1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
87件中 81 - 87件表示
  • 足

    から見たレイノー病

    他には痛風、魚の目、ケーラー病、レイノー病、キーパンチャー病、ビュルガー病、フィラリア等が引き起こす象皮病、他に爪の病気等が足に症状を引き起こす病気として多く挙げられる。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た軽石

    足袋や五つ指が分かれた靴下などは水虫にかかりにくいとされる。かかとの厚い角質を洗い落とすために軽石を用いる場合がある。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見たリングワンダリング

    足は時として第二の心臓とも呼ばれ、立位時重力に従って下方向へ体液が流動することによって引き起こされる体液停滞むくみを、足の血管周辺の筋肉の運動によって上部へ押し返し再び循環系に戻すことを行っている。また手と同様に中医学における経絡(ツボのこと)が多くあるとされ、また足の不具合が体の他の部位の様々な病因となることがあるとされる。また足には手と同様に利き足があり、反対側よりも筋力、長さ等が発達していることが多く、左右の不均等が全身の歪みを引き起こすとも言われている。この足の利きの違いが山中での遭難の原因リングワンダリングを引き起こすと言われている。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た水管系

    棘皮動物では体内の水管系につながった細い管を多数体外に伸ばし外界に付着させ、付着した管を牽引することで自身が移動させる種があり、移動に用いられるそれらの細い管をさして管足という。棘皮動物は五放射相称であるため、管足は対をなさない。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た管足

    棘皮動物では体内の水管系につながった細い管を多数体外に伸ばし外界に付着させ、付着した管を牽引することで自身が移動させる種があり、移動に用いられるそれらの細い管をさして管足という。棘皮動物は五放射相称であるため、管足は対をなさない。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見た脚半

    足の保護を基幹として衛生、外見の装飾等の目的として人は履物を備える。履物の変遷として日本では、古来は屋外での下履きとして草鞋や草履、下駄、雪駄、脚半等、屋内では主に裸足または足袋で生活をしていた。 フレッシュアイペディアより)

  • 足

    から見たゲソ

    日本語では烏賊の足の部分に限って「ゲソ」と呼んでおり、それを網焼き等にして火に炙ったものを食べる。 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
87件中 81 - 87件表示

「足の健康」のニューストピックワード