前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
224件中 1 - 10件表示
  • 妻恋舟の湯

    妻恋舟の湯から見た足湯足湯

    妻恋舟の湯(つまこいぶねのゆ)は、能登半島の和倉温泉郷にある、足湯のみの温泉共同浴場である。妻恋舟の湯 フレッシュアイペディアより)

  • 道後温泉

    道後温泉から見た足湯足湯

    市内電車の道後温泉駅前には、放生園という小公園があり、坊っちゃんからくり時計、足湯、湯釜などがある。駅前広場には夜間は坊っちゃん列車の機関車と客車が留め置かれ、ライトアップされている。また、坊っちゃん、マドンナ、巡査の衣装をまとった観光ボランティアガイドも出て、からくり時計の動く時間には観光人力車も集まり、とりわけ夜8時前後は賑やかになる。従来は道後温泉街には昼間の楽しみが少ないと指摘されていたが、放生園に足湯ができて、楽しみが増えた。足湯は湯釜を取り囲む形でベンチが作られ、腰を下ろして足を温泉に浸け、歩き疲れを取ることができる。なお、放生園の隣、商店街の入り口には(財)松山観光コンベンション協会の観光案内所(年中無休:TEL089-921-3708)と道後温泉旅館協同組合(TEL089-943-8342)の事務所がある。道後温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 手湯

    手湯から見た足湯足湯

    足湯よりもさらに気軽に温泉を楽しむための施設である。足湯のように座る設備が必ずしも備えられているわけではないので、一般的に湯に浸かる時間は短くなる。手を浸す方法は、浴槽につけるタイプと湯口から出てくる温泉水に手をかざすタイプに分かれる。浴槽型は足湯と組み合わせて設置されている場合もある。手湯 フレッシュアイペディアより)

  • 上諏訪温泉

    上諏訪温泉から見た足湯足湯

    諏訪湖東岸にあり、日本最古の温泉保養施設である片倉館(国の重要文化財)の千人風呂が有名。諏訪湖畔には遊歩道が設けられており、沿道には大型ホテルや無料で利用できる足湯、美術館がある。日帰り入浴施設は温泉街の外れにあるすわっこランドの一か所だが、ホテルの一部は温泉施設を宿泊客以外にも開放している。また、JR上諏訪駅構内には1986年(昭和61年)に温泉が設置され、2001年(平成13年)には足湯に改装された。ホームに入れる切符(入場券)で利用できる。上諏訪温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 西公園 (山形市)

    西公園 (山形市)から見た足湯足湯

    園内には芝生の広場や足湯、芋煮会をすることができる芋煮広場といったレジャー設備の他、テニスコートや屋内コートといった運動施設も存在する。西公園 (山形市) フレッシュアイペディアより)

  • 飯坂温泉

    飯坂温泉から見た足湯足湯

    古くから歓楽街温泉として花柳界が存在したものの、温泉情趣に則った木造旅館が多く見られた。東北自動車道の整備や東北新幹線の敷設などによって首都圏などから団体旅行客が多数流入したことによって開発や投資が進んだ。観光客数のピークは1973年で約177万人にのぼったが、2009年には約81万人と半分以下にまで減っているものの、現代の需要に合わせて日帰り浴場や足湯なども充実している。飯坂温泉街の近隣を通る福島県道5号上名倉飯坂伊達線(フルーツライン)沿いには福島を代表する観光スポットのくだもの狩りや直売所が立ち並ぶ場所が近くにあり、福島特産のモモやナシ、リンゴやサクランボと言ったくだもの全般を取り扱っている。飯坂温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 道の駅月見の里 南濃

    道の駅月見の里 南濃から見た足湯足湯

    水晶の湯を利用した足湯が無料で利用できる。道の駅月見の里 南濃 フレッシュアイペディアより)

  • 道の駅日和佐

    道の駅日和佐から見た足湯足湯

    道の駅内で湧出した温泉による足湯がある。道の駅日和佐 フレッシュアイペディアより)

  • 伊豆長岡温泉

    伊豆長岡温泉から見た足湯足湯

    長岡地区側には足湯を中心とした「湯らっくす公園」がある。古奈地区側にも足湯を中心とした「古奈湯元公園」があり、無料で利用できる。伊豆長岡温泉 フレッシュアイペディアより)

  • おごと温泉駅

    おごと温泉駅から見た足湯足湯

    2008年(平成20年)3月15日 - おごと温泉駅に改称。また、改称の記念式典と同時に足湯「六角足湯」の開湯式も行われ、利用できるようになる。おごと温泉駅 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
224件中 1 - 10件表示

「足湯」のニューストピックワード