87件中 51 - 60件表示
  • 足

    から見た棘皮動物

    棘皮動物では体内の水管系につながった細い管を多数体外に伸ばし外界に付着させ、付着した管を牽引することで自身が移動させる種があり、移動に用いられるそれらの細い管をさして管足という。棘皮動物は五放射相称であるため、管足は対をなさない。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た靭帯損傷

    足首や膝に起こりやすい捻挫や脱臼は運動障害を伴った傷害であり、靭帯断裂等を伴い起き易く習慣化し易い症状であるため観察には注意が必要である。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た魚の目

    他には痛風、魚の目、ケーラー病、レイノー病、キーパンチャー病、ビュルガー病、フィラリア等が引き起こす象皮病、他に爪の病気等が足に症状を引き起こす病気として多く挙げられる。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た外骨格

    生物分類で脊椎動物以外に、足らしい足を持つものに節足動物が挙げられる。節足動物は体節ごとに一対の付属肢を持ち、付属肢は外骨格を擁し関節で屈折を可能とする。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見たむくみ

    足は時として第二の心臓とも呼ばれ、立位時重力に従って下方向へ体液が流動することによって引き起こされる体液停滞むくみを、足の血管周辺の筋肉の運動によって上部へ押し返し再び循環系に戻すことを行っている。また手と同様に中医学における経絡(ツボのこと)が多くあるとされ、また足の不具合が体の他の部位の様々な病因となることがあるとされる。また足には手と同様に利き足があり、反対側よりも筋力、長さ等が発達していることが多く、左右の不均等が全身の歪みを引き起こすとも言われている。この足の利きの違いが山中での遭難の原因リングワンダリングを引き起こすと言われている。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た軟体動物

    軟体動物では、基本的には腹面いっぱいに肉質の運動器官を備え、これを足という。分類群によってその形は大きく異なるので、足の形によって分類群の名が付いているものがある(巻き貝類→腹足類、二枚貝類→斧足類など)。タコやイカなど頭足類では足は多数に分かれ、足と呼ばれたり触手と呼ばれたりする。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た

    形態学的に人の足は踝(クルブシ)辺りから末梢端接地部までを指して呼んでおり(foot)、人のそれに限らず末梢端を「爪先(ツマサキ)」、表体部上面を「足の甲」、裏体部を「足の裏」または「足底(ソクテイ)」、表裏部下端を「かかと」または「きびす」と呼ぶ。また接地部より上に向かうに当たって足首、脛(すね)、膝、(たい、もも)といった部位に分けられており、脚と比べて頻度は低いが腿までを含み足と呼ぶことがある。また便宜上、同じ訓を持つ「脚」という漢字を当て腿以下下肢全体を指して呼ぶことがある。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た

    日本語で足は、歩行や進行の状態を指して使うことがある。例として「足を止める」と表記して実際に歩く足を止めた状態を言ったり、そのほか手段を使った時の進行を止めた状態を言う。同様の表現で、を用いて「手を止める」と表記して進行中の作業を止めることを言う。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見たストッキング

    例えば、作業着の一部として地下足袋を土木工・左官等が多用しており、他に着物等和服に合わせて草履を履き、今日最も流通している洋服に合わせて洋物であるパンプス、ヒール、シューズ等を履く。またそれらを履く時は素足ではなく中履きとして靴下・ストッキング・足袋等を採用していることが多い。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見たブーツ

    今日では人は下履きとしてサンダル・靴・ブーツまたは長靴等を主に履いているが、それは服装や作業に合わせて大きく変更される。 フレッシュアイペディアより)

87件中 51 - 60件表示

「足の健康」のニューストピックワード