281件中 51 - 60件表示
  • イソコナゾール

    イソコナゾールから見た足

    イソコナゾール()とは、アゾール系抗真菌薬。イソコナゾールはや膣の感染症の治療薬としてナイジェリアとグレートブリテン島の医学研究者によって発見され、クロトリマゾールと同等の効果がある。イソコナゾール フレッシュアイペディアより)

  • 東方靈異伝 〜 Highly Responsive to Prayers.

    東方靈異伝 〜 Highly Responsive to Prayers.から見た足

    悪霊。延々と「生きて(?)きた」存在で、姿を現さなくとも物凄い邪気を振り撒いており、玄爺曰くその念や力は強大。「永遠に休める世界」からやって来たと自称する。『怪綺談』のボムカットイン時以外はが無く、人魂の尾のようになっている。東方靈異伝 〜 Highly Responsive to Prayers. フレッシュアイペディアより)

  • 蛸 (突き棒)

    蛸 (突き棒)から見た足

    名の由来は、大型で専用の撞槌には数本の持ち手が付いていて、形状全体が複数のを持つタコの姿に似ていることにある。英語 (その一語義)と同義であり、よって、ランマー、ラマー、ラムとも呼ぶ。蛸 (突き棒) フレッシュアイペディアより)

  • 下駄記号

    下駄記号から見た足

    この溝はグルーブと呼ばれ、鋳造時の贅片(ぜいへん)と呼ばれる部分を折り取った跡である。折り取った跡はそのままでは滑らかでないので、活字用鉋を用いて手作業で仕上げていた。グルーブによって隔てられた二つの部分はフート(footが訛ったもので、日本の活版用語では文字通り「」)と称され、このフートが紙面に現れたものが下駄記号である。下駄記号 フレッシュアイペディアより)

  • リバンダ

    リバンダから見た足

    元々は戦士としての価値と抜け目のなさを測る手段であるが、娯楽でもある。フリースタイルレスリングと同じように、円形のリングの中で体全体で組み合う。相手を掴んだり、投げ技や足払いを使って相手を倒すと勝ちになる。手、、頭突き等による打撃も許されてはいるが、実際にはあまり行われないという。リバンダ フレッシュアイペディアより)

  • 手足浴

    手足浴から見た足

    手足浴(てあしよく)は、風呂の入浴法の一つ。身体の一部分をつける部分浴の一種。手とだけを浴槽につけ入浴する方法。手足浴 フレッシュアイペディアより)

  • ホンドテン

    ホンドテンから見た足

    成獣の大きさにはオスとメスでは異なり、オスはメスより若干大きい。体長は約40 - 55cm。尾長は約15 - 20cm。体重は約1.0 - 1.5kg。毛色は、躯体は黄色から褐色まで個体により様々である。手は黒色。尾は躯体とほぼ同色。躯体が黄色い個体はキテン、褐色の個体はスステンと呼ばれる。キテンは東北地方に多く生息し、スステンはそれよりも南に多く生息する傾向があるが、キテンは四国と九州にも生息している。夏毛と冬毛では色が異なり、冬毛の色は夏毛の色より淡い傾向がある。歯数は、切歯が上6本下6本、犬歯が上2本下2本、前臼歯が上8本下8本、後臼歯が上2本下4本、合計38本。乳頭数は、胸部は無し、腹部1対、鼠径部2対、合計6個。指趾数(指の数)は、前肢が5本、後肢が5本、合計20本。ホンドテン フレッシュアイペディアより)

  • パウル・フォン・ヴェルナー

    パウル・フォン・ヴェルナーから見た足

    また第二次シュレージエン戦争ではゾーアの戦い(1745年)、ロクーの戦い(1746年)およびラウフフェルトの戦い(1747年)に参加した。なおたびたび勇気を示したものの、ヴェルナーは大尉に留まる。そしてライン川で行われた数度の戦闘の中、彼はに傷を負った。これはヴェルナーの長い軍歴における、唯一の負傷である。その後、恐らく療養に訪れていたカールスバートで、彼の獲得を試みていたプロイセン王国のハンス・カール・フォン・ヴィンターフェルト少将と出会う。パウル・フォン・ヴェルナー フレッシュアイペディアより)

  • コンバース・オールスター

    コンバース・オールスターから見た足

    アッパー(甲を覆う部分)には、主にキャンバス生地やレザー等が使用され、靴底はゴムで出来ている。アッパーがまで覆うHIカットと、踝が出るOXカットの二種類存在する。また、アッパー生地の色の種類、ペイントされた模様により多彩な種類が存在するのも特徴である。HIカットは当時新しいスポーツであったバスケットボール用のシューズとして開発されたもので、バスケットボールの普及とともに知名度を高めていった。コンバース・オールスター フレッシュアイペディアより)

  • マルミズムシ

    マルミズムシから見た足

    水草の多い浅い池などに生息する。普段は水草の茎などに止まっていることが多い。泳ぐ時には後ろ二対のを使い、真っすぐに泳ぐ。泳ぐ姿勢は腹面を上にした背泳ぎの形である。長く泳ぎ回ることは少なく、すぐに水草に止まって動かなくなる。マルミズムシ フレッシュアイペディアより)

281件中 51 - 60件表示

「足の健康」のニューストピックワード