90件中 51 - 60件表示
  • 足

    から見た腓腹筋

    脹脛は「腓(こむら)」とも呼ばれる。いわゆる「こむら返り」とは、脹脛の腓腹筋が痙攣を起こしている状態を指す。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た関節

    生物分類で脊椎動物以外に、足らしい足を持つものに節足動物が挙げられる。節足動物は体節ごとに一対の付属肢を持ち、付属肢は外骨格を擁し関節で屈折を可能とする。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た受刑者

    暴力団や非合法組織から離脱することを「足を洗う」と表現する。本来の宗教的な意味合いとは異なるが、ローマ法王が犯罪を起こして収監されている受刑者に対して洗足式を行い直々に洗ったことがある。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た骨格筋

    人の足は人の手と同様に10以上の骨格筋と腱から成り立っており、立っていて体重を移動したときにそれぞれが細かく動くことで負荷を分散させている。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た路線バス

    乗り物自体の比喩ともなっている。「移動手段がない」という意味で「足がない」、公共交通(路線バスや鉄道)などよく使われる移動手段を指して「地域住民の足」、交通アクセスが乏しい目的地を「足の便が悪い」という表現も使われる。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た仏足石

    日本仏教において釈迦如来の足は扁平足であり、それは「足下に隙間なく人を隠す為」と言う逸話が、薬師寺他多数の寺に残される仏足石にある。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た鳥類

    両生類以上の脊椎動物では、二対の足を持ち、前のものを前肢、後ろのものを後肢という。基本的構造は二対でほぼ共通しており、鳥類では前肢は翼に該当する。また、前肢を手、後肢を足と区別する場合もある。なお、この分類では人間の足は後肢にあたる。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見たフィラリア

    他には痛風、魚の目、ケーラー病、レイノー病、キーパンチャー病、ビュルガー病、フィラリア等が引き起こす象皮病、他に爪の病気等が足に症状を引き起こす病気として多く挙げられる。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た外反母趾

    外反母趾は足の親指が骨を基盤として小指の方向に曲がってゆく器質的な病気で、体重が変わりやすく靭帯が緩む中年以降や足に合わない靴を履く人に多く発生し、先端部の細いハイヒール等を履く女性に発現が多いとされる。通常、靴を変えるだけでは治ることはなく、矯正を必要とする。痛風やリウマチにも変形性関節炎を伴い同様の症状が見られるため、鑑別診断が必要である。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見たこむら返り

    脹脛は「腓(こむら)」とも呼ばれる。いわゆる「こむら返り」とは、脹脛の腓腹筋が痙攣を起こしている状態を指す。 フレッシュアイペディアより)

90件中 51 - 60件表示

「足の健康」のニューストピックワード