329件中 81 - 90件表示
  • ドンスコイ

    ドンスコイから見た足

    平均体重は2.5kg?4.0kgで、筋肉質の体つき、大きな耳、アーモンド形の目、水かきのあるが特徴である。ネコの中では例外的に体中に汗腺を持ち、全身に汗をかく。被毛のタイプは「ラバーボールド」、「フロックド」、「ベロア」、「ブラッシュ」の4種で、「ブラッシュ」以外はすべて無毛であるが、「ブラッシュ」も生後3年ほどで毛が抜け落ちて無毛になる。冬には胸と尾の先に毛が生える。ドンスコイ フレッシュアイペディアより)

  • 高須みほ

    高須みほから見た足

    ファンからのプレゼントで一番うれしい物がパンスト、タイツ、靴下とのこと。「の指がとても長いので、すぐ穴が開いてしまうんですよ」。高須みほ フレッシュアイペディアより)

  • ジャイポンガン

    ジャイポンガンから見たくるぶし足

    女性ダンサーの衣裳は基本的にセクシーなもので、上半身は体にぴったりしたサイズのクバヤとアポッ(ケンブン)、下半身はシンジャン(くるぶしまで長い腰衣)、又は長ズボンを着用する。ジャイポンガン フレッシュアイペディアより)

  • 身体障害

    身体障害から見た足

    手・がない、機能しないなどの肢体不自由、脳内の障害により正常に手足が動かない脳性麻痺などの種類がある。視覚障害、聴覚障害、呼吸器機能障害、内部障害なども広義の身体障害に含まれる。身体障害 フレッシュアイペディアより)

  • 指

    から見た足

    指(ゆび)は、一般的に人間の身体の一部で、手やの末端部にある突出部で、中に関節のある骨格を含む。人が日常的に使う部位だけに様々な意味合いを持つ言葉に発展し、慣用句でも多用されている。相同な構造は四肢動物全般に見られ、四肢の形成の初期から存在する物である。 フレッシュアイペディアより)

  • 冷え性

    冷え性から見た足

    冷え性(ひえしょう)または、冷え症は、特に手やの先などの四肢末端あるいは上腕部、大腿部などが温まらず、冷えているような感覚が常に自覚される状態のことである。しかし、病態として統一的な定義は確立していないため、西洋医学的には漠然とした概念として捉えられている。冷え性 フレッシュアイペディアより)

  • サンジャク (鳥類)

    サンジャク (鳥類)から見た足

    全長70cmほどになるが、その大半は弾力のある長い尾羽で占められている。頭部は黒、体の上部と翼は金属光沢のある青、腹部と下尾筒は白い羽毛で包まれ、頭頂部に特徴的な白い斑紋がある。嘴とは鮮やかな赤。サンジャク (鳥類) フレッシュアイペディアより)

  • 腕足動物

    腕足動物から見た足

    学名のはギリシャ語で腕を意味すると、を意味するを合わせたもので、和名はその直訳である。腕足動物 フレッシュアイペディアより)

  • ペダル

    ペダルから見た足

    ペダル () とは、によって操作する部品・機構の総称である。多くの場合、足で踏むことによって機能を発生させる。ペダル フレッシュアイペディアより)

  • 失調

    失調から見た足

    失調性歩行 ataxic gait と呼ばれるものでは、蹣跚(まんさん)歩行、よろけ歩行、千鳥足で説明されるように両足を広く離し、歩幅が一定せず、腰をはじめ体幹がふらついて円滑な足運びができず、また時々を止めてバランスを保つことで転倒を防ぐ。閉眼歩行ではよろけが一層強く、前庭障害や小脳半球障害では1側に偏倚しての歩行となる。これは筋力、筋トーヌスは正常であるが中枢の障害により筋力の協調を保てないために起こる歩行であり、広義には四肢の筋トーヌス低下によるものを含むこともある。失調性歩行は通常、小脳疾患に認められる歩行の失調をいう。前庭性、小脳性の障害では体幹失調を来し、腰の動揺(揺れ)が顕著な蹣跚歩行が認められる。広義には運動失調症と同時に起こるものとして大脳性障害における痙性歩行もしくは麻痺性歩行や、脊髄性障害において深部感覚障害により現れる麻痺性に近い歩行をも含むが、痙性歩行、麻痺性歩行は筋トーヌス異常により副次的に発生する失調として明確に区別される。失調 フレッシュアイペディアより)

329件中 81 - 90件表示

「足の健康」のニューストピックワード