329件中 71 - 80件表示
  • 解剖学における方向の表現

    解剖学における方向の表現から見た足

    頭のある方が上(superior)、のある方が下(inferior)である。上を頭側(cranial)、下を尾側(caudal)と表現することもあるが、cranialという英単語には「頭蓋の」という意味もあるので注意を要する。また、「尾側」の用法は後述する脳解剖での用法と一致しない。解剖学における方向の表現 フレッシュアイペディアより)

  • 骨盤位

    骨盤位から見た足

    古来よりの小指へのきゅうで治るとされ、鍼灸の世界では常識とされてきた。足の小指の爪の外側にあるツボ「至陰」がよく知られる。2016年4月にはタレントの釈由美子が、「三陰交」や「足三里」へのきゅうにより逆子をすぐに治した。三陰交は特に婦人科系でよく使われるツボで、足三里は胃腸や養生のツボとして知られる。骨盤位 フレッシュアイペディアより)

  • 上下

    上下から見た足

    一定方向に重力のある環境で、重力の向かう方向、即ち物体が落ちる方向を下(した)、その対蹠で物体が登る方向を上(うえ)という。ヒトの身体で言うと、頭の方向が「上」、の方向が「下」である。上下 フレッシュアイペディアより)

  • ジュウシマツ

    ジュウシマツから見た足

    体長約12cm、体重12-18g。寿命は、短ければ3年程度、長くても8年程度である。普段の鳴き声は「プッ、プッ」と電子音を思わせる声である。雄は繁殖期に雌に対し、羽毛を逆立てながら「ププピー?」とさえずる。尾は長めで、嘴は太く、真っすぐである。嘴、羽毛、の色は多様で、親子で遺伝する。※遺伝しない場合ありジュウシマツ フレッシュアイペディアより)

  • 龍人

    龍人から見た足

    創作世界においては、人や竜(ドラゴン)への変身の有無、皮膚(鱗及び蛇腹)の色、翼の有無、飛行の可能不可、武器の有無(あるいは手(前肢)によるその所持の可能不可)など、作品によって様々な違いがある。龍人 フレッシュアイペディアより)

  • アメーバ

    アメーバから見た足

    アメーバは基本的に鞭毛や繊毛をもたないが、移動の際は細胞内の原形質流動によって、進行方向へ細胞質が流れるに従い、その形を変えるようにして動く。この運動をアメーバ運動という。この時に原形質流動によって突き出される部分を、になぞらえて仮足(かそく)または偽足(ぎそく)という。仮足の先端は幅広く丸くなっており、プラズマレンマという透明な層が見られる。アメーバ フレッシュアイペディアより)

  • 北枕

    北枕から見た足

    北枕(きたまくら)とは、頭を北へ、を南へ向けて寝ることである。北枕 フレッシュアイペディアより)

  • ピコタン

    ピコタンから見た足

    主たる遊び方としては、ピコタンを複数集めて、各個体の手・・頭の結合部分同士をジョイントし、遊び手の思うがままにピコタン集合体を形成していく、というもの。ピコタン フレッシュアイペディアより)

  • シャクトリムシ

    シャクトリムシから見た足

    シャクガ科のガの幼虫は、多くが毛や針に覆われない、所謂イモムシであるが、通常のイモムシとは様々な点で異なっている。通常のイモムシは、胸部に3対のを持ち、腹部に5対の疣足があるが、シャクガ科では腹部の疣足が後方の2対を残して退化している。シャクトリムシ フレッシュアイペディアより)

  • 下毛類

    下毛類から見た足

    ゾウリムシのような、全身が繊毛に覆われた姿ではなく、繊毛がはえていない面が多い。また、腹面と背面がはっきりした、多少とも扁平な体をしており、多くの繊毛は腹面にはえる。背面には繊毛がない。腹面の繊毛の配列も、縁に沿って並んでいたり、後端に太いものが並んでいたりと、はっきりとした配列が見られる。また、複数の繊毛が集まって、太い繊毛の束となっているものがあるのが特徴である。なかには、そのような繊毛束が腹面に少数あるだけのものもある。そのようなものでは、ちょっと昆虫ののような感じになっている。細かい繊毛が多数あるものもあるが、その場合も、数は多くなく、ややまばらな列をなす。下毛類 フレッシュアイペディアより)

329件中 71 - 80件表示

「足の健康」のニューストピックワード