189件中 21 - 30件表示
  • 松崎温泉

    松崎温泉から見た足湯足湯

    県道15号線沿いに源泉櫓が存在する。古くは、その櫓の下に湯船が存在し、入浴することができた。浴槽撤去後も源泉の傍に足湯が作られていたが、いずれも現存しない。松崎温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 出雲湯村温泉

    出雲湯村温泉から見た足湯足湯

    斐伊川沿いに2軒の旅館と1軒の共同浴場が存在する。共同浴場は平成13年に改築された。足湯も備える。川沿いには足元湧出の湯船など、野湯も存在する。出雲湯村温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 青根温泉

    青根温泉から見た足湯足湯

    蔵王連峰東側に温泉街が広がる。足湯は「停車場の湯」と「朝日の湯」の2つ存在する。青根温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 志戸平温泉

    志戸平温泉から見た足湯足湯

    2005年10月16日には、志戸平温泉の源泉を用いた足湯が花巻市中心部に試験的に設置された。志戸平温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大川温泉

    大川温泉から見た足湯足湯

    また、駅前には伊豆大川温泉ホテルの源泉から引いた足湯が存在する。大川温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 遠刈田温泉

    遠刈田温泉から見た足湯足湯

    2006年(平成18年)に廃止された「蔵王町遠刈田福祉センター」(福祉センター共同浴場を併設)に替わって「神(かみ)の湯」が設置された。「神の湯」は同センターと蔵王通りをはさんで向かい側にあった中央公園(駐車場)に設置された(同センターの跡地は公園になった)。「神の湯」には同センターから観光案内所も移転し、さらに足湯なども併設され、文字通り温泉街の顔的な施設となっている。なお、昭和初期の当温泉には「上(かみ)の湯」「中の湯」「滝の湯」の3つの共同浴場が存在しており、「神の湯」は「上の湯」と同音異字となっている。遠刈田温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 湯野上温泉

    湯野上温泉から見た足湯足湯

    大川の渓谷沿いに18軒の旅館、民宿が存在する。温泉街には足湯も存在する。湯野上温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 白雲谷温泉

    白雲谷温泉から見た足湯足湯

    建物の設計者は昭和設計。外観はコンクリート打ちっ放しで入口には巨大な角材を組んだアーチの連続する長いアプローチが来客を迎えるのが印象的。谷形状を利用した建築であり、浴室は一段下がって位置するため玄関方向から建物全体は見えない。露天風呂の裏のすぐ裏側が野池(白雲谷池)となっており、湯船から俯瞰できる。また足湯も設置され、無料で利用できる。建物内部にはそろばん神社が祀られる。駐車場の収容力があるため、来客者が多い。白雲谷温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 浜坂温泉

    浜坂温泉から見た足湯足湯

    浜坂駅前の足湯 - 2008年4月オープン、瓦葺屋根付、桧製席、湯床玉砂利敷、無料、約9人同時利用可、10時から18時まで開放、毎週木曜休浜坂温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 浜島温泉

    浜島温泉から見た足湯足湯

    志摩市が運営する無料の「わんさかわんさ」という足湯施設もある。浜島温泉 フレッシュアイペディアより)

189件中 21 - 30件表示

「足湯」のニューストピックワード