87件中 41 - 50件表示
  • 足

    から見た頭足類

    軟体動物では、基本的には腹面いっぱいに肉質の運動器官を備え、これを足という。分類群によってその形は大きく異なるので、足の形によって分類群の名が付いているものがある(巻き貝類→腹足類、二枚貝類→斧足類など)。タコやイカなど頭足類では足は多数に分かれ、足と呼ばれたり触手と呼ばれたりする。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た両生類

    両生類以上の脊椎動物では、二対の足を持ち、前のものを前肢、後ろのものを後肢という。基本的構造は二対でほぼ共通しており、鳥類では前肢は翼に該当する。また、前肢を手、後肢を足と区別する場合もある。なお、この分類では人間の足は後肢にあたる。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た

    人の足は人の手に匹敵する10以上の骨格筋とから成り立っており、立位時の体重移動にそれぞれが細かく動くことで負荷を分散させることに役立っている。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た有爪動物

    環形動物と有爪動物では、節足動物のように体節ごとに一対の歩行器官が突出するが、これには外骨格も関節もないため、疣足と称する。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た釈迦如来

    日本仏教下釈迦如来の足は扁平足であり、その「足下に隙間なく人を隠す為」と言う逸話が、薬師寺他多数の寺社に残される仏足石にある。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た身体

    足(あし)は、一般的に身体の一部を指すが、言語用途によって意味が異なってくる言葉の一つである。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た仮足

    細菌類では仮足と呼ばれる肢を伸ばし、移動や捕食、外界知覚を行う。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た爪先

    形態学的に人の足は踝(クルブシ)辺りから末梢端接地部までを指して呼んでおり(foot)、人のそれに限らず末梢端を「爪先(ツマサキ)」、表体部上面を「足の甲」、裏体部を「足の裏」または「足底(ソクテイ)」、表裏部下端を「かかと」または「きびす」と呼ぶ。また接地部より上に向かうに当たって足首、脛(すね)、膝、腿(たい、もも)といった部位に分けられており、脚と比べて頻度は低いが腿までを含み足と呼ぶことがある。また便宜上、同じ訓を持つ「脚」という漢字を当て腿以下下肢全体を指して呼ぶことがある。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た細菌類

    細菌類では仮足と呼ばれる肢を伸ばし、移動や捕食、外界知覚を行う。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た草鞋

    足の保護を基幹として衛生、外見の装飾等の目的として人は履物を備える。履物の変遷として日本では、古来は屋外での下履きとして草鞋や草履、下駄、雪駄、脚半等、屋内では主に裸足または足袋で生活をしていた。 フレッシュアイペディアより)

87件中 41 - 50件表示

「足の健康」のニューストピックワード