前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示
  • 足

    から見た痛風

    外反母趾は足の親指が骨を基盤として小指の方向に曲がってゆく器質的な病気で、体重が変わりやすく靭帯が緩む中年以降や足に合わない靴を履く人に多く発生し、先端部の細いハイヒール等を履く女性に発現が多いとされる。通常、靴を変えるだけでは治ることはなく、矯正を必要とする。痛風やリウマチにも変形性関節炎を伴い同様の症状が見られるため、鑑別診断が必要である。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た巻き貝

    軟体動物では、基本的には腹面いっぱいに肉質の運動器官を備え、これを足という。分類群によってその形は大きく異なるので、足の形によって分類群の名が付いているものがある(巻き貝類→腹足類、二枚貝類→斧足類など)。タコやイカなど頭足類では足は多数に分かれ、足と呼ばれたり触手と呼ばれたりする。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た生物

    足はそれを所有する生物によって構成要素や構造が様々であり、彼らはその機能に見合った生活をしている。人という地上に生息する脊椎動物に限らず、無脊椎動物も含めて対という数で備わっており、発生学的に偶数字になっている。一般的な生物の足には様々な付属器官があり、指のみならず生殖器や外分泌器を備えているものもあり、それらを用い外敵に対抗し身を守る手段として利用している種が多くを占める一方、蛇のように足を痕跡が残る程度にまで退化させた種もある。また足に付属する指は、足による体勢維持や体を支えるという機能以外に様々な行動を補助するものとなっている。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た鉄道

    日本語で足は、移動手段として使うことがある。移動手段がないと言う意味で「足がない」。公共交通などよく使われる移動手段を指し「地域住民の足、バス」、「府民の足、電車」など。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た

    今日では人は下履きとしてサンダル・・ブーツまたは長靴等を主に履いているが、それは服装や作業に合わせて大きく変更される。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た

    形態学的に人の足は(クルブシ)辺りから末梢端接地部までを指して呼んでおり(foot)、人のそれに限らず末梢端を「爪先(ツマサキ)」、表体部上面を「足の甲」、裏体部を「足の裏」または「足底(ソクテイ)」、表裏部下端を「かかと」または「きびす」と呼ぶ。また接地部より上に向かうに当たって足首、脛(すね)、膝、腿(たい、もも)といった部位に分けられており、脚と比べて頻度は低いが腿までを含み足と呼ぶことがある。また便宜上、同じ訓を持つ「脚」という漢字を当て腿以下下肢全体を指して呼ぶことがある。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た薬師寺

    日本仏教下釈迦如来の足は扁平足であり、その「足下に隙間なく人を隠す為」と言う逸話が、薬師寺他多数の寺社に残される仏足石にある。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た脊椎動物

    足はそれを所有する生物によって構成要素や構造が様々であり、彼らはその機能に見合った生活をしている。人という地上に生息する脊椎動物に限らず、無脊椎動物も含めて対という数で備わっており、発生学的に偶数字になっている。一般的な生物の足には様々な付属器官があり、指のみならず生殖器や外分泌器を備えているものもあり、それらを用い外敵に対抗し身を守る手段として利用している種が多くを占める一方、蛇のように足を痕跡が残る程度にまで退化させた種もある。また足に付属する指は、足による体勢維持や体を支えるという機能以外に様々な行動を補助するものとなっている。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た足袋

    足の保護を基幹として衛生、外見の装飾等の目的として人は履物を備える。履物の変遷として日本では、古来は屋外での下履きとして草鞋や草履、下駄、雪駄、脚半等、屋内では主に裸足または足袋で生活をしていた。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た

    の病気は爪の項を参照。靴や遺伝原因とされる巻き爪も、痛むようなら専門医へ。 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示

「足の健康」のニューストピックワード