329件中 51 - 60件表示
  • 震

    から見た足

    原義は最も下(創め)に一陽が生じて、限りなく前進する様子。ここから始動の時・雷鳴(雷の音)・龍・・長男・若い男性などを象徴する。方位としては東(地支では卯)を示す。現代社会では電信電話・高速通信など。時に嘘つきにもなる。肉体では聴覚・肝臓・代謝など。 フレッシュアイペディアより)

  • 患

    から見た足

    牛と象をあわせた身体に青い目を持ち、身長は小さいもので7から8メートル、大きいものでは10mを超える。またが地面にめり込んでおり、人間の力では動かせないとされる。 フレッシュアイペディアより)

  • 福田敬子

    福田敬子から見た足

    晩年はパーキンソン病を患いが不自由となったが、それでも週に2,3回は道場に顔を出し指導を行った。しかし2013年に入ると体調を崩し肺炎を発症、2月9日サンフランシスコ市内の自宅で死去した。。福田敬子 フレッシュアイペディアより)

  • リュボミィル・リュボエビッチ

    リュボミィル・リュボエビッチから見た足

    ウジツェ出身。幼少時はサッカーの選手になりたくてサッカーに熱中していたが、を怪我したためチェスに転向した。1970年にインターナショナルマスターとなり、翌年にはグランドマスターとなった。リュボミィル・リュボエビッチ フレッシュアイペディアより)

  • 偽痛風

    偽痛風から見た足

    関節に激烈な痛みがおこり、発熱を伴う。痛風よりも痛みは弱い。好発部位は膝関節で、約半数が発生する。それ以外のほとんどの関節にも発生しうるが、肩関節、関節などの大きな関節のほうが発生しやすい。心筋梗塞や脳梗塞などが誘因となる可能性もあるが、誘因がないこともある。偽痛風 フレッシュアイペディアより)

  • 足三里穴

    足三里穴から見た足

    4世紀ころに書かれた「傷寒論」中に「風邪をひいた時は桂枝湯を飲み、しばらく後に熱い粥をすすれ。生ものや冷たい食品は避けよ」との記載があるように、太古より東洋医学では体を冷やすなと教えてきた。腹部の冷えは夏風邪、下痢、食欲不振、頻尿、倦怠感、頭痛、耳鳴り、肩こり、めまいなど多くの不定愁訴の原因となる。長く治らない五十肩や腰痛も、腹部の冷えからの治療が必要とされる。こうした場合に、必ず使われるツボとして足三里がある。腹痛、下痢、嘔吐などの胃腸障害、膝痛やのしびれなど足の障害、歯痛、歯槽膿漏などにも効くとされるほか、夏バテ防止、冷房病対策などにも効果がある。足三里穴 フレッシュアイペディアより)

  • 幼児体形

    幼児体形から見た足

    幼児体形(ようじたいけい)とは、就学前頃までの幼児の体形のこと。一般に頭が大きく、胴体は寸胴で腹が出ており、手は胴体に比較して小さい。女性の場合はそれに加えて乳房(バスト)が膨らんで無く、骨盤が前傾傾向で、ウエストにくびれが無く、ヒップが小さい。小学校就学後、学童体形に移行する。幼児体形 フレッシュアイペディアより)

  • セネガンビアの環状列石

    セネガンビアの環状列石から見たくるぶし足

    そのほか銅製のベルトと思われる輪のようなもの、両足のくるぶしに着けられた鉄製の鈴である。このような豪華な副葬品は墓の被葬者が権威ある地位にある戦士階級に属する人物であることを示している。セネガンビアの環状列石 フレッシュアイペディアより)

  • 漁夫王

    漁夫王から見た足

    マロリー版では、まず旅の途中のベイリン卿のエピソードに登場。ベイリン卿を客人としてもてなすものの、ベイリン卿が漁夫王の弟を殺害してしまったため、ベイリン卿と戦いになる。初期は丸腰のベイリン卿に対し優勢に戦いをすすめるものの、ロンギヌスの槍を手にしたベイリン卿の一撃によってに重傷を負ってしまう。しかも、この負傷は自然治癒しない呪われたものであったため、以後はずっと傷の痛みに苦しむことになる。漁夫王 フレッシュアイペディアより)

  • レームダック

    レームダックから見た足

    原義は「の不自由なアヒル」。レームダック フレッシュアイペディアより)

329件中 51 - 60件表示

「足の健康」のニューストピックワード