90件中 61 - 70件表示
  • 足

    から見た環形動物

    環形動物と有爪動物では、節足動物のように体節ごとに一対の歩行器官が突出するが、これには外骨格も関節もないため、疣足と称する。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た

    人の足は人の手と同様に10以上の骨格筋とから成り立っており、立っていて体重を移動したときにそれぞれが細かく動くことで負荷を分散させている。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た頭部

    足は時として第二の心臓とも呼ばれ、立位時重力に従って下方向へ体液が流動することによって引き起こされる体液停滞むくみを、足の血管周辺の筋肉の運動によって上部へ押し返し再び循環系に戻すことを行っている。また手と同様に中医学における経絡(ツボのこと)が多くあるとされ、また足の不具合が体の他の部位の様々な病因となることがあるとされる。足が頭部より低温になる頭熱足寒になると冷え性など様々な健康上の不具合が生じる場合があり、足が頭部より高温になる頭寒足熱の方が良いとされている。また足には手と同様に利き足があり、反対側よりも筋力、長さ等が発達していることが多く、左右の不均等が全身の歪みを引き起こすとも言われている。この足の利きの違いが山中での遭難の原因リングワンダリングを引き起こすと言われている。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た釈迦如来

    日本仏教において釈迦如来の足は扁平足であり、それは「足下に隙間なく人を隠す為」と言う逸話が、薬師寺他多数の寺に残される仏足石にある。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た仮足

    細菌類では仮足と呼ばれる肢を伸ばし、移動や捕食、外界知覚を行う。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た護王神社

    護王神社(京都市)など、足腰の健康にご利益があるとされる寺社がある。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た外骨格

    生物分類で脊椎動物以外に、足らしい足を持つものに節足動物が挙げられる。節足動物は体節ごとに一対の付属肢を持ち、付属肢は外骨格を擁し関節で屈折を可能とする。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た軟体動物

    軟体動物では、基本的には腹面いっぱいに肉質の運動器官を備え、これを足という。分類群によってその形は大きく異なるので、足の形によって分類群の名が付いているものがある(巻き貝類→腹足類、二枚貝類→斧足類など)。タコやイカなど頭足類では足は多数に分かれ、足と呼ばれたり触手と呼ばれたりする。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た

    広義には、(もも)までを含めた下肢全体を足 (leg) と呼ぶことがある。この意味では、「脚」という漢字を用いることが多い。脚は、接地部から上に向かって、足首、脛(すね)、膝(ひざ)、腿(もも、たい)といった部位に分けられている。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た中国語

    中国語では、日本語と同じ意味では「足」と言う漢字を使わず、「脚」を用いる。 フレッシュアイペディアより)

90件中 61 - 70件表示

「足の健康」のニューストピックワード