。これに対し、林冠部調査や林業などで用いられるような道具を用いる手法もある。道具を用いる場合、梯子やザイル等、直接的な道具使用のほかにも、ジャングルジムやウォークウェイなど、間接的な道具使用がある。長期継続的な木登りを要する生態学調査の場合は後者が選択されることがほとんどで、フィールドワークなどにおいて複数の人間が広大な範囲の調査を要する場所などでは恒常的に木登りを行うための設備が常設されている。木登り フレッシュアイペディアより)

281件中 41 - 50件表示

「足の健康」のニューストピックワード