前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
189件中 1 - 10件表示
  • 妻恋舟の湯

    妻恋舟の湯から見た足湯足湯

    妻恋舟の湯(つまこいぶねのゆ)は、能登半島の和倉温泉郷にある、足湯のみの温泉共同浴場である。妻恋舟の湯 フレッシュアイペディアより)

  • 道後温泉

    道後温泉から見た足湯足湯

    市内電車の道後温泉駅前には、放生園という小公園があり、坊っちゃんからくり時計、足湯、湯釜などがある。駅前広場には夜間は坊っちゃん列車の機関車と客車が留め置かれ、ライトアップされている。また、坊っちゃん、マドンナ、巡査の衣装をまとった観光ボランティアガイドも出て、からくり時計の動く時間には観光人力車も集まり、とりわけ夜8時前後は賑やかになる。従来は道後温泉街には昼間の楽しみが少ないと指摘されていたが、放生園に足湯ができて、楽しみが増えた。足湯は湯釜を取り囲む形でベンチが作られ、腰を下ろして足を温泉に浸け、歩き疲れを取ることができる。なお、放生園の隣、商店街の入り口には(財)松山観光コンベンション協会の観光案内所(年中無休:TEL089-921-3708)と道後温泉旅館協同組合(TEL089-943-8342)の事務所がある。道後温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 上諏訪温泉

    上諏訪温泉から見た足湯足湯

    諏訪湖のほとりにあり、日本最古の温泉保養施設である片倉館の千人風呂が有名。日本一高く吹き上がっていた間欠泉は現在は噴出量は衰え人工的に加圧して噴出させている。かつては50mの噴出高さであったが現在は15m程度。諏訪湖畔には無料で利用できる足湯がある。また、JR上諏訪駅構内には1986年(昭和61年)に温泉が設置され、2001年(平成13年)には足湯に改装された。ホームに入れるきっぷで利用できる。上諏訪温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 嵐山駅 (京福電気鉄道)

    嵐山駅 (京福電気鉄道)から見た足湯足湯

    1番線と2番線の間にあるホームには嵐山温泉の湯をひいた「駅の足湯」が設けられており、鉄道を利用する・しないに関係なく、利用券(150円・タオルつき。嵐電1日フリーきっぷ所持者は100円。)を購入すれば利用できる。嵐山駅 (京福電気鉄道) フレッシュアイペディアより)

  • 道の駅日和佐

    道の駅日和佐から見た足湯足湯

    道の駅内で湧出した温泉による足湯がある。道の駅日和佐 フレッシュアイペディアより)

  • 湯村温泉 (兵庫県)

    湯村温泉 (兵庫県)から見た足湯足湯

    湯村大根物語「ふれ愛の湯」 - 74人が同時に入れるとされる公衆足湯湯村温泉 (兵庫県) フレッシュアイペディアより)

  • 手湯

    手湯から見た足湯足湯

    足湯よりもさらに気軽に温泉を楽しむための施設である。足湯のように座る設備が必ずしも備えられているわけではないので、一般的に湯に浸かる時間は短くなる。手を浸す方法は、浴槽につけるタイプと湯口から出てくる温泉水に手をかざすタイプに分かれる。浴槽型は足湯と組み合わせて設置されている場合もある。手湯 フレッシュアイペディアより)

  • 道の駅月見の里 南濃

    道の駅月見の里 南濃から見た足湯足湯

    水晶の湯を利用した足湯が無料で利用できる。道の駅月見の里 南濃 フレッシュアイペディアより)

  • 浜村温泉

    浜村温泉から見た足湯足湯

    足湯は3箇所存在する。(ゆうゆう健康館けたか・浜村駅前など)浜村温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 羽合温泉

    羽合温泉から見た足湯足湯

    温泉街では七福神にちなんで7箇所の温泉設備の整備が予定され、福禄寿の湯という足湯が温泉街に整備された。その後整備が進み、はわい温泉に4箇所、東郷温泉に2個所の計6箇所が「七福神の湯」となっている。羽合温泉 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
189件中 1 - 10件表示

「足湯」のニューストピックワード